2006年11月30日

第2回「チェンマイ沁みる"生ちち"の会」


つい、先日、ニマンヘミン通りの、
感動の「モンミルク」をご紹介しましたところ、

いろいろな様相を呈して、機運が熟し、いきなりの形で、

「第2回生ちちの会」


が開催される運びになりました、、、

初回は、11月17日(金)で、
あれからわずかに12日しかたっておりません。

実際、ワスにとって、第1回の生ちちの会では、
会が終了後、ギリギリ駆けつけ、

外でお集まりの人にかすかにご挨拶したに過ぎず、
今回、初めての集いでの生ちちのご賞味になります。

続きを読む

2006年11月29日

チェンモードオリジナル商品、バンコクへ、、、



10月10日、バンコク出張の折、
とてつもない土砂降りを食らいながら、
→こちら!

今後のタイシルク100%などの、
生地の素材をバンコクから調達する手筈が整った。

その生地工場代表者のPさんから、
Tさんという一人の日本人の方をご紹介されました。

Tさんは、12月1日に、バンコクの東急1Fで、
オシャレなファッション店をオープンされます。

そのバンコクの土砂降りのニッチもサッチもいかない夜、
わざわざ、出向いて下さり、Tさんと仕事の話をしました。

当初は、高級バッグや、キーホルダーなどの、
パーツの下請けのような細かい手作業を依頼されましたが、

その後、チェンマイなどでミーティングを重ねつつ、

同じやるのであれば、本職の方で、
勝負させて下さいとお願いしました。

その結果、お店のオープンに合わせて、
高級レディースファッションハットを3点ばかり、、、
店頭に置かせて頂く事になったのです。

主に日本向けの輸出品としての帽子を扱いながら、
日本の厳しいニーズに即した帽子の製作に、
これまであたってきたものと自負します。

ただ、開業間もないチェンモードとしては、
初のバンコク進出、、、

続きを読む

2006年11月28日

ニマンヘミン「モン」の生ちち&パン



過日、Mataさんよりご紹介があり、
ニマンヘミン通りにある「モン」という、
洒落た生ミルク&各種パン&アイスの店を知った。

これは、まさに衝撃的だった。

冗談抜きに、自分にとっては大事な人との出会い、、、
それに匹敵する、お店との「一期一会」でした。

ただ、その時期、いつものごとく泥酔状態でもあり、
一度、アルコールをきっちりと抜いて、

厳かな気持ちでその場所を再訪したいと、
ずっと心の中で念じておりました。

この度、その機会が比較的早い時期にやってきたのです。





続きを読む

2006年11月27日

バイクで快適?!通勤、25km、、、



日本の運転免許証は、普通自動車と、
一応、インチキながら???
自動二輪の限定解除を保持している。

スカス、ここタイでは、
バイクをクラス分けしていないので、
バイクの免許証ですべての排気量をも運転できます。

自宅からオフィスまで、約25km、、、
途中、二ケ所、信号があるだけで、後は一本道、、、

これまでは、車で最高時速100〜120km
平均時速90kmとしても、
20分ほどでついておりました。

それが、バイクになると、
原付にちょっと毛の生えたぐらいの排気量ですので、

最高時速は、せいぜい60〜80km
平均時速50kmでいきますと、
やはり30分はかかります、、、

スカス、、、この感覚はしばし忘れておりましたが、
この時期のバイク走行は、天候がカラッとしていて、
最高に清々しく、かつ気持ちがとてもいいんです、、、

スーパーハイウェイを越えると、
そこは、ちょっとした田園風景、、、

サンカンペンの土地は、
遠く温泉地域やゴルフ場まで繋がり、
昔ながらの素朴な自然の彩りが続きます、、、

道を挟んだ両サイドは、
乾季によるどこまでも刈り上げられた田んぼ、、、

所々で、牛がのんびりとあくびをしているような、
そんな穏やかな時間の奥行きすら感じてしまう、、、

<車が大破して、暫くは、バイク通勤、、、>

続きを読む

2006年11月26日

断酒宣言!!!




