2008年07月31日

7月最後の日に寄せて・・・





過去を振り返り、、、
こうしたインターネット上での交流が、
現実とバーチャル世界の狭間で、心が揺れ動きました、、、

バーチャルリアリティー(仮想現実)・・・

スカス、、、

そのネット上で、
かけがえのない多くの友を得たのも事実、、、

スカスのスカス、、、

ここで、一度、自分自身の足元を固めるため、
シッカリと退く勇気も必要だと認識、、、

仕事と家族とお仲間たち、、、

どれ一つとして蔑ろにできません、、、

ただ、確固たる信念で、、、
その優先順位も曖昧にすることなく、
ある時は、厳粛に何かを切り捨てる機会も無視できない、、、

ここが正念場・・・

今年も残り5ヶ月、、、

来年から再生するために、、、
今をもう一度見つめ直す時期にきています、、、

嗚呼・・・

PS. 娘キャンディーの映画が、、、
8月21日、タイ全国で一斉に封切り予定、、、

タイトルは、、、
「バーンノークTV」→「ミジュー」
→「アーカー・プーナーラック(可愛いアカ(族))」

2008年07月30日

「タイ語一語一会」500回到達、ソステ・・・!?

最初は、ほんの思いつきで始めた、、、
ミクシー内での、タイ語のコミュ、、、

ちょうど、丸2年、、、
徒然に積み重ねた個人によるトピックが、
この日を以って、500回に到達、、、

最後のトピックは、、、
<ラー・ゴーン>「さようなら・・・」

何だか、取ってつけたようではありますが、、、
一つの大きな節目、区切り、ケジメ、、、
感無量です、、、

これまで、何かに憑かれたように、
あれもこれもと手を出しながら、
自分で自分の首を絞めていたキライがありますが、、、

今後は、大事なものの優先順位をキチンと定めて、
維持するものは維持し、捨てるものは捨てる、、、
その取捨選択の覚悟を明確にしたい、、、

非常に残念ではありますが、、、
今暫く、コミュもこちらのブログも不定期に休載とし、
また、復活するその日まで、自身の英気を養います、、、

<ラー・ゴーン>

2008年07月29日

百年の恋も冷める!?



人は、誰でも、
恋物語のヒーローとヒロイン、、、

何とも、甘酸っぱいムードの中で、
不思議な恋の駆け引きに酔う、、、

ただ、そういう時に限って、
相手のちょっとした言動に、大きく気持ちが揺らぎ、
突如、「百年の恋が冷める」気分に襲われたりする、、、


現実と空想の狭間で、心が揺れ動く時、、、
それって、危険信号の証、、、

と同時に、、、
まだ、自分自身を見失っていない証でもあるのかも???


*タイ語のコミュのトピック更新も、499回を数えた、、、
後、一回で、節目の大台の500回、、、

*娘の映画も、いよいよ、来月、タイ国内での封切りされる運び、、、

*今宵、オーフ、アイス、ペックのライブ@チェンマイ、、、


嗚呼・・・


早く、生活を建て直し、
自分自身を見つめ直し、、、
自力で再生しないといけない・・・

2008年07月28日

ザ ダークナイト


夜9時過ぎ、、、

当初の予定が変更され、

突然、時間が空いた、、、


ゆっくり、休めばいいものを、、、

何故か、体が反応して、

バットマン最新作、、、

「ザ ダークナイト」を観た、、、

ぶっ飛んだ、、、

3時間あまりの映画が、全く時間を感じずに、、、

スクリーンに魅入ってしまった、、、

スタイリッシュに洗練された映像と音楽に、、、

それぞれのキャラクターがそれぞれの存在感を示して踊る、、、

とりわけ、新しいジョーカーには、鳥肌が立つほどに、痺れた、、、

生理的な怖さと共に、たまらないまでの哀愁が滲み出ている、、、

最後まで、目が離せない、、、

観終わったら、日付が変わっていた、、、

映画で武者震いに似た感動を覚えたのは、久しい、、、


全くの先入観なしで、観たけれど、、、
果たして、この映画の評判は、いかがなものか!?


ちょっと、スゴイ映画ではある、、、



嗚呼・・・

2008年07月27日

ゴルフの落とし穴!?



久々のゴルフ、お馴染みの月一コンペN杯、、


同組は、気の置けない、、、
S師匠と若旦那、、、

ワスは、前半、どうにも調子に乗り切れなくて、
我慢のボギーゴルフを続けていながら、

8番、9番で、ドカンと、
トリプルボギー&ダブルパーを計上し、
結局、50のトホホ・・・

スカス、後半は、ちょっと巻き返し、、、
パー、パーときて、調子に乗りかけた折、
ショートホールで、50cmのパーパットを外し、ボギー、、、

気を取り直して、鬼門の魔の13番でパーを奪取し、
14番を見事にパーオンするも、下りの2m、、、
これをちびって絶好のバーディーを逃す、、、

スカス、ここまで、ワンオーバー、、、

それからの3ホールは、
皆パー圏内ながら、微妙にパーが取れず、
フラストレーションの3連続ボギー、、、

後半は、ここまで、4オーバー・・・

スカス、最終ホールパー5は、、、
バーディーなら、30台が出る、、、

ティーショットで距離を稼ぎ、残りジャスト200Y、、、
迷わず、池越え2オンを狙う、、、

スカス、、、

これが、ショットをミスり、僅かに届かず、
無情の池ポチャ、、、

それからは、
信じられないようなドタバタを繰り返し、
涙の9・・・



結局、44、、、何てこったい、、、


優勝は、同組の若旦那、、、

若旦那は見事に、ベスグロもゲットし、
二人の通算成績も自分の16勝18敗1分けと、
また、星を2つ離されてしまいました、、、

タラレバはイカンのだけど、、、
18番、あの幻のセカンドショットが、、、
普通に、グリーンに乗ってさえいれば、、、

嗚呼・・・

ゴルフは、本当に、切なく、難しい、、、

2008年07月26日

A・I・Pライブ@チェンマイ!?

このタイトルのA・I・Pのアルファベットで、
ピ〜ンと来られる方は、
かなりのタイポップス通です、、、

今をときめく旬の若手ポップスター、、、
アイドルというよりは、歌唱力&エンターテイメント性も兼ね備えた、
若手実力派、Aof、Ice、Peckの頭文字です、、、


タイ芸能界のホットな情報を誰よりもいち早くキャッチしている、、、
バンコク発信、盟友おまきさんよりのご紹介、、、

それぞれが、ピンでも、ユニークな個性と多大な人気を博しているのに、
3人が、一堂に会して、ここ、チェンマイでライブを催すというのです、、、


A・I・Pについてのインフォメーションはこちらを、、、
http://aoficepeck.blog119.fc2.com/blog-date-200807.html

日程は、7月29日(火)

場所は、チョンラプラタン運河(Chonlaprathan Canal)沿いの通りにある、、、
Gray Scale (Simm Bar)・・・

時間は、夜の11時頃、開演予定ですが、真打ちは通常ずれ込んで、
0時ぐらいまで、引っ張られるかもしれません???

料金については、中でのドリンク料ということで、
ボックス&ボトルをキープして、お仲間で頭割りした方が安上がりかも、、、

おまきさんもお仲間とご一緒にバンコクから嬉しい参戦!!!

ワスも、当日は、万難を排して、このライブに、
おまきさん共々、ステージ前で、かぶりつきで、
A・I・Pを応援したいです、、、

実は、自分の「泣ける&沁みるベストタイポップス15曲」の中に、、、
A・I・Pの中の、AofとIceの歌も選曲しているんですよね・・・
ですから、また、非常に楽しみです、、、

公私共に仲のいい3人組ですが、、、
このような形で、ユニットを組んでコンサートをする機会も、
数が限られているので、今が、最高にチャンスです、、、

堅苦しい講釈はこれぐらいにして、、、
もし、ご興味のあります方は、ガツンとご一緒に、、、
また、お気軽にチェンマイからも参戦しませんか!?

チャンマイの夜も暑(熱)いです・・・


嗚呼・・・


PS.場所の確認をしましたところ、、、
福守殿(=fukuさん)の情報のおかげでチェックできましたが、、、
以前のSimm Barの場所で、今は、Gray Scaleと名前を替えていました、、、

位置は、運河沿いのチェンマイプーカムホテルと同じ側の並びで手前4〜50m、
AIPのライブを示す大きな段幕が掲げられているのですぐにわかります、、、

2008年07月25日

ドールハット初出荷!?

