2007年09月05日

運転免許証は戻ってきたけれど!?

過日、バンコクから、日本から、、、友人が、、、
さらには、チェンライからライ馬鹿の面々襲来、、、

その際、マグマ泰志殿をホテルにお送りする際、、、
ナイトバザール近くで、渋滞に巻き込まれ、

ズル!?して、左のレーンから、
交差点近くの一番前に進み出たところ、、、

警官による手動の信号操作で、、、
なかなか、前方の赤が青に変わらない、、、

そうこうするうちに、
若い交通巡査が車の窓をコンコンとやる、、、

「免許証を見せろ、、、」と云う、、、

不所持で、バックレルかどうか、
一瞬、躊躇したが、
そのまま、免許証を提示してしまった、、、

その刹那、前方の信号は青に変わり、
その警官は、免許証を取り上げたまま、、、
右折して、車を停止し、後について来いとのたまう、、、

面倒クサイのだけれど、、、タイでは、
「泣く子と警官には、勝てぬ!?」
であるので、不承不承、指示に従う、、、

申し訳ないのは、同乗されている、
マグマ泰志殿だ、、、
同乗ならぬ、同情の眼差しをワスに向けている、、、

結局、何度も食い下がったが、
交差点の停止線オーバーの名目で、
チケットを切られた、、、

そのチケットは、免許証代わりで、
一週間の期間内に指定の警察署に寄って、
罰金を支払い、免許証を返却してもらう構図である、、、

翌日、流れの中で、
指定のワローロット市場近くの警察署に立ち寄り、、、
とりあえず、罰金の内容を吟味した、、、

この時、心の中で、決意していた、、、

<200Bまでなら、即、支払おう、、、>


スカス、係官は、どうしても、
400Bを譲らない、、、

以前であれば、公共の機関でも、
何となく、融通が利いたのだが、、、
今はなかなか、不自由になってきた、、、

仕方がないので、
その場では支払わず、

禁じ手としていた奥の手!?で、、、
家人(奥方の手!?)にチケットを頼んだ、、、

家人は、7人兄弟で、
上から3番目のお兄さんが、
ハンドンエリアのベテラン警察官である、、、

高々、400Bと200Bの差で、
大人気ないし、非常にセコイのではあるが、、、

取締りの警官の態度に対しても、
非常に理不尽なものを感じ、、、
ミスミス、400Bを支払うのは、腹立たしかった、、、

あれから、5日間、、、

昨夜、歯痛治療の後、あまりの苦しみに、
自宅で、涙を流しながら、のたうち回っていると、、、

かみさんが、「ホラ、、、」

と、、、久方ぶりに見る、ワスの運転免許証が、
何事もなかったように戻ってきた、、、

<それまで、運転免許証不所持で、
大変、冷や汗ものだったから>



以前なら、義兄の顔パスで、
そのまま、罰金も支払わず、
免許証の類も返却されたのだが、、、

今では、法律も、より厳しくなり、、、
100Bだけは、支払ったようなので、
後で、ちゃんと、お返しした、、、

スカス、、、

よくよく考えてみると、、、
この、100B、200Bをセコク切り詰めるために、
余分な人の手を煩わせ、多くの時間を割きながら、、、

何でもないと高を括っていた、、、
歯の治療2本で、

2万バーツもの請求!?

<これまた、何と理不尽な、、、>

「長い物には巻かれろ、、、」式で、
ワスも随分、人間が丸くなったつもりであるが、、、

いまだに、タイでの暮らしにおいて、
時々、どうにも、腑に落ちない、
納得できないことがある、、、

スカスのスカス、、、

今、ようやく、偏頭痛の原因がわかった、、、

右奥上の歯茎が大きく腫れ上がり、、、
右目が顔面神経痛のように、ピクピクと動きながら、

顔の右半面が、もう、ハンパじゃなく、
キリキリと締め付けられるように痛い、、、

<運転免許証は戻ってきたけれど、、、>

一難去って、また一難、、、

日本に一時帰国するその前までに、
何らかの、ケリをつけねばならない、、、

<女々しいのは、よくわかってはいるけれど、、、
(心が)痛いよう、、、お母ちゃ〜ん、、、嗚呼・・・>

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。