2008年09月17日

「ゆめまくら!?」


「夢枕に立つ」・・・
と云う、日本語独特の言い回しがあります、、、

本来の意味合いは、、、
「夢の中に神様や仏様がでてきてあることを告げる」との事ですが、

さらには、近親や大切な人などが、夢の狭間で、
何かを示唆しているような趣もあります、、、

「夢枕(ゆめまくら)」、、、
何とも、不可思議な、また神秘的な語感を伴います、、、




まだまだケツの青臭い中学の多感な時期に、
親父が亡くなりました、、、

よくぶん殴られて、オッカナイ親父でしたが、
どこか憎めないところがあったのも事実です、、、

死因は肝臓ガンで、酒の飲み過ぎであり、
ワスも間違いなくこの遺伝子を継承しているのでしょう、、、

あんなに老け込んだ大人のようであったのに、
ワスもいつしか、そんな親父の年を大きく超えています、、、

生きている限り、
いろいろな大切な方との死に目に遭います、、、

人生の節目節目に、ヒョッコリと、死んだ親父の霊が現れて、
何かを語りかけます、そうまるで「夢枕の調べ」のように、、、

寿命と云う言葉もあり、寧ろ理不尽な死もありますが、
人は皆、どこか、守護霊に似た何かに守(護)られているのではないでしょうか、、、




もう今から15年以上も前、、、タイ語を習いながら、
この「夢枕」に相当する単語を模索したことがあります、、、

文化的背景や思想の相違から、ドンピシャな言葉は当然ないのですが、、、
おそらくは直接、辞書にも載っていない一つのフレーズを得ました、、、

<パー(プ)・ローン>
原義は、「精霊などが絵、姿、形になって具現化された状態・・・」

当時、この<パー(プ)・ローン>からイメージを膨らませて、
初めて、タイ語で詞を書き、自作のメロディーに乗せたのです、、、

そう、何かに夢中になる事で、日々の煩わしさや不安から逃れ、
過去、現在、未来、、、生きていることを実感しました、、、

死んだ親父に想いを馳せながら、
数多くの亡くなった、愛する人へのレクイエム(鎮魂歌)・・・





真昼間の事ですが、この2,3ヶ月、親父がすぐ傍らにいるのを感じます、、、
何かを云いたそうで、何かを伝えたがっているようで、、、

そんな親父に応えるように、、、久しぶりに、
<パー(プ)・ローン>の光景がまざまざと甦ってきました、、、

<苦しいことやつらいことは、ひとつこと、、、
必ず、解決策が見つかるもの・・・>

いろいろなワス自身の人生の岐路で、さりげなく、
親父が進むべき方向に手を差し伸べてくれているような気がします、、、

「死んで花実が咲くものか、、、」 
親父が諭すように語りかけます、、、

 <人生120年>、、、
{親父のところに行くには、まだ、何十年もあるよなあ・・・!?}



相変わらず、クソ暑(熱)い季節感のないチェンマイにて、、、
ふと、日本の彼岸会の時節に至り、一人、合掌します・・・
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。