2007年09月06日

チェンマイ・ドールズ、心を残して!?

始まりは、2、3ヶ月前、、、

敬愛する人形師:夢弥呼御姉様からのメッセージ、、、

「以前、チェンマイプラザホテル内のショップで見た、
山岳民族の人形が忘れられず、訪チェンマイに合わせて、
是非その製作現場を見たい、云々、、、」


それから、実際に、そのショップに直接、何度か足を運び、
工房先を聴き出し、先方とコンタクトを取った、、、

Chiang mai Dolls

Making Center


木工製品他の一大エリアで有名な、
バーンタワーイにそのショールームがある、、、

製作工房は、それよりさらに2〜30Kms南下した、
サンパートーン郡の町外れに存在するようだ、、、

事前に、家人に下見に行ってもらい、
現場の人と顔見知りになった後、
夢弥呼御姉様の訪チェンマイを待った、、、

9月1日、、、
満を持して、夢弥呼御姉様とR様(陶器師)、、、
お二人のアーティストがチェンマイ入り、、、

それから、どちらへご案内しても、
お二人は、最大限に感激して下さり、
ご一緒させて頂く喜びを感じました、、、

わざわざ、チェンモードにも、
お越し下さったのです、、、


ソステ、最終日、、、
本命の「チェンマイドールズ」の工房へ、
家人の運転で行く事になります、、、

<スカス、工房は、流石に遠かった、、、>

ワスは、腫れ上がった口元を押さえながら、
あまりにも見苦しい格好で居るのに、、、

お二人との談笑が楽しくて、愉快で、面白くて、、、
一方で、、、
歯が痛くて、痛くて、それこそ、泣き笑い、、、



そうこうするうちに、、、
突然、車がスピードを落とします、、、

「チェンマイドールズ」の木の看板が、
優しげに、温かく、我々を迎えてくれました、、、

DSC01823.JPG

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。