いろいろな事に手探りでトライしておりますが、、、

何回かのサンプルアップを経て、
先方の合意を得て、、、
可愛らしいフィギュア用の帽子約200個を初出荷、、、

<ちゃんと、着けばいいけどな、、、>

さらには、その数時間前には、、、
自分の渾身のタイポップス15曲選曲を、
日本のスナ殿に無事郵送完了、、、

<これも、ちゃんと着けばいいけどな、、、>

さらには、その数時間前には、、、
福岡からのお客人お秘秘様を、、、
涙、涙、涙で、チェンマイ空港にお見送り、、、

<ちゃんと、バンコクに着いて、弾けているかな???>



嗚呼・・・

2008年07月24日

福岡からのお客人!?

最大限の敬愛を込めて、、、
お秘秘様とお呼びしている、
福岡在住の御仁が訪チェンマイされました、、、

チェンマイプラザ近くの宿泊所にチェックインし、
そのまま、拙宅に拉致、、、

たくさんのお土産を頂きながら、
一番嬉しかったのは、オチャケの類、、、

家人の心ばかりの手料理に、
冷えたビールで、ガンガン飛ばします、、、

その後、九州の地酒を一本飲み切り、
さらに、同じ博多の仙如様からのお届け物で、
泡盛をグビグビといく、、、

結局、お秘秘様には、そのまま自宅に泊って頂き、
いつしか、泡盛も空いてしまいました、、、

連日の酒まみれ、、、

気持ちよく、酔いしれました、、、

2008年07月23日

お人形さんのお帽子!?


最近、日本からのお客さんが頻繁に訪チェンマイされます、、、

その一方で、冬物の出荷も始まり、
来年の春夏物のサンプルアップも同時進行、、、

さらには、新しいタイプのバッグの作りながら、、、

極め付きは、ついに、試行錯誤ながら、
実際に、サンプルアップを経て、発注と相成り、
お人形さんの帽子を製作している途上です、、、

型は、3パターン、、、

リバーシブルタイプで、、、
表と裏の色の組み合わせで、
全部で、27種類のちっちゃな帽子が出来上がります、、、

残り、もうちょっと、、、

明日、明後日ぐらいに、出荷できる運びになりそうかな・・・

2008年07月22日

チェンライと大阪の絆!?

チェンライの真翡呑様を介して、、、

M嬢の介添え役にて、婿殿が、気合一発、、、
遠く大阪とチェンライでの恋の成就を実現、、、

無事に、本懐を遂げられ、、、
一旦は、日本に帰国、、、

来月、同じチェンライにて、
お仲間の皆様の熱い祝福を受けながら、
タイ式に、結婚式の運びとなります、、、


何だか、自分の事のように嬉しくなってきました、、、

<婿殿、暫しのお別れ、、、
また、すぐに、逢いましょう!!!>



2008年07月21日

ランプーン、クンタン行脚!?

日本から、心破様御一行5名様と共に、
日本からの麗しき美女Mさんと同行して、
ランプーンのクンタンへ遠征、、、

途中、ミニバンの中では、
ギンギンに冷やしたビールやワインで酒盛り、、、

1時間ばかりの旅程の後、、、
目的地に着いた折には、
完全に出来上がっておりました、、、

この地区一体をカバーする保健所にて、
医療器具の贈呈式、、、

ド田舎の皆さんながら、
とても温かいおもてなしを受け、、、
器具の扱い方も含め、儀式!?は滞りなく終了、、、

帰りのミニバンの中でも、ガンガン飲みながら、
見事に、逝かせて頂きました、、、


前日来の完徹が、効いており、、、
魂は程なく、遠い世界を彷徨っております、、、

心破様には、大変、素晴らしいモノをご寄付して頂きまして、
この地域一体に、多大な貢献がなされることでしょう、、、


嗚呼・・・

2008年07月20日

束の間の静かな日曜日!?

ミクシーでの、、、
10万アクセスの余韻、、、
最後の宴が過ぎました、、、


昨晩は、日本から5名、、、
チェンライから2名のお客さんと合流して、

チェンマイの知恵袋、若旦那宅にて、
盛大な、パーティー、、、

風通しのいい、4階のテラスに、、、
30名近い人数が集い、、、

飲んで、食い、笑い、、、
想い想いに、話に花が咲きました、、、

暫く、ミクシーの方の繋がりを控えるようにし、
生活を建て直し、改めて、本業の方に、
これまで以上に精を出す所存です、、、

家人のカムバックにつれて、
義母も娘も戻ってきて、
また、居間が賑やかになりました、、、

ボ〜ッと、束の間の安穏に浸っております日曜日、、、

外は、曇り空ながら、
心は、晴れ晴れと、
明るく、熱く、輝いてきています・・・

2008年07月19日

ミクシー10万大大大キリ番完了!?

日頃から大変、お世話になっております、、、

ミクシーを始めて、2年2ヶ月あまり、、、

タイに15年以上住むようになってはいても、
日本人の方との交流はほとんどありませんでした、、、

それが、ミクシーを介して、
チェンマイ、チェンライ、バンコクと、、、
逆に多くのステキな日本人の方との邂逅に恵まれました、、、

また、このインターネットがなければ、、、
もう、知り合うことなど絶対の絶対ありえなかった、、、
数多くの日本、他の方々とも深い絆ができました、、、

<来る者は拒まず、去る者は追っかける>の精神で!?
いつしか、マイミクさんの数も500人を超え、、、

「一期一会」

自分にとっては、まさに目に見えない、、、
とてもステキな心の財産でもあります、、、

スカス、、、

ただ、自分の中でも、誠意を尽くして、
皆様と公平に、親しくお付き合いしていこうとすればするほど、
一つの大きなジレンマにも陥っておりました、、、

完全に自分自身が対処でき得るキャパを超えている事です、、、

ですから、、、ミクシーと決して離れるわけではないのですが、、、
今後は、側面から、よりステキな人間関係を育みながらも、
本業の方に、より一層専念するタイミングを図っておりました、、、

10万番大大大キリ番、、、

決して、何かに拘るわけではないのですが、、、
これを一つのキッカケとして、一つの大きな節目として、、、
この10万番を餞に、少し、ミクシーと距離を置こうと考えています、、、

勿論、時々は、書き込みをしながら、
皆さんのページを覗いたりして、足跡を残すでしょうが、、、
その節は、また、どうぞヨロシクお願い致します、、、


>>>さて、前置きが長くなりましたが、、、

今回のキリ番ほど、難産の苦しみはありませんでした、、、

一番多い時には、瞬間的に、
一日で、600〜1000のアクセスがあったりしたのですが、、、

残り、117から、深夜にかかり、、、
アクセスが遅々として進みません、、、

一応、一晩中、目を皿のようにして、
モニターを睨みますが、一喜一憂しながら、
流石に、疲労困憊で、終始、睡魔の誘惑と闘っていました、、、

スカスのスカス、、、

こういうバカっ騒ぎの戯れ事も今回が最後です、、、


99980を過ぎ、残り20を切った辺りから、、、
福岡でお世話になっております、、、
天女様&お秘秘様が、バンバン、アクセスして下さいました、、、

お二人が引っ張って下さったと云っても、
過言ではありません、、、

自分の中では、間違いなく、本命はこのお二人のどちらかだろうと、
期待しておりましたら、肝心の10万番前後に、
そのお二人共が、微妙に抜け落ちております、、、

さて、天地神明に誓って、嘘偽りございません、、、
完全徹夜の果てに、繋がりましたご縁ある「一期一会」


発表します、、、

99999番は、、、盟友、、、

オナ殿、、、

7月19日、09:11(タイ時間07:11)

オナ殿は、20日、福岡でご自身のライブをブチかまされます、、、
たとえ、この身は行けなくても、魂だけはそちらに逝かせて頂きます・・・

オナ殿には、後日、好みをよくご相談の上、
チェンモードオリジナルネーム入りハットをご進呈させて頂きます、、、
(一応、よく、タイに来られますので、そのタイミングに合わせてね・・・)

ソステ、記念すべき、、、真の、、、

10万番の大大大キリ番は、
奇しくも、99999番と同タイム、、、
7月19日、09:11(タイ時間07:11)

タッチの差で、、、
同じく大切なマイミクさんのお一人、、、
うた様でした、、、

近々、何としてでも、直接お逢い出来ます事を心から念願し、
タイポップスVCD15曲&プラスアルファを考えております、、、
どうぞ、楽しみにしていて下さいね、、、

100001番は、、、1分差、、、
ごくごく最近、マイミクさんになったばかりで、
よく、書き込み等で、ご交流頂いております、、、

★ ☆スナ様、、、

もし、ご迷惑でなければ、後日、
同じく、タイポップスVCDセレクト15曲を郵送させて頂きますね、、、




自分なりの最後の大大大キリ番の宴は、
静かな興奮の余韻と共に、幕を閉じました、、、


皆様、また、今後とも、どうぞヨロシクお願い致します・・・


目一杯の愛を込めて、、、


TF拝、、、

2008年07月18日

家人の帰宅!?