電灯一つない真っ暗闇が続く、
ピン川支流の狭い裏通り、、、

いつも酔っ払って、何十回、何百回と、
目を瞑りながら身体に沁み込んだクネクネ道、、、

ほの白く、一瞬、目の前を猫か何かが駆け抜けた、、、

その瞬間、ハンドルを左に切り、
ガードレールのない崖っぷちから、
そのまま川の中に突っ込んだ、、、

乾季だというのに、
雨季の名残からか、水嵩はまだまだ高い、、、

頭から雪崩れ込んだ車は、全く光のない、
真っ黒い墨を塗りたくったような水面(みなも)に、
静かに、そして確実にのめり込んでいく。

<焦るな、焦るな、、、>


一瞬にして酔いも眠気も吹き飛んだ、、、

締め切った窓ガラスの中にも、
粘質のネバーっとした水が容赦なく溢れてくる。

<ウ〜、苦しい、、、もう、アカン、、、>

完全な暗闇の中で、もがけばもがくほど、
シートベルトが外れない、、、

アッとという間に目元まで水が流れ込んできた。
口を上に向けてアップアップするが、
その僅かの空気の隙間も完全に水に覆われた、、、

爪が剥がれるほど、ベルトを掻き毟りながら、、、
完全に風前の灯火を悟り、己のバカさを訝った。

<もう、遅い、、、>


すべてを諦めたその刹那、、、

心臓の鼓動が急に大きくなって聞こえてきた、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






続きを読む

2006年11月25日

<サプライズ=ハッピー=バースデー!>





布石は1週間以上前に遡ります。

チェンマイオフ会、チェンマイ交流会を終え、
その集いの中で多くの新しい出会いがありました。

その会の中で、
年の頃なら2周り以上もお若いかという、
Mさんから、、、

<24日、二人っきりで飲みに行きましょう!>

ってお誘いを受けました、、、

こんなおっちゃんでも、
鼻の下を伸ばすのは当たり前です。

と云うのはまあ冗談ですが、、、
彼女が深刻な問題を抱えていて、
何か相談があるのかな、、、ぐらいに考えていました。

ソステ、前日の23日、彼女からコンタクトがあり、
「山珍海鮮王」という有名中華料理店に予約を入れたと云います。
午後7時、、、スカモ、VIPルームですって、、、

<まあ、何て手回しのいいこと、、、>


続きを読む

2006年11月24日

チェンマイに恩師来たりて、出肝日継続中!




11月23日、日本なら勤労感謝の日、、、

「今宵こそは、酒を抜こう、、、」
そう心して、気持ちも軽やかに、、、

夜7時過ぎ、子供たちを連れて、
久々に早めにうちへ戻ったところ、、、

まさにその瞬間、
ケタタマシイ自宅の電話の呼び出しベル、、、

娘が出て、、、

「オトーサン、トーラサッ(プ)、、、」

<非常にヤバイ予感がしました、、、>


普通は、見知った人なら、皆、
ワスの2台の携帯のうちの、
どちらかにかかってくるはず、、、

気持ちが動揺しているのがわかる、、、

<今日こそは、アルコール抜きだぞ、、、!>

もう一人の、自分が耳元で囁く!!

受話器を耳にあてる、、、

「Yです、、、」

この瞬間にワスの決意の砂上の楼閣は、
音を立てて、崩れ落ちていきました、、、



続きを読む

2006年11月23日

チェンマイも時至り、ようやく、エアコンを切る!





<ウウ、サムイ!?>


気づいたら、小さな小猿が、
ワスのベッドの中で、
薄い毛布にくるまっていた。

よく見れば、我が分身(白髪ではなく、、、)、
正真正銘、息子のアトムだった。

幼稚園、小学校1年生、2年生、、、と、
クラスで一番のチビで、そのくせ、

ずっとカケッコだけは一番早くて、
毎年運動会で金メダルの表彰を受けている。

それが、娘と同じで、
この一年の間に急激に背が伸びて、

今、小3のクラスの中で、
背丈はちょうど中間ぐらいになっている。

最近、この小猿がワスによく絡んでくる。
何となく、この小猿が可愛くて仕方がない。

家人が子供たちの学校の放課後、
それぞれの塾が終わったぐらいに、、、

バイクを飛ばして、二人を迎えにいき、
そのまま、ナイトバザールで過ごします。

それから、夜の8時前後に、今度は、
家人をそのままナイトバザールに残して、
ワスが子供たちを出店に迎えにいくことになります。

それまで、子供たちとは、すれ違いが多く、
ほとんど会話らしい会話もなかったけれど、

<怪我の功名からか、、、?!>

どこかで、一緒に食事をしたり、車の中なんかでも、、、
自然と言葉を交わす時間を共有するようになった。

そうこうするうちに、娘が白髪を探してくれたり、
息子がワスのシングルベッドの中で、
寝転がるように近づいてくれ始めたんですね。

子育ては、家人に、117%
完全に任せっきりになっていたうえに、

他ならぬ、ワスこそが、
一番手の掛かる大きな子供であったような気がする。

まあ、、、家族の話はどうでもいいのですが、、、

続きを読む

2006年11月22日

<鎮魂歌>「白○」が全部で<●1●>本!?




