2008年11月29日

続、実録チェンマイ空港!?

本当に、参りに、参りました・・・

11月26日に帰国予定のお客様御一行に対して、
ちょうど、その日、その時、スワンナプーム空港閉鎖にぶつかり、

急遽、変更の効かないはずのチケットをキャンセルして、
29日の便に振り替えてもらった、、、

その間、いろいろな噂やデマが飛び交う中で、
ついには、ドンムアン空港を含めて、非常事態宣言が発令され、
情けないかな、、、ますます、泥沼の様相を呈してきている、、、

28日、、、事態を改善化するべく、政府側の折衷案で、、、
閉鎖されているスワンナプーム空港の南東約140キロにある、
ウタパオ空港から、各航空会社が臨時便を飛ばすことになった、、、

日本航空
11/29 13:00 ウタパオ発 → 21:00 成田着
11/30 01:00 ウタパオ発 → 08:00 関空着
11/30 04:00 ウタパオ発 → 12:00 成田着

全日空
11/29 13:30 ウタパオ発 → 21:30 成田着

タイ航空
11/28 23:50 ウタパオ発 → 成田行 TG642便

その一方で、政府と反政府サイドでの微妙な歩み寄りにより、
29日のタイ時間、午後6時により、随時、、、
路線を改善していくとの情報が入ってくる、、、

スカス、、、

29日、、、果たして、閉鎖された空港が解放され、
国際空港での離着陸が機能するかどうかは、定かではない、、、

いろいろな情報が寄せられる中で、29日当日、、、
空港への電話による問い合わせがほとんどビジー状態で不通になる、、、
そこで、朝8時を待って、お客様のチケットを変更したカウンターに立ち寄る、、、

とりあえず、この日、チェンマイ空港からスワンナプーム空港を経由して、
成田に戻る便は、不可能であることを知らしめられる、、、

ここで、考えられる選択肢は3つ、、、

1. 当初のチケットの有効性を活かして、空港が機能するまで待ち、
通常のルートにて、日本に帰国して頂く、、、

2. ウタパオからの臨時便を利用して、そこから帰国、、、

3. バンコクを経由せず、チェンマイ国際空港から、
直接、他国に飛び、そこから成田に向かう、、、

>>>1.日付を変更するために、
代理でお客様よりお預かりした変更Eチケットにから、
再々度、便宜上、キャンセルして、新しい日付を明記してもらう、、、

ただ、チェンマイ−スワンナプームの便を利用するための、
最速の日程変更は、何と、12月3日から、、、???

とりあえず、TGに関しては、その日を抑えるが、
乗り継ぎのANAに関しては、予約ができないでいる、、、
と、云うか、まだ、予定が全くたたない状況ではある、、、

ついで、お濠端にあるTGオフィスに出向き、
便宜上、ANA便に関して、3日のTGとのアクセスを明記してもらう、、、

これで、空港が機能し、3日の便がコンファームされれば、
最短で、29日から4日後、帰国の途につけるはず、、、

>>>2.ウタパオからの臨時便については、これが、発表された時点で、
ほぼ、満席の状態にて、残念ながら、
新たに、チェンマイから利用することは、全く不可能であった。

ただ、チェンマイから、ウタパオ行きの空の臨時便が、
とりあえず、30日〜2日にかけて、、、

1日、2便(14:55、19:15)運行する情報を得る、、、
(直接の被害を受けた乗客についてはフリーとの由)、、、

スカス、ウタパオからの乗客については、レフトオーバー、、、
(既にチェックインされたにも拘わらず出発できなかった)搭乗客が優先され、
まだ、数多くの乗客がウェイティング中にて、そのリスクは負えられない、、、

もし、ウタパオから日本への臨時便がさらに増便されれば、
事前にそれと連携していくことも視野に入れる、、、



>>>3.チェンマイからの国際便にて、外国を経由できそうなのは、、、

@ 大韓航空、
A シルクエアー(シンガポール経由)
B チャイナエアー(台北経由)

@ については、29日現在、14日まで満席状態、、、
A については、同じく、17日まで満席状態、、、
B については、コンピューター確認できず、ウェイティング状態、、、