紆余曲折ありましたが、、、
家人がたくさんの荷物を抱えて、
疲労困憊で戻って参りました、、、




<夜のチェンマイ駅>

予定より、30分以上も早く到着することや、
事前にカートを用意して、、、
と家人より連絡があったので、

だいぶん早めに、汗だくになりながら、
ごった返す人ごみにもまれながらも、
独り、駅のホームに佇んでいた、、、


列車がノロノロと進入してくる・・・


どこから下車してくるのかわからない、、、
家人に電話をするが、繋がらない、、、

人がゾロゾロと降りてくる・・・

ボーっと我を忘れて、放心状態でいると、、、
何故か、目の前にあったんとSさんが、、、???

<不意を衝かれて、正直焦りました、、、>

何でも、同じ車両に乗り合わせていたようで???
家人の方は荷物がたくさんあって、
身動きが取れない様子、、、

あったんがカートを見ていてくれると云うので、
お言葉に甘えて、そのまま家人を探しに行く、、、

すぐに、ちょっと丸々と太った彼女が、
周りの人に手伝ってもらってたくさんの荷物を抱えながら、
タラップを降りてきた、、、

あったんが、
「歓迎のキスはしないの・・・」と囃し立てる、、、



僅か、1週間足らずの家人の遠出、、、
随分と長い年月!?のように感じ、、、
心が痛み、堪えました、、、

子供たちは、実家、ランプーンに帰っており、
家人は、疲労の極致であるのにも拘らず、
いつもと変わらぬ彼女の自然な笑顔に救われます、、、



<完全に夫婦水入らずの一夜、、、>


今も、彼女は泥のように眠っています、、、

嗚呼・・・

2008年07月17日

入安居(カウパンサー)を前に!?

16日、実質的な秋冬物の第一回目の出荷無事完了、、、

お約束のドーナツを従業員の人数分振る舞い、、、
午後、皆で、近くの寺へ、タンブン・・・

翌17日、18日は、祝日となる、、、

17日、、、
三宝節:アーサーラハブチャー(陰暦8月の満月の日)
<釈迦が悟りを開き仏法僧に説法したことを祝う日>

18日、、、入安居:カウパンサー(三宝節の次の日)
<この日を境に、僧が雨季開けまで外出を控えて修行に励む>



家人が留守にて、家の中がヒッチャカメッチャカになっており、
子供たちは、都合、4連休にて、ランプーンの実家に預ける、、、

16日、夕刻、殿下の奥方様(=王妃様)が来チェンマイにて、
空港にて、4ヶ月ぶりの邂逅、、、

同時刻、急遽、17日の<第2回マイ狂定例会>に参戦のため、
あのライ馬鹿の秘密兵器!?真暈天殿がバスにてチェンマイ入り、、、

若旦那宅にて、上記の面々に、Mプロご夫妻を交え、、、
若旦那&Mプロの手料理にて、舌鼓を打ちました、、、

<若旦那、Mプロ、タイのお造り、ポテトサラダ、大根の煮つけ、、、
以下、諸々、、、大変、美味しゅうございました、、、>


普通、チェンマイエリアにおいては、外泊などした事もないのですが、、、
家には、家人も子供たちも、誰もいないことにより、、、

その後は、何となく、真暈天殿と某ホテルにご厄介になり、、、
何か、二人で、オチャケを飲みながら、
はしゃいでいたような気が・・・???



朝、6時、、、出発、、、目指すは、グリーンバレーゴルフ場、、、
6時半、密かにウチッパに励んでいたところ、、、
鎮守様ご夫妻と遭遇、、、
<何となく、気恥ずかしかったです・・・>


第2回マイ狂定例会、、、

8時定刻スタート
総勢、4組、17名、、、



ワスの組は、、、最終組で計5名、、、

流麗なサウスポー:殿下、、、
ロンドンからの刺客:なごり雪殿、、、
豪快な300Yドライブ:ニュートラル殿、、、
華麗な貴婦人:ニマン様の奥方様、、、

髭ナシの殿下が、パーの山をきずきます、、、

なごり雪殿の後半は圧巻、、、
手痛いトリプルボギーがありながら、チップインバーディー、
上がり4ホールは4連続パー、、、

ワスはというと、このところ、ずっと悩んでおりますように、、、
とにかく、パットがいけません、、、

2回のバーディーは、例外で超ラッキーでしたが、
3パットが7回、、、の計41パット、、、

悔しいですが、これでは、スコアがまとまりません、、、


優勝は、、、

嗚呼、哀愁の真暈天殿!!!


オリョリョ、、、
前日来より、差し違えを試みていた、当の相手が、、、
実に堅実でクレバーなゴルフを展開、、、

<参りました、、、
やる時は、やりまんなあ〜、、、
カッチョよすぎまんがな・・・>



お馴染みの「12パンヤー」での会食&表彰式を経て、、、
優勝者の真暈天殿と、ナイトバザール近くにあります、、、
サーラーチェンマイで、古式マッサージに夢見心地、、、

夕方5時ちょうどのバスに間に合うように、
急ぎ、バスアーケードに、真暈天殿をお見送りしたところ、、、


うちに帰って、丸半日ぶりに、、、
ミクシーを覗くと、、、

いよいよ、10万アクセスまで、

400を切りました、、、


明日の入安居(カウパンサー)では、
大切なタイ人のお取引先お二人と、
同じく、グリーンバレーにてゴルフ、、、

願わくば、何とかタイの祝日である、今日、明日にて、
10万大大大キリ番の節目を無事に終えられたなら、非常に有り難いのであるが、、、

「一期一会」


最後は、待ったナシ、、、
どのような、幕切れになるのでしょうか、、、



実は、最高に嬉しい事に、家人からようやくコンタクトが取れ、、、
今、バンコクからの列車の中で、今夜チェンマイに到着との由、、、

今宵、遅い時間に、彼女をチェンマイ駅に迎えに行きます、、、

嗚呼、、、  

2008年07月16日

36000回のキッス!?

家人が旅立って、、、早3日あまり、、、!?
もう、1年以上逢っていないような気がする、、、

以前、口は悪いがとても心根のお優しい、
敬愛してやまない、ある人生の大先輩から、
夫婦の絆について、コンコンと説教された事がある、、、

「おまえんとこの夫婦仲はうまくいってるのか、、、?」
「ちゃんと、たまには、かみさんのケツぐらい触ってやるんだぞ、、、??」
「最後にかみさんとキスしたのは、いつか覚えてるか???」

<その刹那、ウ〜ン、絶句してしまいました、、、>

さて、どのように言葉にしていいものやら、、、

自分の日頃の行いを知っているその大先輩は、
ワスと家人の仲が、余程、険悪であるように、
ご心配して下さったらしい、、、

ワスは、恥ずかしながら、、、
正直に答えるしかなかった、、、

「たぶん、人並み以上には、夫婦仲はいいと思いますが、、、」
「ケツは、ほとんど毎日、何回も触っておりますよ、、、」
「キスは・・・???」

キスについては、、、ちょこっと、説明を要します、、、


「もう、ほとんど、挨拶代わりに、
朝から晩まで、やっているので、数え切れないぐらいですから、、、」

実際、例えば、こんな感じです、、、

1. 朝起きて、チュ、、、
2. 甘いコーヒーを入れてもらって、チュチュ、、、
3. 朝食の「いただきます」の前に、チュチュチュ、、、
4. 同、「ごちそう様」の後で、チュチュチュチュ、、、
5. 朝、仕事に出かける前に、チュチュチュチュチュ、、、
6. 仕事から戻って来て、チュチュチュチュチュチュ、、、
7. 夕食の「いただきます」の前に、チュチュチュチュチュチュチュ、、、
8. 同、「ごちそう様」の後で、チュチュチュチュチュチュチュチュ、、、
9. 家人のお休みの前に、チュチュチュチュチュチュチュチュチュ、、、