例えば、真っ白い髪の毛であれば、
タイ語では、<ポム・カーウ>、、、
「白い髪(の毛)」になりますでしょうが、

一本、二本と、ホツレホツレに白髪が垣間見える時、
<ポム・(ン)ゴー(ク)>、あるいは簡単に、
<(ン)ゴー(ク)>というのが相応しいでしょう。

ワスは、とにかく髪の毛がウルサイぐらいに、
ガサガサしていて、放っておくと、
すぐに山笠のアフロヘアようにの膨れ上がります。

独身時代は、散髪屋さんにいくことなどなく、
ずっと丸坊主か、適当に自分で刈ってはいたけれど、、、

タイに住むようになってから、
理容師の免状を持つ家人に、
適当に髪の毛を梳いてもらっていました。

http://thaifreak.seesaa.net/article/22257951.html

最近、時間の観念があまりないので、
よくよくわからないのでもありますが、

少なくとも、8月12日に家人に髪を刈ってもらって後、
この3ヶ月強の間に、、、自分の中で、
一大変事が起こっていたことになります、、、


続きを読む

2006年11月21日

<タイフリークのちっちゃなおみせ>




花博期間中
ナイトバザールアヌサーンマーケット内で、
ちっちゃなちっちゃなブースを借りまして、

チェンモード自社製品というよりは、
主に花博関連の商品に絞って、
ささやかに陳列して販売しています。

このことにつきましては、
不定期にこのブログでも取り上げておりましたが、

今ひとつ確信をもって、
その場所をご紹介できずにいました。

と云いますのは、わずか2週間ぐらいの間に、
その狭いエリアではありますが、当局の都合もあり、
5回も場所の移動を余儀なくされてきたからです。

その度に、民族大移動よろしく、、、
カバンや服、帽子や陳列棚を上下させて、
エッチラコッチラと運びました、、、

報酬は近場にあるビアガーデンでの一杯???

<まあ、これは、お約束で、確かに、沁みます!>

続きを読む

2006年11月20日

幻の休肝日、、、???



この一週間は、いろいろ有りまして、
何が何だかわからないうちに、
時間だけが過ぎていきました。

18日(土)
3週間強に亘ってご滞在された大御所様が、チェンマイを去り、
同日、日本よりの大切なお客様も続いて去って行かれました。

前後して、日本からの様々な人たちが、
チェンマイに立ち寄っては、ご帰国なされます。

ワスは、日頃、昼食は全く摂りません。
朝晩の2食だけです。

それが、ここんところは、しばらくずっと、
昼食プラス明るいうちから色つき水、、、

<そりゃあ〜、太るはずです!>
続きを読む

2006年11月19日

CLゴルフ、ニュークラブでハーフ46!?





まず、お断りしておきたいのが、、、

チェンマイランプーンゴルフクラブは、
フェアウェーが狭くて、OBゾーンが多くて、
グリーンがトリッキーで、本当に難しいんです、、、

メンバーでもあり常連コースにしております、
グリーンバレーに比しても、
スコアで、酷い時には、5〜10ぐらい悪く違ってきます。

かくいうワスも苦手中の苦手コースです。

前日のミクシー杯、交流会、ライブコンサートと違って、
この日は、あくまでも取引先の方との親睦を兼ねた仕事の一環、、、

何度かこのブログにもご登場頂いております、、、
CLゴルフ場のオーナーの婿殿でもあり、
バンコクで生地の織り&染め工場を経営されているPさん、、、

<ワスは日本贔屓のPさんを親しみと愛情を込めて、
日本語で「せんせ〜い」と呼ばせてもらっています!>


続きを読む

2006年11月18日

Ice+Aof+Peckライブin「Fashion Paris」




15日は前日からのほぼ完徹を引っ張り、
逝っちゃうことを半ば覚悟の長い、長〜い一日でした。

第一回ゴルフミクシー杯、12バンダー昼食会、鎮守様宅にお邪魔、、、
シェラトンHベーカリーでバースデーケーキの手配、、、
大御所様誕生日会&ミクシー杯打ち上げ&チェンマイ交流会、、、


