2006年12月20日

第一回目納期、大口出荷を終えて、、、



連日、胃の痛くなるような緊張感の中で、
今日、20日、ギリギリで、
第一回目の大口出荷を終えた。

<全身を襲う虚脱感、、、>

何もかもが、手探り状態で、
果たして、取引先のご希望通りに、

仕上げ、チェック、パッキングまで、、、
無事に終えられるかどうか、、、???
半信半疑だった、、、

僅か600個に満たない製品ながら、
1ヶ月近い時間を要し、、、

ここ2、3日は、従業員が総出で、
朝8時半から、夜の11時半まで、
残業を繰り返す、、、

シルクの縫い合わせが実に難しく、
熟練の技術を要する、、、

どうしても数が作れない、、、
一つ一つが手作業に委ねられる、、、

また、細かい花の細工や、ステッチ、、、
見ていて、気が遠くなるような作業の繰り返しだ、、、

ワスはというと、男手が一人だけなので、
ひたすら雑用と力仕事を一手に引き受ける。

梱包用の箱を用意するのに、
内箱4つに対して、大箱一つのセットを、
いくつもガムテープで組み立てていく、、、

shukka(1) 001.jpg

帽子の支えになる内紙や
形崩れしないように中紙などを、
ひたすら作っていく、、、

また、品質表示やラベルに間違いがないか、、、
一つ、一つ、全品検査していかねばならない、、、。

それでも、たまにミスを見つけるので、
そうなると、大急ぎで、改善せねばならない。

そんなことの繰り返し、、、

特に最後の3日は、本当に参った、、、

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。