ごく、普通の日常生活だけでも、毎日、9回は、
チュッチュしている計算になる、、、

<今度は、その大先輩が絶句する番ダスタ、、、>




静かに、家人とのこれまでを振り返ってみると、、、

今、家人は、ナイトバザールのお店の方で時間を取られたり、
ワス自身が、概ね、夜、外食をすることになったりしているので、、、
当然、上記の7.8.等が抜ける事になる、、、

それでも、平均すれば、最低、日に、
7回は、家人と接吻している算段にはなるだろう、、、

仮に、一日、6回として、結婚生活17年目に入ったので、
実質、丸16年、、、キッチュの日常の生活パターンは、
結婚当初から全然変わっていないから、、、

試みに、家人とこれまでの生涯、、、
何回ぐらい、チュッチュしたかと計算すれば、、、


* 6 X 365 = 2190

* 2190 X 16 = 37230、、、



まあ、自分がチェンマイを留守にしたり、その他で、
完全にこの通りの計算にはならないだろうけれど、

どんなに最低少なく見積もっても、
これまで、36000回以上、、、
キッスしていることは、断言できるだろう、、、

結婚当初、家人は、このキスについて、
かなり戸惑い、嫌がっていたが、、、

何ヶ月かすると、すぐに、慣れ、
この生活パターンが、完全に確立されていました、、、

これには、意外な・・・というか、、、
あるいは当然の夫婦仲の効能があります、、、


どんなにケンカして、口をきかない事があっても、、、
このキッスの儀式を終えていないと、
お互い、何となく、落ち着かず、気分が悪い、、、

んでもって、自然、すぐに仲直りしてしまうんです、、、


さて、これからの、16年で、計72000回、、、

さらに、もう16年あまりすると、、、
50年近くの歳月を重ねているわけですから、、、
軽く、10万回の大台を超えていることになるでしょう、、、


嗚呼、家人が居なくなって、
うちの事が全部滞ってしまって、
何もかもが落ち着かない、、、

嗚呼・・・
早く、、、お約束のキッチュがしたい・・・
嗚呼・・・

2008年07月15日

ミクシー:98765&99000!?

いつ頃からか、自分勝手に、ミクシーにおける、、、
1000番単位のキリ番を<大キリ番>、、、
10000番単位のキリ番を<大大キリ番>と呼んできました、、、

さすれば、10万単位のキリ番は、、、
<大大大キリ番>になるでしょうか、、、!?

過日、ご案内しておりましたように、、、
98000番を超えて、、、
<最後の大大大キリ番の宴>と称して、、、

98765番、99000番、100000番、100001

ソステ、タイでは、非常に縁起のいい数字とされる9による、、、
ナインファイブこと、9の5つ並び、99999番をお踏みの方に、
ささやかながら、御礼の賞品を差し上げます、、、

そこで、この13日と14日にかけて、
前者の2つが、図らずもクリアーされました、、、

偶然にも、どちらのお方も自分にとっては、
<チェンライの真兄弟>と称して、
大変お世話になっております、、、

98765:2008年7月13日 11:59 真翡呑(ひー)
99000:2008年7月14日 15:08 真陽凛(HIRO)


真翡呑様&真陽凛殿に、それぞれ、、、
「タイポップスセレクト15曲」を
謹んで、贈らせて頂きます、、、

どうもありがとうございます、、、

<真翡呑様、、、もう、すでに、以前に、お渡ししておりましたっけ!?
自分の頭がボケてて、だんだんわからなくなってきました・・・>




スカス、、、

嗚呼・・・いよいよ大詰めを迎えています、、、

<最後の大大大キリ番>&<ナインファイブ>に向かって、、、
ついに、最終第4コーナーを回ってしまいました、、、
今、すでに、残り900を切っております、、、


自分の予想を大幅に塗り替えまして、、、
この調子でいきますと、期待値も込めながら、、、
残り4日〜6日、、、

即ち、<大大大キリ番のXデー>は、、、
7月18日〜20日、、、



とりわけ、最後の!?ネーム入りオリジナル帽子、、、
ナインファイブゲット者の場合には、
直接、お手渡しを公言しておりますので、、、

できれば、タイ国内の方が非常に好ましいのですが、、、
一体、どんな方がお越し下さるのか、、、
スリリングにハラハラドキドキしております、、、


「一期一会」


まさに一本勝負の最後のご縁結びのそのただ一発に、
静かに、熱く、切なく、目を凝らしています、、、



嗚呼・・・

2008年07月14日

タイ映画「フレンドシップ」

13日(日)、慌しい一日が過ぎて、、、
夕刻、子供たち二人と、家人をチェンマイ駅へ見送り、

まるで、これが永遠の別離のように、、、
人目も憚らず、何度も抱擁とキスを繰り返す、、、

娘のキャンディーは、小生意気にふてくされているが、、、
下の息子のアトムは、すでに、涙目になっている、、、

定刻、17:55に出発した、
家人を乗せた夜行列車が見えなくなるまで、
ずっと手を振り続けていた、、、

車で戻りかけ、パラパラ小雨が上がると、、、
幸運を暗示するように、、、
綺麗な虹が、2つ、並んで、鮮やかに掛かっている、、、

その後、この日、娘にどうしても、、、とせがまれ、、、
封切り中のタイ映画、「Friendship」を観にいく、、、

最初、どこかで、聴いたタイトルだな、、、
と訝しげに記憶の糸を探ってみると、、、

何と、何と、ワスの憧れの人、テペ殿の日記に、
詳細を報じられていたばかりでありました、、、

急いで、、、エアポートプラザに向かうが、、、
時間が、20:10、最終上映しかなく、

それまで、久々に、子供たちと一緒に食事をしながら、
小一時間、時間をつぶす、、、

何だか、2時間以上もありそうで、なかなか長い、、、

大量にポップコーンを買い込んで、
前の席を3つ陣取る、、、

途中、11歳の息子、14歳の娘には、
ちょっと、不適切な内容が続き、
際どく焦りながらも、映像に吸い込まれていきました、、、





チョッピリ年齢を重ねた、
男4人&女2人の旧友同士が集まり、
回想シーンへと遡る、、、

<無精髭を生やした主役のシンハー役のジェッタリンが、
あまりに渋くて、見惚れてしまいました、、、>

高校生活最後の年、、、
男女二人の転校生が紹介される、、、
ミトゥナー(6月の意)とレ〜ム、、、

どちらも、シンハー(8月の意)にとって、
人生において重要な影響を与えることになる、、、

教壇の先生が、シンハーとミトゥナーと云い澱んでいる際、、、
その当のシンハー自身が、冗談っぽく、

「シンハーとミトゥナーの子供がカラカダー(7月の意)!?」とぶち上げて、
ヤンヤヤンヤの喝采を受けながら、その後の二人の生涯の関わりを、
無意識的に暗示しているような気がしました、、、

いろいろな衝突や絡みや青春の明と暗を織り交ぜながら、
転校生2人を含む、男女8人の「フレンドシップ」、、、
即ち、友情の彩りが丹念に描かれていきます、、、

観る者によっては、タイと日本の地域性に拘りなく、
自身の思春期の体験とだぶらせるに違いありません、、、

一番、印象に残ったステキなシーンは、、、
冒頭、主人公のシンハーがバス停留所で、
身体の不自由なご婦人を助ける際に、、、

さりげなく手渡した<ダウ・ルアング>「菊の花の一種!?」が、
伏線となって、最後の最後に繋がってきます、、、

ただ、青春の甘酸っぱいラブ&コメディーを期待していたら、
見事なまでに、肩すかしを食らわされてしまいました、、、

終焉のあまりにも切ないやるせなさは、
心の中に鉛を入れられたような、
逃れようのない苦汁に見舞われるのです、、、

人の縁(えにし)もさることながら、、、
ほんのちょっとした運命の歯車の巡り合わせが、
ごくごく普通にこのような結末になっていくものなのか、、、

<あまりにも救われません・・・>

どうしようもやり場のないエンディングに、、、
逆説的な青春時のほろ苦さと人生の苦汁を、
オーバーラップさせて語っているのでしょうか・・・?!