<ビール&銘酒山田錦&ランプーン産どぶろく&
電気ブラン&ヘネシー、、、ヘロヘロに逝きました!>


ソステ、留めは、何と、チェンマイは、
「Club Fashion Paris」で、グラミーの3アイドル歌手、、、
Ice&Aof&Peckのライブコンサート、、、

<こいつは、沁みました、、、>


始まりは、
タイポップスに非常に詳しいMさんからの、
執拗な何通ものご案内状メール、、、

セントラル近くのクラブファッションパリスで、
(以前Dan&Beamライブで場所は了解済み!)

何と何と、あの、Ice、Aof、Peckが揃い踏み!!!


<女の子のように可愛らしいPeck、、、>

<若手歌唱力抜群実力派のAof、、、>

<今が旬のバリバリアイドルIce>



それぞれが、ピンでも強烈なキャラなのに、、、
3人が一堂に会してライブというのだから、、、
ちょっとたまったもんじゃない、、、


スカス、、、おそらくは、、、

<その時間帯は完全に逝っているからまず行けそうにない、、、>

と泣きが入っておりましたが、、、

最後は、

<日本からその時間帯に電話を入れるから、、、>

というMさんからの熱いメッセージを頂くに及んで、、、

もう潰れることを覚悟のうえで、グラミー3アイドルのライブ、、、
<迷ったら、GO!>で、逝ってきました、、、
元へ、行ってきました、

交流会からの引き続き2次会?!参戦者は、、、


続きを読む

2006年11月17日

ミクシーチェンマイ交流親善会、その後、、、




11月15日、、、

その12日前の11月3日に、
初のオープン参加形式でのミクシーオフ会を、
このチェンマイで終えたばかり、、、

<あの時は、、、マジにちょっと緊張しました、、、
だって、ほとんどが初めて会う人ばかりでしたもん、、、>


スカス、この日は、努めて努めて、、、
ザックバラン、、、ネーム表示もなし、、、

とにかく、先日のミクシーオフ会に絡み、、、
少なくともワスにとっては、皆、顔見知りの方ばかり、、、

場所は、チェンマイでも屈指のオシャレなお店、、、

「ジガンティア」

☆ 開催趣旨(名目)

1. 大御所様お誕生日会(まさにその当日)
2. 第一回ミクシー杯打ち上げ会(成績結果発表)
3. チェンマイ交流親善会



ですから、けっこう密度は濃かったんですよ、、、!!!


その急遽4日前にご案内を申し上げましたばかりですが、、、
参加表明者から一名も脱落することなく、さらに2名増えて、
きっちりと21名もの有志の皆様に集まって頂きました、、、

イヤ〜、凄まじかったです、、、

元へ、、、素晴らしかったです!



参加者は、男性群10名、女性群11名、計21名、、、



続きを読む

2006年11月16日

チェンマイゴルフ第1回ミクシー杯開催!?





日頃、敬愛しております、、、
R様こと大御所様のお誕生日に併せ、

ミクシーを通じてネット交流のあります、、
チェンマイに所縁(ゆかり)のあるおっちゃんが8人集まり、、、

第1回ミクシー杯と銘打ち、
グリーンバレーゴルフ場にて、
11月15日、、、7:15、ティーオフ、、、

<1組>
* 大御所様
* Chi様
* T様
* Y様

<2組>
* Mプロ様
* A様
* 若旦那様
* タイフリーク




童心に返って、
和気藹々とゴルフを楽しみました。

スコアは、新ペリア方式?!で、
誰にも公平に優勝のチャンスがあります。



結果は、、、

続きを読む

2006年11月15日

チェンマイで気になるカオソーイ(15B)のお店!?



