2007年07月08日

娘とバイクでツーリング!?

土曜日は、朝から大忙し、、、

Tシャツの柄&サイズ合わせを含めて、
ある突然のミッション!?のため、
20Kms離れた会社と市内を3往復???

また、土日は、家人が子供たちの用事絡みで、
たった一台しかない車を運転するため、
通常、ワスはバイクを使用することになる。

この日、午前中は、
家人と娘&息子がワスと一緒に会社を2往復、、、

午後からは、家人に車を渡し、
ワスはバイクで別れて移動、、、

その時、娘がどうしても、
学校の教科書を購入しなければいけないと云う事で、

この日は、習い事を休んで、、、
何故か、期せずしてワスと、、、

バイクツーリング?!

娘が、幼稚園、小学校の頃、、、ピンチの折、、、
本当に僅かに数えるぐらいではあるけれど、
学校への送り迎えをしたことがある、、、

スカス、中学校に上がってからは、
ワスのバイクのケツに乗ったことなどない、、、

ント・・・云うより、
ワスに近づこうともしなかったはずだ、、、

さりげなく、唐突に、娘が、無言で、
ワスのバイクの後ろに乗っかる、、、

<何とも妙な気分だ、、、>


バイクを慎重に運転する、、、

徐々にスピードを上げる、、、

やむにやまれず、急ブレーキをかける、、、

娘がワスの背中に体を預けてくる、、、



ここ、チェンマイでは、日本人男性とタイ人女性で、
親子以上に、あるいは、祖父と孫ぐらいのカップルも、
少なからず、いらっしゃいます。


<ワスと娘は周囲の目に、
どのように映るのだろう???>


スリウォンブックセンターを廻り、
まずは、学校指定の教科書を購入する。

途中、ミッションの流れの中で、
頭領若旦那のお店にお邪魔したりします。

あれだけ、晴れ上がっていたのに、
突然の雨模様、、、

至急、娘を自宅に送り、
また、会社にバイクで一旦、戻らねばならない、、、

娘を自宅に下ろす、、、

<何だか淋しいような、ホッとしたような、
そんな、複雑な気分だ、、、>


女の子と云うよりは、スラリとフックラと、、、
年頃の女性になった我が娘が居なくなった後部が、
何と軽々しく感じたことよ、、、

ほとんど、二人で会話を交わすこともない、、、
そんなバイクの前と後ろで1時間あまり、、、

ワスの勝手な思い込みに過ぎないかもしれないけれど、、、
それでも、束の間、親娘の情感が通じたような気がした。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。