きっと賛否両論はありますでしょうが、、、
非常に解釈に苦しむところではあります、、、



さて、映画が終わったのは、夜の11時を回っていました、、、

息子の方は、何故か、涙を流しています、、、
<オイオイ、ちゃんと、内容を理解しとるんかいの・・・!?>

娘の方は、けっこう、クールに、、、
やはり、最後のシーンが、よく理解できていないようで、、、
いろいろとワスの方に尋ねてきます、、、

なかなかに表現しにくい内容も含んでいます、、、

家人を皆で、見送った後で、、、
子供たちと一緒に観た映画が、超超久しぶりに、、、
親子の心のスキンシップ!?を生んだようで、、、

何とも、長くて、長〜〜〜い、、、
いとおしい一日ではありました・・・

2008年07月13日

遠く天上に煌く星・・・


ようやく、、、
酒と泪と男と女で、
戻って参りました、、、

アッサニー&ワサン、、、
ワールドツアーコンサート、、、

酔いにまかせて、
筆が滑るに滑るかもしれませんが、、、
生で初めて観るA&W・・・



会場に到着する前に、、、
家人とスッタモンダありました、、、

些細な事で、口論になり、まるで、自分のハートがささくれ立って、、、
彼女の云う事、やる事に、、、
何故か、過敏に反応して怒鳴り散らしてしまうのです、、、

その後、、、
会場の場所がよくわからないので、
お互いが爆発寸前の感情を押し殺しながら、

家人の運転先導にて、
針の筵のまま、ようやく、
ランプーンの会場に到着します、、、

そこで、殿下、若旦那ご夫妻、女神様、、、
さらには、真打ち、会長をお迎えして、
怒濤のA&Wコンサートを間近で観るはずでした、、、

スカス、、、

ここで、ワスの大呆け、、、

正規の10枚のチケットに加えて、
裏ワザで仕入れた、同じく十数枚のチケット、、、

結果、前者は、ステージ間近で観られるはずが、、、
後者は、残念ながら遥かに離れた後方からの観覧になります、、、

当初は、正規分のチケットが1枚余るはずだったのに、、、
どこで、どう、天然ボケをしたのか、、、
土壇場になって、1枚足りない事に気づく、、、

そこで、自然の流れで、
家人にそのツケを負わせる事になってしまいました、、、

お仲間の皆様と時間前に会場入りしながら、、、
一旦、ワスだけが、外に出て、
一人トイレに行くと云っていた家人の様子を観に行きます、、、

そこで、会場入りの時間がずれた会長や、
他のお仲間の皆さんとも完全に逸れてしまう、、、

家人は、静謐な押し殺したような怒りの中で、
もう自分は先に帰るので、皆の送迎を頼むと漏らす、、、

ワスは、ようやく、ここにきて、
彼女にずっとつらく当ってきた事に対しての、
妙な違和感に襲われてきた、、、

好きなだけ彼女を利用するだけしておいて、
あまりにも、自分勝手なひどい仕打ちに、
自分自身、ようやく、我に返ったのである、、、

前座を終えて、国王賛歌の起立を経て、、、
いよいよ、初めての生のアッサニー&ワサン、、、

大きなモニターに映る、
ライブのままのアッサニー&ワサン、、、

圧巻でした、、、
己の魂は、完全に、瞬時に闇夜に熔けていきます、、、

これまで、CDが擦り切れるほど聴いていた、
あのお約束の定番の名曲の数々が、、、
大歓声と共に、後から、後から、繰り広げられる、、、

ステージ上から、ギターピックを、、、
これでもか、これでもか、客席に向かって、、、
飛ばしていく、そのカッコよさ、、、

ワス自身は、遠く点になっているだけの、、、
100mも離れていようかという絶対的な距離の差に、
どんなに、望んでも、そのピックはキャッチできない、、、

無口なまま、口を開こうともしない、、、
そんな家人の沈んだ面持ちに、
大音響の中で、少しずつ、血が通ってくる、、、

ワスは、これまでの、己の愚かな行為を心から反省し、
彼女に必死に謝りの言葉を紡ぐ、、、

いつしか、広い地面上の空間の上で、
彼女が、メロディーに合わせて、激しく踊り出す、、、

<I Love You>

ロックとフォークとバラードが、、、
絶妙なタイミングで、織り成されていく、、、

<クルンテープマハーナコン(=バンコク)>

地面に寝転がった自分は、
踊り狂う彼女の足元に絡みつく、、、

<ラックタゥ〜サマ〜>「いつでもあなたを愛する」

彼女が、ついには、バンダナを取り出して、
額を覆い、さらに絶叫しながら、踊り狂う、、、

ワスは、6杯目の生ビールを煽る、、、

この期に及んで、もう、ステージ前の方には、
場所を移れなくなり、
彼女とずっと二人きりで傍にいる、、、

会長の十八番、、、
<インディーマイミーパンハー>「喜んで、問題なし」
が暗闇に響き亘る、、、

突然、家人が、呟く、、、

「私のようなこんなおデブが、
あなたの隣で、踊っていて恥ずかしくない・・・!?」

その言葉が、、、
リフレインしながら、
胸に、痛く、痛く、突き刺さってきた、、、

会場に熱く、激しく、響き渡る歌声に、
家人のその後の声がかき消えて、
何だか、ますます切なくなる、、、

日付が変わる前に、、、
永遠に続くと思われたコンサートも終焉を迎える、、、

胸がポッカリと開いたような空虚感に苛まれ、、、
いきなり、語るように、ラストのラストに、、、
アッサニーさんご自身の、、、

<ラーゴーン>「さよなら」

が、暗闇に響き渡り、、、
ワスの最後の防波堤を突き破ってしまった、、、

その場に立ち尽くしたように、硬直して動けなくなり、、、
泪が後から後から止まらなくなる、、、

一際、燦然と輝く、夜空の星、、、

タイのロックのパイオニア、タイポップス界の大御所、、、
まさに、<ダーラー>「スター」の名に相応しい、、、

観客の皆が帰路に急ぐ、その途上で、
ようやく、会長と対面を果たし、、、
お互いが、最高の場面を共有できた喜びを確かめ合う、、、

帰りの車の中で、家人に許しを乞い、、、
会長とあの<電気ブラン>を酌み交わす、、、

アッサニーワサン、、、遠く天上に煌く星、、、

明日より、家人は、旅に出ます、、、

嗚呼・・・

2008年07月12日

A会長ご来チェンマイ!?

やはり、来られてしまいました、あの人が、、、
バンコクを経由して、
11日、朝、慌しくチェンマイ到着、、、

夜、急遽仲間うちが集まって、
いつもの<ティプロット>で歓談、、、

<ワザのデパート>舞の海ならぬ、、、
<病気のデパート!?>を広言されるA会長は、、、
一番血色が良く、誰よりもテンション高く、元気一杯、、、

お約束!?の電気ブランを有難く頂戴し、、、いつしか、、、

<インディー・マイ・ミー・パンハー>に始まり、
<ラック・タゥ〜・サマゥ〜>、<ラー・ゴーン>、、、
と途切れることなくいつものA&Wの定番曲へと絶叫、、、

今宵は、本チャン、、、

アッサニー&ワサン
ワールドツアーコンサート


場所は、ランプーン公営運動競技場、、、
夕刻4時開門、午後8時半コンサートスタート、、、


疾風のように現れた会長の魂は、今、何処に、、、!?

今宵は、どんなドラマが待ち受けているでしょうか・・・

嗚呼・・・

2008年07月11日

家人の遠出!?

