2007年04月10日

タイ映画「フェート」を観て、、、

1昨年ぐらいまでは、
週に3回ぐらいのペースで映画館に足を運び、、、
封切りの映画を含め、映画三昧の生活を送っていたが、、、

昨年からは、ピタっと映画を観に行けなくなった、、、

さて、今、上映中の映画の中で、
子供たちにどうしてもとせがまれて、
マーシャ主演の

「フェー(ト)」(双子)

を観に行った、、、

実は、タイに来てすぐ以来の、隠れ大マーシャファン、、、
(別に隠れる必要はないのであるが、、、)

好みにもよるのでしょうが、、、
当時からマーシャの美しさは際立っており、、、
昔の初恋の彼女のイメージとそのまま重なって、、、

今も、バリバリ頑張っているマーシャに、、、
大きな大きなエールを送りたい気分、、、

ただ、この映画、、、周りの日本人の感想によると、、、
押し並べて、評判がよくない、、、

そういう先入観もいけないのであるが、、、
ワスもB級ホラー映画のちょっとした気晴らしに、
ただマーシャの顔を拝みに行くぐらいのつもりでいた、、、

<スカス、それが、大間違いであった!?>

日曜日、、、スタートは夜7時半、、、
20分以上遅れながらも、チケット売り場で無理に頼み込んで、
親子3人で会場入り、、、

期待していなかったのであるが、、、
正直に告白すれば、、、最初から最後までずっと、、、
完全に映像に引きつけられてしまった、、、

タイトルの「フェー(ト)」は双子の意味であるが、、、
双子は双子でも、、、

<フェー(ト)・サヤーム>「シャム双生児」の物語、、、

feet.jpg

始まりは、ちょっと遅れて入ったので、
出だしの内容がよくわからなかったのだが、、、

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。