この時点で、他国経由は断念せざるを得ない、、、




>>>>>>結果、消去法にて、最善策は、
1.の最短で12月3日の通常便に臨むしかないのだけれど、
果たして、その日までに、空港の通常搭乗が可能なのか否か、、、

どういう形で、展開していくか、この先も全く読めないので、
臨機応変に、その時々に対処していくのは当然として、、、

お客様には、その辺の事情を汲んで下さいまして、
12月3日へのさらなる4日延泊をご承諾して頂いた次第です、、、



29日、、、チェンマイの国際線カウンターには、
チャイナエアラインに並ぶ人・人・人の人いきれ、、、

今後の動向にも、さらなる注意を要します、、、

タイの政治のお粗末さはもう十二分にわかりましたので、
後は、、、一刻も早く、解決の道標を見つけてほしいと、
心から願っています、、、嗚呼・・・

2008年11月27日

11月26日、実録チェンマイ空港!?

2ヶ月前から入念な態勢で準備していた、
11月23日、24日、25日、26日の、
日本の直接のお客様のアテンド、、、

23日夜にお迎えして、、、
朝昼晩のお食事から、お客様のご希望により、
仕事、ゴルフ&観光の流れを何度も練り直す、、、

事前にチェンマイ入りされていたKiご夫妻と、
念入りにシュミレーションし、さらなる万全を期す、、、

日本の大切なお取引先のT氏は気心が知れているけれど、
T氏のお客様で初顔合わせになるK氏とN氏は紳士そのもの、、、

共にゴルフのシングルプレーヤーであり、
社会的にもかなり地位のある方のようで、緊張を要する、、、

初日は、チェンマイアルパインゴルフ、、、
2日目は、シニアオープン会場であるグリーンバレー
合間を縫って、ドイステープ&各種マッサージ巡り、、、

いずれも、非常に喜んで頂きながら、
ひたすら、会食ごとにグラスを重ね、
朝から晩まで、お客様方と時間を過ごす、、、

ソステ、皆さんの疲労もピークに達した感のある26日最終日、、、
レイクシティーの予約をキャンセルし、
お客様のリクエストにお応えして、急遽、象乗りに変更、、、

ただ、その前日夜半より、ある情報筋から入手していたところの、
反政府勢力「市民民主化同盟(PAD)」の動向が、
非常に気になって仕方がなかった、、、

スカス、この時点では、まだ、
それほどの心配はしていなかったのも事実である、、、

朝一番で、メーサイにあるエレファントキャンプに向かい、
普通経験できない象乗りの醍醐味を皆さんに大変喜んで頂いて、
最高のチェンマイご滞在を演出できたはずだった、、、

スカスのスカス、、、ここで、いろいろな方から、
終始、PADによるスワンナプーム空港占拠の情報が携帯電話に交錯してくる、、、
空港での一切の離着陸が不可能な状態にあることを示唆された、、、

とりわけ、プライベートに懇意にしているP氏は、
元チェンマイ空港のイミグレーションの有力者であり、
何度も、空港閉鎖の動向をタイムリーに流してくれる、、、

この時点では、まさかのまさか、、、
5人のお客様が、この日、日本帰国が為されないとは、
思いもよらなかった、、、

一方で、チェンマイ空港のカウンターオフィスにもコンタクトを取り続けるが、
こちらは、ただただ、<マイネーヂャイ>「はっきりしない、、、」
の返事がくるだけで、全く、要領を得ない、、、