故あって、、、
我が愛する家人が、、、
暫く、チェンマイを離れます、、、

嗚呼・・・

その間、総てを任せっきりになっている、
生活の機能が完全にマヒするでしょう、、、
(鎮守様のお気持ちがよくわかります・・・)

嗚呼・・・

チェンマイからドンムアンまで夜行列車に乗り、、、
ドンムアンから国内線でトランに飛びます、、、

嗚呼・・・

タイの細長い地形を鑑みるに、、、
日本の北海道から沖縄に向かうような感じで、
まさに北の端から南の端への旅程と相成るでしょう、、、

嗚呼・・・

戻りはいつになるのやら、全く先が見えません、、、
その間は、ナイトバザールのお店も当然クローズになります、、、

嗚呼・・・

当初は、12日夜出発だったのが、、、
その日は、アッサニー&ワサンの、

ワールドツアーコンサート@ランプーン

にて、、、出発は、翌13日の夕刻に延期、、、


嗚呼・・・


16日は、本業において秋冬物の第一回目の出荷、、、
この前後、お客さんのチェンマイラッシュに始まり、
大切な用事が目白押し、、、

(「シェーン!! カムバ〜ック!!!」ならぬ、、、)
「カンちゃ〜ん!!(早く)戻ってきてね〜!!!」

嗚呼・・・

2008年07月10日

Mixi、98000を超えて・・・



<日頃より、お世話になっております、、、
ミクシー上での一コマです、、、>

★97000:2008年7月4日 16:17 アレキ様、、、
☆98000:2008年7月9日 13:21 真芯巌殿、、、

重ねまして、アレキ様、真芯巌殿、、、
非常に、際どい濃いキリ番をお踏み下さいまして、
誠に、誠に、ありがとうございます!!!

2ヶ月あまり、ミクシーの自身のページから遠ざかっており、
その間の、足跡は、見事なぐらい、、、
シーンと静まり返り、沈黙しておりました、、、

が、とりあえず、7月1日から、、、
また、ミクシー日記の方にも連日顔を出しています途上で、、、

ここまで来ましたからには、、、一つの区切り、ケジメとして、、、
当初の大目標としての、10万の大大大キリ番までは、
キッチリと、見届けたいものと存じます、、、

残り、2000弱、、、
97000から98000までが5日間を要しましたので、、、
一日平均、150〜200アクセス???

期待値を込めて、、、
今後、2週間以内のXデーが濃厚になってきました、、、

以前から、ご案内しておりましたように、、、

ファイブナイン=99999をゲットして頂きました、
ただ、お一人様(マイミクさんに限ります、、、)のお方に、、、

弊社チェンモードオリジナル、、、
一点ものネーム入り帽子をご贈呈申し上げます、、、
(この1点に限っては、原則として、直接お手渡しできます方向で考えております、、、)

98765番、99000番、100001番の方には、
タイフリーク厳選、*タイポップス15曲入りVCD*

100000番の方には、、、
* タイポップス15曲入りVCD*&プラスアルファ???

以上、5名の方様、、、

「一期一会」

どういう巡り合わせで、
人と人との縁(えにし)があるかわかりませんが、、、

最後!?のミクシー大大キリ番の宴・・・

ひやかしでも何でもかまいませんので、、、
皆々様、どうぞ、奮って、お越し下さいませ・・・

嗚呼・・・


TF拝、、、

2008年07月09日

「もっと深く、もっと楽しく」


ナイスショットは何パーセントの確率なのか、
それを知って次打に対するだけで、
馬鹿げたミスは未然に防げるのがゴルフというものである。
確率を知る―――これこそが上達の鍵なのだ。




日本アマチュアゴルフ界の巨匠、、、
中部銀次郎氏の「もっと深く、もっと楽しく」の、
装丁に記された一説である、、、

今から、5〜6年ほど前、、、
また、再びゴルフをやり始めようと決意した際に、、、
バンコクの古本屋で、200B(約600円)で求めたものだ、、、

表紙のカバーには、紀伊国屋書店のタグで、
700Bとプリントされている、、、


当時、何かに縋るように、、、
この本を貪り読んだ記憶がある、、、

ソステ、昨夜、ふと、埃をかぶった本棚の隙間に、
この本を何気に見つけ、ペラペラとページを捲るうちに、、、
それこそ、魂に沁み入るようにイッキ読みしてしまった、、、

今、一番、自分自身が、
ゴルフに対して抱いている疑問点や不可解さを、
やさしく、説きほぐしてくれているるような、

技術論というよりは、、、
精神的な心構えが謳われている、、、

<まさに、目から鱗だった、、、>


換言すれば、ゴルフに対する、、、
「心の有り方」を、静かに説いている、、、


スカス、、、

ただの精神論ではない、、、

実践に裏付けされた、、、
ゴルフ全般の研ぎ澄まされたエッセンスでもある、、、

当たり前の事で、実に気恥ずかしいのであるけれど、
その中で、大きく二つの点に感化された、、、

1. 自分自身の実力を正当に把握する・・・
とりたてて、自分を過大評価することなく、また過少評価でもなく、
今の自分の実力を、正確に自分自身が、弁えている事、、、

2.傲慢にならず、絶えず、謙虚にプレーする・・・
同伴競技者に惑わされる事なく、言い訳をせず、
コースに対して、誠心誠意、己のプレーに徹する、、、


自分の中では、常に自身の技術において、
大きなコンプレックスがあり、、、

大事な場面で、決まってネガティブな思考に覆われ、
自然、自滅していくのに、寧ろ、
自嘲気味にその諦め気分に浸っていたキライがある、、、

自信を持つべき時には、取り立てて卑下する事なく、
自然に、淡々と、それでいて、、、
仲間とプレーを楽しむ心のゆとりを持つべきでもある、、、



これを、読んだからって、、、
急激にスコアがよくなるわけでは、決してないだろう、、、

スカスのスカス、、、

自分の中で、漠然と靄が掛かっていた闇の部分に、
一筋の光明を得たのは事実である、、、



クラブは自分が振り廻すものであって、
人間が振り廻されるものではない。
この大前提をはっきり認識する必要がある。
そうでないと、いつまでたっても、
悪いのはクラブのせい、で片付けてしまい、
技術は少しも向上しないのだ。


