2006年12月04日

<序>「希望の家」バザー in ニマンヘミン




これまで、自分の中では、
ボランティア、バザーなどという言葉は、
完全に無縁の世界でした、、、

なかなか他の誰かのために何かをする、、、
という行為が、どこか、敷居が高くて、

自分自身の卑しい心根の中に、
偽善の匂いを感じていたからです。

スカス、本当に自然体で、地に足をつけた形で、
地道にボランティアなり、側面からご支援なされている、
素晴らしい団体やグループも、数多く存在しているはず、、、

今回、ニマンヘミンで、どっぷりと腰を据えて、
種々の活動をなされている、Miさんとお知り合いになり、、、
まさに、その趣旨に賛同しました。

Miさんは、 ニマンヘミンで、
ベトナム料理の「ノンカイヌードル」というお店を持ち、

12月2、3日にお店で、
「希望の家」のためのバザーを開催されるとのことです。

このMiさんが、もう、とにかく全身全霊で、
仕事にも、何事にも全力投球なされているんですよね。

バザーとか、「希望の家」についての、
事前の知識は何にもなかったのですが、

Miさんが何かをされるのであれば、、、
何かお手伝いをさせて頂きたい、、、
そういうふうに感じさせるカリスマ性があります。

Miさんは、いつも体中、汗水だらけで、
全く手抜きなしで労働している、、、
という形容がズバリあてはまるスゴイお方です。


前置きが長くなりましたが、、、

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。