チェンマイ在住、十ウン年としましては、、、
非常に恥ずかしいことではありますが、、、

最近、いろいろな人に、
チェンマイの美味しいお店を、
ご紹介して頂きます。

中でも、ここ最近、
新たに評価を見出してきましたのは、
チェンマイ名物、カオソーイです。

* ナイトバザール近辺のアッサリ味の、
イスラム世界のカオソーイ(25B)、、、

* 値段もスゴイですが、なかなかに後を引きます、
「ティンティンマオ」の30B&100B&150Bカオソーイ、、、

* 「チェンマイ満腹食堂」永田玄氏オススメ、
「ラムドゥアン」の正統派コクのあるカオソーイ(25B)



その他にも、チェンマイ大学近辺にも、
多数、美味しいカオソーイのお店もありますが、、、

この度、R氏こと、大御所様に教わった、
ピン川沿いのカオソーイはまた格別美味でした。

場所は、、、




続きを読む

2006年11月14日

出店「花博」通りからアヌサ〜ンマーケットへ!



11月に入ってから、
大切なお客様やステキな人との出会いの連鎖に、
1日たりとも気の抜けない毎日が続きます。

振り返れば、11月1日花博がスタートし、
その入り口に向かう街道沿いの掘っ立て小屋に、
ブースを借りて、うちの商品を出店しておりました。

その間、急遽、チェンモードのパンフ作成にもあたり、
何とか、仕上げて配布もしております。

花博初日に至るまでの3日間は、非常にきつく、
花博会場がうちとすぐ近くであるので、
ほぼ夜通し、通ってはその出店準備にも大慌て、、、

スカモ、予算の関係から、
狭い2mX2mぐらいのブースを、
3組で借りて賃貸料の折半、、、(涙!)もうやだ〜(悲しい顔)

スカス、(長い目で見ればそれでもわかりませんが、、、)
この場所は全くお客さんの流れがなく、、、

土台、自家用車でも会場入りを禁止されているため、
入り口に至るそれ以前のブースなどでは、
誰も見向きどころか立ち寄る機会さえありません、、、

11月3日を過ぎて、急遽、
ナイトバザール近くの、、、
アヌサ〜ンマーケットに河岸を変えることになりました。

<まさしく、行き当たりバッタリです!>

続きを読む

2006年11月13日

チェンモードのHPアップ(TM殿に感謝) !



11月初旬、、、

コンピューター全般に非常に明るいTM殿との
何気ないスカイプでのやりとりの中で、

彼は、その技術ノウハウ才能を駆使されて、
わずか2時間ぐらいの間に、、、

何と4つもの弊社のHPの雛形を、
インターネットの画面上に立ち上げられた。

<まさに、鳥肌が立つような驚き!>

それは、機械オンチのワスには、
まるで、高尚な目くらまし手品を見せられているようだった。

こちらがスカイプを通じてリアルタイムに提供した資料は、
僅かに最小限度の会社のアクセス関係と、
仕上がったばかりの弊社のパンフレット、、、

<たった、これだけで???>


→ → → → とりあえずのHPの内容は、、、

続きを読む

2006年11月12日

「電気ブラン」とともに友が来る!




浅草浪漫の味―――デンキブランは、明治の頃から浅草の代名詞とされてきたお酒です。ブランデーやワイン、ジン、ベルモット、キュラソーなどのカクテルで、その処方は未だもって秘伝となっています。いわば「夢のカクテール」と申しましょうか。明治の頃は、まだ電気がめずらしく、目新しいものというと“電気OO”などと呼ばれ、デンキブランはハイカラなものとして、人々の大きな関心を集めたものです。あたたかみのある琥珀色、まろやかな甘さ・・・・今も昔と変わらぬその味わい。そのまま冷やすか、氷塊をいれてオンザロックでお召し上がりください。浅草浪漫の味をあなたの舌でお確かめください。
    いい酒、ほどよく、お酒は、20歳になってから


<「電気ブラン」、ボトルの裏書から、、、>



11月11日は、家人の誕生日、、、

普通なら、MKスキなどへケーキを持ち込んで、
(ここでは、ハッピーバースデーを華麗に演出してくれます!)
家族水入らずで、ひっそりと誕生日を祝うところですが、、、

今年は、イレギュラー的にとても楽しい催しとなりました。

夕刻、ネット上で非常に親しくお付き合いしております、、、
Aさんこと「会長」から、突然のサプライズコール、、、

何と何と、、、すでにチェンマイ入りされて、
ナイトバザールのアイリッシュパブで、
独り、ビールをクイクイ云わせているようです。

前回、すでにお目通りが叶い、まるで月光仮面のように、
<疾風(はやて)のように現れて、疾風のように去って>
行かれましたが、、、、

今回もいきなりのご登場、、、役者でございます!