昼前に、P氏の友人のS教授から、非常に希望あるコールを頂き、
空港閉鎖も夕刻には解除される見通しだと告げられた、、、

昼過ぎ、象乗りから蘭園を覗き、
その後、急ぎ、チェンマイ空港のカウンターに向かい、
実際の経緯を尋ねる、、、

TGのカウンターは、全くの混乱の極みで、
対応に一貫性がなく、バンコクからの情報待ちであることを繰り返す、、、

結論として、夕刻6時ぐらいにもう一度、
指定された番号にコンタクトを取るように促される、、、

エアポートプラザに場所を移動し、
食事とオチャケで空腹を満たした、、、

ソステ、夕刻5時、教わった電話番号にコンタクトすると、
この日は、完全に日本行きの便が不可能であることを告げられる、、、

ただ、それでも僅かの可能性と一縷の望みにかけて、
一度、ホテルをチェックアウトした状態ながら、
大量の荷物を全部持って、2台の車でチェンマイ空港に向かった、、、

その直前に、若旦那より、チェンマイ空港の周りが、
政府支持者のシンボルである赤の服を着た群集で、
いっぱいであることを聞かされる、、、

実際、チェンマイ空港の入り口の手前は、
どこも赤色に染まってごった返していた、、、

その時は、何が何だかわからず、、、
急ぎ、国際線の入り口に向かう、、、

ほとんど、人影はなかった、、、
と云うより、一種異様な雰囲気ではあった、、、

TGのカウンターは、貼り紙がしてあり、
スワンナプーム空港の一切のアクセスが不可能であることを、
ハッキリと告げられる、、、

そこで、5人のお客様のチケットはFIXでキャンセルや変更不可のタイプであり、
国内線のチケッティングカウンターでコンタクトを取るように指示された、、、

その窓口で、まず、チケットをキャンセルして、
最も早い状態での新しい予約を入れる、、、

実際の状況は、この時点では全く読めないながら、
その後、一番早く利用できそうなのは3日後、、、
同じ時間帯にチケット変更をしてもらう、、、

イマージェンシーによる措置につき、
一切、余分なキャンセルフィーや手数料等がかからない事を確認、、、

ただ、その間の宿泊施設についての保証はなされず、
結局、3日間の延泊を余儀なくされる、、、

日が暮れて、夕刻6時半頃、、、
空港では、反政府団体の黄色軍団に対して、
現政府支持者の赤の集団が雄叫びを上げていた、、、

何とペルーから帰国すべくソムチャイ首相がバンコクを回避して、
専用機で無事、チェンマイに到着した知らせがあったようだったのだ、、、

偶然にも、ワスらは、ちょうど、その時間帯に、
チェンマイ空港周辺に居合わせた事になる、、、

その後、チェンマイ空港も閉鎖されたようで、
自分たちのコンタクトがその最終段階にあったかもしれない、、、


それにしても、チェンマイに17年住んでいて、
一部のタイの逸脱者の行動が、こんなにも情けないことはなかった、、、

どれだけ愚かな行為であり、世界中の顰蹙を買いながら、
タイと云う国が辱められているか、わからないのだろうか???
まさに、己で己の首を絞めているのに他ならない、、、

せめてもの慰めは、多大な迷惑を被っているはずのお客様のN氏が、
チェンマイ空港から一歩出た時でさえ、ポジティブに、
「もう一度、チェンマイ初訪問のやり直し」を大いに喜ばれ、、、

さらには、K氏も、「どんな状況になっても、
チェンマイが好きである事に変わりはない、、、」
と、ハッキリ云って下さったことだ、、、

その後、、、
皆で、チェックアウトしたホテルに再度チェックインし直し???

チェンマイの歓迎会をもう一度、繰り返す事になり、
盛大に、グラスを幾重にも重ねていった、、、嗚呼・・・


<それにしましても、今回の事件は、あまりにも幼稚で情けなくて涙が出た、、、
タイのイメージを著しく貶め、どれほどのダメージを損なったか、、、
当事者&当局は謙虚に反省し、早急の改善を強く願う・・・>



2008年11月22日

嗚呼、Hot、一息!?