「一打一会」から、「一期一会」ならぬ、「一読一会」

ステキな本との再度の出逢いに感謝しながら、、、

この本のタイトル通り、、、
ヘタクソは、ヘタッピなりに、、、

「もっと深く、もっと楽しく」

気の合うお仲間さんと元気にゴルフが出来る最上の喜びと、
この健康な体に感謝しながら、、、
「もっと深く、もっと楽しく」の一文を新たに心に銘記したいです・・・

2008年07月08日

「愛」と「哀」

「愛」と云う字面が好きだ、、、

「愛」の文字を繁々と眺めてみると、、、
不可思議な感傷が芽吹いてくる、、、

家族愛、自己愛、隣人愛、溺愛、偏愛、熱愛、性愛、、、

「愛」の概念は人、場、状況、タイミングによって、
微妙に違ったものに変容していくかもしれないけれど、

時代を超越して、形はなく、、、
それでいて、いろいろな色に染まってくる、、、

<<人を愛する>>

「恋」が一方的な己の思慕の情を押し抱くのに対し、、、
「愛」には、どこか、相手の気持ちを慮る究極の心遣いに似ている、、、



「哀」には、とてもいとおしいまでの切なさを伴う、、、

「悲しみ」は、客観的な心の痛みを示すように、、、
「哀しみ」には、胸の中に秘めた狂おしい想いが堰き止められている、、、

哀愁、哀願、哀憐、哀悼、哀哭、哀傷、哀惜、哀別、、、

いつ頃から、自分自身の中で、、、
「哀」と「悲」を区別して用いるようになっただろう、、、
「哀」には、その語感ゆえに、「愛」の響きを誘(いざな)う、、、

<<人を哀する>>


人を愛するが故に、哀しくなり、、、
哀しくなるが故に、人を愛する、、、

さすれば、愛と哀は、心の表裏一体なのかもしれない、、、

人に愛情を以って接し、時には哀情を覚え、、、
その哀情の迸りが、また、愛情の念に変わる、、、

人は、ひとりでは生きていけない、、、
ひとりでは生きていけないが故に、愛や哀が生じる、、、

愛すればこそ、哀し、、、
哀すればこそ、愛する、、、


目を瞑れば、「愛」の煌きが後から後から感情を覆い、、、
それは、やがて、諦念に似た「哀」の終焉に心を揺さぶられる、、、

「愛」と「哀」が、、、、
同時に逢い、同時に合いし、同時に遭いする、、、



嗚呼、愛よ、嗚呼、哀よ、、、

ワスを慈しんでほしい、、、

嗚呼、愛(哀)よ、、、

2008年07月07日

「篤姫」を26話までイッキ観して・・・

またもや、不覚ながらも、、、
「パンドラの箱」を開けてしまいました、、、

巷で評判のNHK大河ドラマ、、、
「篤姫」に心を鷲掴みにされてしまったようです、、、

まだ、興奮冷めやらぬ、呆けた頭で、
うまくコメントもできそうにないのですが、、、
「篤姫」についての感想を、2、3・・・




時は、江戸時代、幕末、、、
一番、人の価値観がガツンと引っくり返り、
混沌としていた時代でありましょうか、、、

おそらくは、大河ドラマ史上最年少!?の主役であろう、
篤姫役の、宮アあおいさん、、、
表情がクルクル変わり、何ともコケティッシュで愛らしい、、、

篤姫を軸に、彼女に絡む人間たちの生き様が、
心に沁みて、素晴らしい、、、


観方を変えれば、誰も彼も、そのシーンの瞬間、
ガツンとピンの主役を張っているのです・・・

やはり、何より、大好きだった連続ドラマ小説「さくら」同様、、、
脚本の田渕久美子さんが、原作の宮尾登美子さんを携え、咀嚼して、
大いなる人間ドラマの肉付けをしているからでしょうか、、、

女性の立場から観た細やかな台詞や立ち回りが、、、
随所に現れてきます、、、
頭をついて離れない印象的なシーンもテンコ盛り、、、

平幹二郎氏の渾身の演技、皆に憎まれ疎まれながらも、
幕末の薩摩藩の財政事情を一心に改善させた調所広郷の手腕、、、
後の薩摩藩勇躍の大きな原動力になったに違いありません、、、

高橋秀樹氏演じる島津斉彬の大局的見地から臨む、公明正大さと凛々しさ、、、
反対派を処罰することなく、「憎しみは新たな憎しみを生む、、、」
何よりも民のための政に心意を注ぐその姿勢、、、

幕府を囲む要職にも、、、
興味深い人物の人間像が浮かび上がってきます、、、
阿部正弘、井伊直弼、堀田正睦、徳川斉昭、松平慶永、、、

草刈正雄さんの阿部正弘が、
死を目前にして、死を賭して語った言葉には、
鬼気迫るものがありました、、、



他にも耳をついて、離れない言葉が、
たくさんたくさん後から後から出てきます、、、

篤姫の母親が語った「人の役割」、、、
大久保利通の母君が説いた「人間の誇り」、、、
篤姫の乳母菊本が自分を犠牲にして示した「女の一本道」、、、

どのシーンも、涙ナシでは観られませんでした、、、

また、明治維新の英傑である、、、
西郷隆盛、大久保利通などが、
初期から、実にバタ臭く、人間味豊かに描かれています、、、

とりわけ、大久保利通が、ある屈辱の中で、、、
「おいは鬼になりもうそ、、、」
と血の涙を堪えながら母親の前で吐いた言葉に電気が走りました、、、

後年、、、冷徹までに事務的に淡々と職務を遂行する、、、
大久保利通の原点をそこに観たような気がしたからです、、、

真偽は定かではないですが、
徳川十三代将軍家定の暗愚なのか、明哲なのか、、、
堺雅人氏演じるのは、凄まじいまでの苦悩と葛藤、、、

大奥で繰り広げられる、、、
序列を超えた女性たちの人間模様のドロドロの駆け引きと闘い・・・

スカス、一番心揺さぶられるのは、、、
おそらくは、篤姫ともう一方の主役、、、
小松帯刀にスポットが当てられている点でもあります、、、

あの坂本竜馬をして、、、
倒幕の一番の英雄として任じられ、、、
長命であれば、まず日本の曙の宰相であったに違いありません、、、

何しろ、西郷隆盛や大久保利通を束ねて、指揮し、
幕末を奔走し、混沌の日本を導いたのでありますから、、、

歴史的にそれほどあまり認知されていない、、、
小松帯刀の一挙手一投足が、フレッシュに人間味を帯びて、
観る者に、何かを訴えてきます、、、

7歳と年長の妻、お近とのやり取りには、
ワスのような鈍感な男でも、、、
心を締め付けられるように響いてきました、、、

物語の核である篤姫が、時代の荒波に翻弄され、、、
島津家分家より宗家の養女となり、公家の養女を経て、
武家最高峰将軍の、その正室、大奥の御台所へとイッキに駆け上がる、、、

嗚呼、、、頭の中がスパークしながら、、、
あれもこれもと交錯して、躍動して、言葉が紡げません、、、

書きたいことは、ヤマほどあるけれど、、、
最後に、篤姫の母親の言葉で書き留めた名文句があるので、、、
自分への戒めとして、結びにしたいです、、、

「一方を聞いて沙汰するな、、、
考えるのではなく、感じるようにしろ、、、
自分を信じて、感じるがままにまかせなさい、、、」

今の自分の五臓六腑にズシンと沁みました、、、



過去の大河ドラマにおいても、
それぞれ主役を張ってきた多くのステキな役者さんたちが、

篤姫の脇を固めて、渾身の脚本と演技が、
デスマッチの様相で、
それでいて実に伸び伸びと大らかに格闘技しています、、、

観る者は、ただただ、その「篤姫」と云う大河ドラマの大海原に、
身を委ね、考えるのではなく、
そのまま感じるようにしさえすればいいのかもしれません、、、

篤姫もようやく、中盤を過ぎて、
これから、佳境に入るところ、、、

ますます、見逃せなくなってきました、、、
今後は、ユルリとマッタリと、、、
静かに鑑賞を続けたいで、ゴワス、、、


この間、途中、某殿下とステキな邂逅がありましたが、
2昼夜かけて、1話から26話までの、イッキ観、、、
流石に、脳細胞の血管が麻痺してきました、、、

まさに、考えるのではなく、考えることすらできず、、、
そのまま、何かを感じ入り、果てました・・・

嗚呼・・・

2008年07月06日

穏やかな日曜日、されど・・・


ちょっと、おかしかった体調も改善してきて、
週末、、、ソステ、日曜日、、、

本来なら、オチャケ&ゴルフ漬けになるところ、
あえて、諸々のお誘いを、さりげなく辞退し、
早々と、帰宅、、、

どうしても、ぶっ通しの時間をかけてやりたかった事を、
この土曜日の夜から、日曜日にかけて、実行に移す、、、



また、夜が白々と明け、、、快晴そのもの、、、



今、ようやく、半分が過ぎたところだろうか、、、

涙腺は、何度緩み、暴発し、濁流にまみれたかしれない、、、

スカス、、、まだまだ、勝負は、これから、、、

嗚呼・・・


あせあせ(飛び散る汗)人生なんてどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)ー(長音記号1)・・・

2008年07月05日

A&Wワールドツアー@ランプーン

タイの音楽シーンを語る際、、、
どうしても避けて通れない、、、
タイミュージック界の大御所、、、

アッサニー&ワサン

何と今年、世界を股にかけて、、、
ワールドツアーコンサートを敢行します、、、

その一環で、7月12日、、、

チェンマイのお隣、、、
ランプーンの公営運動競技場にて、、、
A&Wのコンサートが開催されます、、、

嗚呼・・・



実は、もう随分前に、、、
ある方からの要請を受けて、
隠密裏にチケットの手配に暗躍していました、、、

噂だけが先行して、
実際に、A&Wのコンサートがあるのかどうか、
それすら危ぶまれていた状況の中で、

ランプーンで顔が利く家人のお兄さんのツテを頼り、、、
昨日、ようやくチケットをゲット、、、
その数、10枚、、、

事前の口コミにて、
即決で、10枚の行き先!?も確定・・・



チケットに印字されたワールドツアーの都市名を、
一つ一つ吟味してみると、なかなか興味深いです、、、

タイのピサヌロークを皮切りに、、、

<シドニー>、チュンポーン、<ロサンジェルス>、<ニューヨーク>

ソステ、、、今回のランプーン、、、

続いて、ウボンラーチャターニー、サコンナコン、<ロンドン>、ロッブリー、、、
最後は、、、<ラオス>においてフィナーレを飾る運びです、、、

全11都市、、、



実際に、ランプーンにおいてA&Wのコンサートが開催されるか否か、、、
正直、定かではなかったのですが、、、チケットが手に入った以上、、、
12日は、紛うことなく挙行されるのでしょう、、、