途中、R様こと大御所様も合流されて、
そのまま、拙宅へ雪崩れ込みました。


続きを読む

2006年11月11日

11月11日は、大切な人の誕生日!




ワスにとって、
この世で頭のあがらない女性が2人います。

一人は、20年に亘ってほとんど音信不通と化している、
日本は、広島で一人暮らしをしているお袋さん

中学生の多感な時期に、親父さんを肝臓ガンで亡くし、
(酒の飲み過ぎ、ワスもそのDNAを受け継いでいる?!)

大好きなお袋さんのはずなのに、
妙なマザーコンプレックスに陥ってしまい、
彼女とは無意識的な溝や距離に苛まれていました。



こうしてワスは親不孝にも、
お袋さんから逃避するように、

地元の広島の高校を卒業すると、
さっさと上京して渋谷の新聞店に住み込み自活生活。

一度、曲がりなりにも東京の大学に籍を置きますが、
経済的に立ち行かず、2年で中退、、、

極端に真面目な職種から超いかがわしい職種まで、
数限りない仕事に就きますが、
最終的には、アメリカはシカゴに漂着します。

6年ほど、アメリカで漂流しますが、
グリーンカードを取得するにあたり、、、
ひょんなことからタイという国を知ることになる。



続きを読む

2006年11月10日

チェンマイ一(イチ)沁みるアイスクリーム屋さん!!




沁みると申しましても、
断るべきことでもありませんが、
歯にしみるわけでは決してございませんよ。

心に沁みて、感動して、涙して、
ホッとして、癒され、文字通り
美味し〜いアイスクリームで〜す!


ワスは、オチャケも好きですが、
それに輪をかけて甘いものが大好きです。

とりわけ、ケーキ、チョコレート、、、
ソステ、ウ〜ン、
アイスクリームには目がありません!


時間軸をちょこっと、11月4日に戻します。



続きを読む

2006年11月09日

スワンナプーム新国際空港について!?





僅かに5時間あまりですが、
ひょんなことから、
バンコク新国際空港を探索する機会がありましたので、

利用客の立場としての新空港内部について、
実態なり感想なりを簡略に明記します。


BKKkuukou 010.jpg


*<4F>


まず、仮にバンコク市内から各交通機関で、
ドカーンと空港に到着した際には、
4階出発ロビーのエントランスを見るはずです。

これが、入り口から空港内部を見据えた場合、
左から右に向かって全部で10の入り口があります。

端から端までが自分の歩測で698歩、、、
己の歩幅が疲労困憊でかなりいい加減ですが、
一歩約60cmとしますと、約400mちょっと?!

さらに、内部はそれに連動していて、
それぞれ10のカウンターが立ち並び、
左側3つが国内線用、その右側7つが国際線用です。

さらに観れば、

左側の1ライン目ABがタイ航空専用になっており、
後の2つCD&EFが他のエアラインでわかりやすく、
その奥まった先が、一つだけある国内線入り口です。

一方、国際線に関しては、7つのカウンターの両面、
合わせて14のラインがありますが、
ご注意されてほしいのがアルファベット順の表記、、、

国際線左側(左端から4つ目)から、それぞれ、
GH,JK,LM,NP,QR,ST,UW の配列です。

奥まった先には、随時空港使用料500Bのカウンターが、
だいたい妙齢の美女2人一組で窓口内に待機されています。

出国審査通路も中央と右側の2ヶ所あり、とても機能的です。
トイレ(男女)が、奥行きに計4ヶ所あり、問題ありません。
右側の隅には郵便局も設置されています。

この出発ロビーに関しては、非常にコンパクトにまとまっており、
以前のドンムアン空港に比べると、
格段に便利かつ合理的に改善された気がします。

続きを読む

2006年11月08日

バンコク激夜、5時間&30分の邂逅!?




11月7日、FD3237便
チェンマイ発バンコク行き、、、
22:15発
予定が、遅れ気味にずれ込み、

スワンナプーム空港を出るのは、
日付が変わって、0時を回っています、、、

ほとんど、頭は逝きっ放し!