巷、云われているように、
チェンマイもようやく暑さが緩やぎ、
朝晩は、過ごしやすく、Hot、一息・・・

ただ、風邪っ気と肘の痛みなど、健康的危惧から、
経済的逼迫や人間関係の歪み等々、、、
大殺界の最後のダメ押しがヒタヒタと打ち寄せているかのようです、、、


ある日の夕刻、、、ナイトバザール近辺、、、大切な人を待たせたまま、、、
途中の経緯は省きますが、やんごとなき事情で、
大至急、ATMにて引き出しを迫られました、、、

ワスのATMカードは、B銀行とS銀行、、、
どちらも残高は、恥ずかしきかな、非常におサムイ限り、、、
<どうやってヤリクリして年を越せるのか???>

通常ならマクドナルド近くのS銀行のATMコーナーを使うのですが、
何故か、いつものその場所から、ATMマシーンが撤去されていました、、、
<それが、まず、ケチのつきはじめ・・・>

セコイのですが、他の銀行のATMを使うと、
手数料が引かれるので、できれば、S or B銀行のを使いたい、、、
アチコチ走り回り、焦れば、焦るほど、見つからない、、、

ようやくB銀行のATMマシーンを見つけて、
やれやれと思った矢先、、、
故障の貼り紙、、、

相手を待たせてもいけないので、意を決し、
掟破りの他のATMマシーンを使う事にする、、、
<こんなことは、過去にもほとんどありません・・・>


まずは、目についたK銀行、、、何度かトライするが、
何故か、マシーンの方のお金不足か何かの不具合で、、、
時間を食いながら、結局、成就せず、、、

次に、そこからすぐ近くのU銀行、、、
ファーストキャッシュで5000バーツを引き出そうとしたところ、
途中から、何度も同じ場面に戻って、またまた失敗???

<信じられへん、、、こんなことってある???>
道を渡って反対側のA銀行のATMマシーンにて、
ヤケクソで、何とか、5000バーツをゲット、、、

サービスチャージが25B引かれているのは、まあ、仕方ないとして、
スカス、、、何故か、残高が、ほとんどなくなっている???
自分の感覚では、まだ、5000Bちょっとは、残っているはずなのに???

その後、ご一緒に、お客様とお食事をしながらも、
どうにもその顛末が気になって、ネガティブ思考に捉われ、
ずっと、心が晴れ晴れしないでいた、、、

翌朝、朝一番で、口座を作ったS銀行に行き、
事情を説明しながら、通帳に明記してもらったところ、
一瞬、目が点になってしまいました、、、

何と、前日の日付で、5025Bが、二度プリントされているのです、、、
<ヤハリ〜〜〜〜、3度、違ったATMを使用したどこかで、
何らかのおかしい事になっていたのかも・・・???>

係りのお姉さんに、どうしても納得できない旨を話し、
直接、バンコクのセンターにコールしてもらい、
自分で、その経緯を電話でまた説明するハメになる、、、

今年は、何が起こっても不運と潔く諦めるしかないところだけど、、、
何だか、非常に、哀しくなって、切なくなって、涙がチョチョギレました、、、
電話越しに、「チェックするので、1週間猶予が欲しい」と云われる、、、

それから、1週間・・・

先方から、自分への携帯へのコンタクトがないので、
スッカリ諦めながら、ダメ元で、もう一度、
センターにこちらからコールして、チェックしてもらう、、、

結局、相手も、確認できないとの由・・・

それから、さらに、3日後、、、

S銀行のATMカードで雀の涙、最後の500Bを引き出そうとしたところ、
何と、何と、何と、、、明らかに残高に5025Bが加わっています、、、
武者震いに似て、ブルブルっときました、、、

<嗚呼、捨てる神あれば、拾う神あり・・・>
何だか、独り芝居の感がなくもないのですが、、、
その10日あまり、完全に何かに翻弄されていました、、、

たかが、5000Bですが、、、
今のワスにとっては、明らかに、、、
されど、5000B・・・

嗚呼、、、ホッと一息・・・

2008年11月16日

「楊貴妃クレオパ=キャッツアイ」



ネコとは、誠に不可思議でミステリアスな動物である、、、

身体的には非常にしなやかで瞬発力もありながら、
どこか艶やかで華麗で貴婦人然として、、、
それでいて、鋭い牙と爪を併せ持つ、、、

ネコの瞳は、、、
自分にとって、ある人を、、、
強烈にイメージさせます、、、


15日(土)、、、夕刻、、、
日本からのお懐かしいマイミクさんが来チェンマイされ、
急遽、親しいお仲間連が集まっての飲み会、、、

暫く禁酒のはずが、特別な日!?ばかりが続き、
結局、アルコールの切れない毎日に、、、
周りからお叱りを受けるのを覚悟の上で少々自己嫌悪気味、、、

15日、我が敬愛する大御所様のお誕生日、、、

日付が変わって、16日は、、、
同じくチェンマイフォーリーブス!?の勇姿
頭領のお誕生日でもある、、、

15日、タイ時間午後10時、、、
日本時間にすれば、16日へと日付が変わるその瞬時、、、

大御所様と頭領のお二人の、
日付を跨いだハッピーバースデーの大合唱!?

