2007年04月13日

(前編)「ソンクラーンイブ」打ち上げパーティー!?

過日、11日、、、

連日キリキリと精神的に追い詰められながら、
今季、最後のチェンモードの出荷を無事終えた、、、

その直後、まさにその直後、、、
ワスは、従業員たちのちょっとした行動&軋轢に、、、

キ・レ・タ!?

日頃、いるのか、いないんだか、
昼行灯のような<仏のお兄ちゃん!?>
で、通っていた、このワスが、、、

人前で感情を顕わにしてしまったのだ、、、

タイ人スタッフの前では、
絶対やってはいけないこと???


非は間違いなくスタッフ全体にある、、、

スカス、それを蔑ろにしていた責任は、
自分に帰する、、、

仕事納めの12日、、、従業員皆で、大掃除を終えた後、、、
会社内であるいは外で、ちょっとした会食の宴を、
計画していた、、、

さらには、まだ、会社全体の利益がプラスに計上できないので、
従業員に対して直接のボーナスは無理であったが、、、

ワスのポケットマネーから、従業員一人一人に、
ささやかながら、ちょっとした心づけを考えていた、、、
(ワス自身、借金まみれではあるけれど、、、)

スカス、そんな気持ちは全て吹き飛んだ、、、

<パーティー、、、ヤメヤメ、、、>

肝心な自分のうちにもまともにお金を入れられないくせに、
誰が、会社のアカの他人の従業員の為に、
ない金を遣わなきゃいけないの???

<無性に腹が立ってきた、、、>

その従業員たちの失態の内容については、
あまりにも低次元過ぎるので、、、
恥ずかしくて、ここでは触れられない、、、

スカス、21人の従業員たちは、
ワスのあまりの剣幕に、かなりたじろいだことだろう、、、

ワスは毒突いて、夕闇の中を帰っていった、、、



7時過ぎ、、、
ピン川沿いの「ティップロット」で、
仲間うちで食事会、、、

メンバーは、、、

若旦那、、、
ノリさん&Yさん、、、
太怒喜親父殿、、、


さらには、日本から、ネット上で最も熱く交流している、
リアル友のマスターがその日チェンマイ入りされており、、、
賑やかな夕餉の宴になった、、、

ワスは、まだ、従業員たちに吐いた暴言で、、、
胸糞が悪いまま、軽い興奮の最中にいた、、、

正直、こんなにも21人ものスタッフに対して、、、
気を配り、己を犠牲にして、
心を砕いてきたつもりだった、、、

それが、、、

<全てがアホらしくなって、、、
仕事も何もかも投げ出したくなった、、、>


ワスは、金とかの損得勘定では決して動かないが、、、
どこか浪花節気分が抜け切れず、、、

人間と人間との信頼関係が損なわれた時は、、、
完全に網膜のシャッターさえ下りてしまう、、、


<美味しいはずの食事が喉を通らない、、、>


ふと、見れば、、、
太怒喜殿の髪の毛が短い、、、

聴けば、事情があって、、、
成り行きがあって、バッサリ刈ったと云う、、、

その流れの中で太怒喜殿は、様々な失敗談を、、、
まるで道化のようにオブラートに包みながら、、、

ご自身の生活や仕事の一部を曝け出して、
面白可笑しく話して聴かせて下さいます、、、

<何かが、脳裏の中で交錯して弾けた、、、>

それまで、耐えに耐えていた自分の中の最後の防波堤が、、、
太怒喜親父殿の話術に落ちて、笑いながら、、、
それでいて、涙が止まらなくなった、、、



自分の中では、アパレル関係の仕事が、
全く性に合っていないことを重々に承知している、、、

どこか、無理をしているし、、、
知らない間にスタッフばかりが増えていき、

彼女たちの家族や生活の全般を含めて、、、
責任ばかりが膨れ上がり、
どうにも息苦しくなっていた矢先だった、、、

<辞めちゃおうか???>

そんな言葉ばかりが脳裏をかすめる、、、

その後、ニマンヘミンに河岸を変え、、、
若旦那と共に、マスターを、
生ちちの「モンミルク」にご案内する、、、

そこで、転居されたばかりの鎮守様ご夫妻と合流、、、

ワス自身、顔では笑っているけれど、、、

<心の中は土砂降りの雨、、、>


従業員には、翌12日は、
ワスは会社にもう出ないと啖呵を切っていた、、、

束の間、生ちちで魂の疲弊が癒される、、、

スカス、その夜は、、、
<悔しいやら、哀しいやら、、、>
何にもする気が起きない、、、

<いっそ、何もかも白紙に戻してやろう!?>

そんな、ネガティブな発想ばかりに捉われる、、、

タイ語コミュの記事更新も一切できなかった、、、
ネット上でのご返事も上の空で、
箍が外れたように、イタズラに時間だけが過ぎていく、、、

寝ればいいのだが、、、
余計に頭の中にドンヨリとした霞がかかったように、、、
軽い偏頭痛と共に、何も手につかない、、、

<また、白々と夜が明けてくる、、、>


そこで、ふと、あることが閃いた、、、

以前、鎮守様より頂戴したまま、
封印していた、、、

宮城谷昌光著、、、

「孟嘗君」全5巻、、、

まさに、イッキ読み、、、

鎮守様には、以前、同著「楽毅」をご紹介されており、、、
同じ、中国は紀元前戦国時代の勇猛壮大な大河絵巻、、、

ページをめくる手ももどかしく、、、
太古の男のロマンに想いを馳せた、、、

仕事のことやそれに付随する人間関係の柵、、、
そういうものを一切忘れて、
本の世界に没頭していた、、、

そうして、5巻のまさに最後の最後、、、

田文(孟嘗君)が、死を迎えるもう一方の主役の雄である、、、
育ての親、白圭(風洪)から、一つの指針を頂くシーンがある、、、

このやり取りと言葉に沁みた、、、

白圭は死の床に就いている、、、


続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。