このコンサートを観ながら昇天してもいい、、、
と冗談ともとれない興奮で熱く語っていた○○、、、

とりあえず、賽は投げられました、、、

コンサートの入場料は全席自由席にて、
とんでもなく信じられないような安い料金、、、

当日は、一体どうなって、どうなっちゃうんだろうってぐらい、
チョッピリ、危惧するような安さです、、、

○○、、、お越しをお待ち申し上げております・・・


嗚呼・・・

2008年07月04日

嗚呼、今年のラムヤイ

あまり季節感のないチェンマイではありますが、、、
雨季のこの時期、市場を彩る果物などで、
僅かばかりの風物詩を感じます、、、

チェンライの某真翡呑様某真暈天殿の大邸宅とは程遠く、
もう築15年になろうかと云うボロ家の庭先には、

当初、ゴルフのパターの練習用に芝生を刈り入れたり、
いろいろな植物を添えて、無聊を慰めておりましたが、、、

子供たちの成長に合わせて、家を増築した際に、
スッパリと庭の半分方を処分しました、、、

雀の額程の庭はさらに見る影もなくなりましたが、、、
バナナジャックフルーツはそのままで、

その庭先のど真ん中には、
一際どでかい一本の「ラムヤイ」の樹が鎮座しております、、、

肥料など一切施した事もないですが、
毎年、勝手に適当に実を成してはいましたが、

昨年は、ほとんど実をつけることなく、
ラムヤイも一口食べたに過ぎませんでしたが、、、

今年は、もう早い時期からタワワに実り、
近所中に配り歩き、それこそ売るほど!?茂っています、、、

「ラムヤイ」は、タイ北部の代表的な果物で、
中国名では「龍眼」、英語名 では「Longan」などと呼称され、
小粒ながら、何ともジューシーで甘い味覚が癖になります、、、

ただ、旬の出始めはもう、口いっぱいに頬張るぐらいに食しますが、、、
そのうち、だんだん飽きてきて、勿体無いながらも、、、
知らないうちに腐らせてしまうのがオチです、、、



ラムヤイはまだ1ヶ月やそこらは、
市場を賑わしておりますでしょうが、、、

この時期、チェンマイにお越しの際には、
是非、ご賞味されてみて下さい、、、
(何なら、お裾分け致しますわーい(嬉しい顔)・・・)

2008年07月03日

チェンマイイミグレ90日超過滞在通知届出!?


タイにロングステイするすべての外国人は、
90日ごとに、イミグレーション等に出頭して、
現住所のチェックを義務付けられています、、、

チェンマイのイミグレーションは、
チェンマイ空港のチョイ手前で、、、
何度、この場所に通ってきましたことか、、、

いまだに、次の出頭日を忘れないように、
毎回、微妙に緊張感を余儀なくされておりますが、、、
今回は、日本の七夕(恋!?)の日でゴワシタ・・・

つまり、7月7日までにきちんと手続きを追えればお咎めなしですが、
これが、1日でも遅延しますと、、、
1日あたり、500Bの罰金???を徴収されます、、、

と云う事で、ちょっと5日ほど早めに、、、
2日、午前中に、「90日超過滞在通知届出」を、
無事に済ませてきました、、、


確か、前回4月10日頃に、、、
同様の手続きに向かった際に気づきましたが、、、

従来はチェンマイ・イミグレの入口からすぐ左側の平屋の別館から、
向かって右側の通常滞在期間延長手続きを行う建物に移り、、、
そのまた一番右端の窓口に変わっておりました・・・

手続きに要した時間は、約5分、、、

次回の出頭日は、スタンプに記された日付によると、
9月29日までに、訪問して、、、
チェックを受けることになります、、、

何とも面倒くさい事ではあるけれど、、、
チェンマイに、いや、タイに長期滞在する場合には、
どうしても避けては通れない大事な手続きの一つです・・・

その間に、国外に出れば、、、
一旦、そのカウントはリセットされ、
その日から、また90日以内に出頭する事になります、、、

いろいろとややこしいし、
正味、煩わしくて仕方がありません、、、

スカス、、、覚悟を決めて、、、

自分の手帳と卓上カレンダーの9月29日の覧に、
仰々しく赤色のマジックで○印をつけ、
忘れないように「イミグレ出頭」と書き込んでおく、、、

とりあえずは、3ヶ月の猶予、、、

嗚呼・・・




2008年07月02日

4本の珠玉のDVD

過日、ある方から日本映画のDVDを4本頂きました、、、

その方が大好きであると同時に、
人間的にも心の底から尊敬していますので、
DVDの内容はもとより、そのセレクトにも興味があります、、、

ここ暫く、ちょっと風邪気なのか、体調がすぐれず、
夕刻7時には、真っ直ぐ自宅に戻り、1枚1枚を吟味しながら、
結局、時間を忘れて完全に魅入ってしまいました、、、


「ALWAYS 三丁目の夕日」

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

「ラヂオの時間」

「ジョゼと虎と魚たち」



前者の2部作は、以前から評判を聞いていて、
自分も前々から観たくてたまらなかったもので、
後半の2本は、全く未知でした、、、

毛色が全く違う趣きながら、、、
どれもこれも素晴らしい作品で、
改めて日本映画の素晴らしさを堪能します、、、


「三丁目の夕日」2本で、
郷愁と懐かしさと人の情愛に涙し、、、

「ラヂオの時間」では、
丹念に計算され緻密なコメディーに衝(笑)撃され、、、

「ジョゼと虎と魚たち」では、
人間の業に苛まれながら、何とも不可思議な感傷に包まれました、、、


4つの作品に共通しているのは、、、
大人の童話のように笑い泣かされるのですが、、、
どれもホロリと胸を締め付けられるような切なさと哀感が漂います、、、


悪い癖で、ゆっくりと時間をかけて観ればいいものを、
まるで、明日がない!?みたいに、死に急ぐ?!ように、、、
4本のイッキ鑑賞・・・



夜が白々と明ける頃には、、、
何回泣いて、何回笑ったのか、わからないぐらいに
感情の起伏のジェットコースターにて、目が回ります、、、

スカス、、、
いつしか心の澱がとれたように、
風邪も治っていました、、、

本当は、一つ一つに、キッチリとコメントを入れたいところですが、、、
絶え間ない波のように、この心を突き動かされる感動の振幅を、
言葉で表現するには、何とも野暮ったくて、、、

素直にただただ、心に沁み入った静かな時間に浸っています、、、

決して、哲学のような闇雲に大風呂敷を広げるつもりはありませんが、、、

「人は生きている、、、」


もうそれだけで、何とも心癒される事が多々あるのではないでしょうか、、、

明け方、家人の入れてくれた、、、
とびきり甘いコーヒーを啜りながら、、、
「生(活)きている」事の喜びを改めて実感しています・・・

2008年07月01日

少しずつ、少しずつ・・・

ナイトバザールにアンテナショップを、
昨年の11月11日にオープンしたその日から、
プッツリとこのブログの更新は途切れました、、、

早いもので、あれから、もう7ヶ月あまり、、、

いろいろな事がありましたが、
ようやく長い、長〜いトンネルを抜けた、、、
そんな心境です、、、

曲りなりにもショップを運営していますが、、、
当初の予定と大幅に変更されて、、、

夕刻6時ぐらいから閉店11時までの、
営業時間になりました、、、

ただ、店番に特定の従業員を置けず、
その皺寄せで、家人の協力を強いることになり、
当然、家族の団欒をさえ犠牲にしてきました、、、

そこで、その一帯のナイトバザールの通り名に背きますが、、、
7月より、本来のアンテナショップの意図に立ち返り、
試験的に昼の1時から6時ぐらいのオープンに改めます、、、

フリーのツーリスト客はあまり当てにできなくなりますが、、、

訪ねて下さる懇意のお客さんのご要望が、
ある種、その時間帯においては便利であり、
家人にとっても大変都合がいいことになりますから、、、



ソステ・・・

この間、全く、触れる事がなかったこのブログにおいても、
また改めて、少しずつ、少しずつ、、、
日々の記録を残していけたなら、、、と念じています、、、