ひたすらビールを煽りながら、
気持ちよく天空を彷徨っておりました、、、

オープンガーデンから見える真上の蒼天には、
煌びやかな星たちが散りばめられています、、、

その星の輝きは、ふと何かを連想させました、、、

そう、あの神秘に満ちたネコの瞳です、、、


1年以上前、初めて京都でお逢いした、
憧れの君、、、楊貴妃クレオパおまる様、、、

何もかも見抜かれそうな理知的で鋭利な瞳、、、
やさしさと厳しさを同時に併せ持つ妖艶な眼光、、、
まさに、キャッツアイ・・・

その席上で、酔いにまかせて、そのまま不覚にも、
深く深く酩酊の淵に堕ちていきました、、、


15日の楽しい宴席が時空間を超えて、
そのキャッツアイの情景と重なっていきます、、、




明けて、16日、日曜日、、、

この日も大好きなゴルフを休み、
暫く呆けたようにボ〜っと朝から時間を過ごしていると、

おまる様に捧げる詩が半年以上を要しながら、
どうしても一つの形にならないでいたのが、、、

埋められない言葉の溝に、
ヤンワリと自然に想いの丈が溢れてきて、、、
キャッツアイのイメージと共にようやく像を結びました、、、

「アンニュイなキ・モ・チ!?」からちょうど一週間、、、
半ば、強引に、新たに心を紡いでおります、、、


恒例の熱きマイ狂メンバーに贈ります言葉のお遊び・・・
(現在、全員で、90名弱おられます、、、)

大御所様、鎮守様、御方様、○○様、真天狼殿、アンニュイ様ときて、
7番目、楊貴妃クレオパおまる様に捧げる哀(愛)の詩、、、

<若旦那、Mプロ、真翡呑様、真暈天殿、頭領、
メッチャ綺麗様、ショコラ様等々、、、
現在、まだ未完成にて、継続考慮中・・・乞う、ご期待???>




「楊貴妃クレオパおまる様<Cat’s Eye>」

楊貴妃クレオパおまる様 楊貴妃クレオパおまる様
楊貴妃クレオパおまる様 楊貴妃クレオパおまる様

君と初めて出逢った時から 忘れてた熱い想いが胸を締め付けた
遠く離れて観ているだけで 穢れのない少年の身空に返れた

時間(とき)が無情に過ぎてくように・・・
君も女猫(豹)に変わってゆくのか・・・

楊貴妃クレオパCat’s Eye 楊貴妃クレオパCat’s Eye
楊貴妃クレオパCat’s Eye 楊貴妃クレオパCat’s Eye

人を愛して 人と別れて 人に嫌われて また人に惹かれる
君の辿りし路 苦悩と希望の境い目 
ユラリユラリ揺れながら 時空を貫く

君が誰かに恋焦がれるように・・・
誰かが君に想いを寄せている・・・

肩先が 指先が 震えて何も綴れない
思いきり 独りきり ひとしきり 泣けたなら、、、

夢をみて 顧みて 砕け散ってしまった瞬(またた)き
巡り合い 認め合い 許し合い Cat’s Eye

暗闇の中に光る瞳 蒼天に煌(きらめ)く星屑の糸
高貴さ しなやかさ 艶やかさを 
永遠(とわ)に刻み 身をくねらせる

君がいて ときめいて よろめいてしまったまほろば
奇麗ごと 戯れごと まだ君に惑っている

切ないよ やるせないよ 儚いだけのエピローグ
可笑しいね 哀しいね ミステリアス Cat’s Eye

楊貴妃クレオパおまる様 楊貴妃クレオパCat’s Eye 



言わずもがなのことですが、、、「君(きみ)」とは、、、
「憧れの君」可憐な楊貴妃クレオパおまる様ご自身を指すと同時に

どうにも摑み所ない、、、
Cat’s Eye(天空の星=希望&夢)のイメージを重ねています、、、


おまる様、、、チェンマイへのお越しを、、、
謹んでお待ち申し上げております・・・

嗚呼・・・



TF拝、、、

追伸:愛すべき頭領、再度、お誕生日おめでとう、、、ね!!!

