2007年04月02日

「80(人)小僧合同出家式典」

4月1日、日曜日、、、

会社の事務方Dさんの息子さん(8歳)が、
1ヶ月に亘る、出家に臨むことと相成った。

出家して、修道者になると云う事は、
タイ国民において、まさに男子の本懐、、、


通常、タイ人男子は、一生に、最低一度は、
仏門に入る慣習があります、、、


ソステ、その行事式典の内容は、
決して決して、軽いものではなく、
家族、とりわけ、父母にとっては最高の誉れです。

一般男子の出家のご利益は、その本人ばかりでなく、

結婚前に出家すると母親に、
結婚後に出家すると配偶者に、


それぞれ、出家の功徳がもたらされるものと信じられています。

場所は、チェンマイ大学近くの運河沿い、、、

「ラムプゥ〜ン(グ)寺」

shukke 018.jpg
<「ラムプゥ〜ン(グ)寺」入り口>

何がスゴイって、、、

shukke 019.jpg

今年、プミポン国王満80歳を記念して、、、
7歳から15歳の男子が、、、80人集まり、、、

<80小僧合同出家式典>

非常に感動的で誠に壮観な眺めでございました、、、



Dさんは、まず、この子供たちが夏休みの時期、、、
息子を出家できる段取りで、かなり前から奔走していた。

さらに、いざ、その出家式典に参加できることが決まった後、

今度は、その出家の準備のため、
息子に心構えから、僧との問答のイロハを、
世話役さんを通じて教え込んでいく、、、

そのやり取りにビッチリと一週間、、、

そういう有形無形の、肉体的精神的準備期間を経て、
とうとう、この日の「80小僧合同出家式典」と成る、、、



続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。