2008年11月09日

「アンニュイなキ・モ・チ!?」



決して、老化現象であるとは思いたくないのですが、
最近、頓に涙もろくなってきたようで、

とりわけ、何かに感動したり、嬉しくなったりすると、
自然に涙が出てきて、止まらなくなります、、、

元々が何にでも感動しやすい単純な男でもあり、
心に沁みやすくできているのかもしれません、、、

嗚呼。。。

チェンライ&チェンマイミクシー杯、、、
気合が入って入って入り過ぎて、、、
いつものように、しっかり、コケマシタ、、、

情けなくて、涙が出ました、、、

チェンマイ風物詩のコムファイ上げ、、、
多くのお仲間の皆さんと心を一にし、
満天の星空に想いが迸るようでした、、、

人の温もりに、涙が出ました、、、

また、ずっと心を痛めていた事が、
どうにか、無事でありましたようで、
ホッとした途端、、、涙、涙、涙、、、

怒濤の1週間が過ぎて、いろいろとありましたが、
ようやく、落ち着きを取り戻した日曜日、、、
当惑する程に!?心穏やかで安らいでいます、、、

嗚呼・・・

妙にセンチになるわけでは決してありませんが、
人は人に支えられて生きている事を、
心に強く感じています、、、

さて、ネット上で出逢った不思議なご縁で、
稚拙ではありますが、、、
恒例の想いを綴った言葉のお遊び、、、???

愛と敬意と感謝を込めて、、、時間をかけて、、、
おひとり様、おひとり様に宛てていく、、、
心のラブレター、、、

大御所様、鎮守様、御方様、○○様、真天狼殿ときて、、、
燃える闘魂、いとしのアンニュイ様、、、
(過日はお粗末にて大変失礼致しました・・・)



「アンニュイなキ・モ・チ!?」

アンニュイな瞳が 未来を見透かしてる
アンニュイな想いが 心を焦がしてる

時に涙の淵で揉まれて 声にならない言葉を吐いて
いつか闘いの場に戻れば 終わりなき翳りに迷い込む

勝利と敗北は紙一重 笑顔の中に隠した痛み
言い訳のできない孤独ゆえ 誰にもわからないジレンマ

止めど流れる汗の匂い 虚空を摑んでは放し
ゴールの見えない途上 ひたすら歩き続ける

アンニュイな瞳が 未来を見透かしてる
アンニュイな想いが 心を焦がしてる


男と女は影法師 小指と小指に絡んだ糸
切れそうで切れない絆ゆえ 人を慈しむ尊さ

やり場のない闇の底で 絶え間なく立ち塞がれば
右も左も後ろもない 前に進むだけ

アンニュイな・・・瞳が・・・ 未来を・・・見透かしてる・・・
アンニュイな・・・想いが・・・心を・・・焦がしてる・・・

アンニュイな瞳が 未来を見透かしてる
アンニュイな想いが 心を焦がしてる

アンニュイな・・・ヒトミが・・・ミ・ライを・・・ミ・すかしてる・・・
アンニュイな・・・オモイが・・・コ・コロを・・・コ・がしてる・・・

アンニュイな瞳が 未来を見透かしてる
アンニュイな想いが 心を焦がしてる

アンニュイな・・・キ・モ・チ・・・アンニュイな・・・キ・モ・チ・・・
アンニュイな・・・キ・モ・チ・・・アンニュイな・・・キ・モ・チ・・・





アンニュイ様、、、
117番!?、、、お誕生日おめでとうございます、、、

嗚呼・・・