若旦那や大御所様とのタチレク行きを、
直前になってドタキャンしたほどの、
突然のバンコク行き、、、

各格安航空券の手配がままならず、
このようなとんでもない時間に飛ぶことになり、
またとんでもない時間に戻ってくることになりました。

もう今回は時間との勝負なので、
迷わずタクシー乗り場に一直線、、、

事前に、頼りになる無料情報誌DACOの203号

<こんにちはスワンナプーム新国際空港>

を縦横無尽に読み込んでおき、

1Fでのサービスチャージ(50B)、
が掛かるタクシー乗り場はハナッカラ無視し、
一路4Fの随時到着する流しのタクシーをゲット、、、

高速代を入れても200Bちょっとで、
目指すフアランポーン駅前のCホテルに30分ほどで到着。

事前に入念に携帯電話でコンタクトを取り合っていた、
TMさんと真夜中の密会、7025号室、、、

<ノック、、、>


その刹那、軽やかな返事と共に、ドアが開きます。

<固い握手、、、>

格闘家を髣髴させるような精悍な体つき、
今風の洒落たダンディーな髪型&ファッション、、、

<年齢よりはるかに若い!!?!>

スカイプなどでは夜通し話したこともある、、、
あの憧れのTMさんと初ご対面、、、

<とにかくもう時間がありません、、、>


事前にスカイプのTV受像でご尊顔を拝見していたとはいえ、
実物のTMさんは、無駄のない身のこなしで、
頭が切れる人、、、というのを間近で非常に実感しました。

TMさんは、ハードにも、
午前5時半にはチェックアウトして、
日本に帰られます、、、

ご一緒できるのは、僅かに数時間、、、

ここに至る成り行きは、
今更、ツラツラと語れません、、、!

とにかく、<迷ったらGO!!!>で、
バンコクに飛んできました。



続きを読む

2006年11月07日

夫婦で11年連続ローイグラトン!



仏暦2549年(西暦2006年)、、、
11月6日、、、
ローイグラトン最終日、、、



R氏こと大御所様と、ナイトバザール内にて
新しく移ったチェンモードの出店で待ち合わせ、、、

今年の厄を水に流し、新しい年への祈りを込めて、
ご一緒にローイグラトンと相成りました。

大御所様は、チェンマイにおける、
ローイグラトンのパレードやイベントを、
精力的に歩き、眺め、激写、激写、激写!

一方、ワスはというと、会社の都合で、
花博会場の道路沿いにある掘っ立て小屋を引き払い、

新しくナイトバザール内の、
アヌサーンマーケットに出店のため、
その準備や手続き&移設でテンヤワンヤ!



アヌサーンマーケットは、
シーフードレストランが軒を揃えているので有名です。

花博期間中、広く小造りのブースが提供され、
その一角を借り受けることになりました。

loykuraton2 007.jpg

花博近くのブースより、格段に人通りが多いのですが、
時間が午後6時から11時と非常に中途半端です。

事前にコンタクトを取っておりました、、、
汗ビッショリの大御所様と、午後10時過ぎ、
チェンモードブース前にて家人と共に合流、、、


続きを読む

2006年11月06日

シェラトンホテルスィートルームよりローイグラトン!?



書きたいことが山ほどあり、
書かねばいけないことも尽きぬ泉のごとくあるのに、
いろいろなことが後から後から覆いかぶさってきます。

11月5日
今年ホンチャンのローイグラトン、その当日!

来チェンマイ中のR様こと大御所様が、
この日だけ、5スターのシェラトンホテルに1泊ご滞在。

何と、普通の部屋が満室のため、

スィートルームにランクアップとの由???

午前中に、大御所様よりお電話を頂き、
これは、万難を排してでも、駆けつけ参上せねば、、、

それから、3,4時間、雑事を済ませ、
午後2時半過ぎ、交通渋滞を苦慮し、
ピン川沿いにバイクにてフッ飛ばしました、、、



続きを読む

2006年11月05日

11月1日、花博初日<結>





花博初日<起・承・転>と、、、

本題とはあまり関係ない枝葉のところで、
引っ張ってきましたが、、、

いよいよ、花博の会場に入ると、
さすがに、その空気は一変しました、、、

昼下がりで、陽射しも強く、、、
くたびれた多くの地元客や観光客がゴッタ返す中、、、

<ワスは、けっこう、楽しめましたよ!>

とにかく、ゴルフでもそうですが、
歩く事が全く苦になりません、、、

<もう、ひたすら歩く、歩く、止まる、歩く、、、!>


まだまだ、満足のいく準備ではないのでしょうが、、、

園内には、至る所で、、、

<花、花、花の色とりどりの色の洪水でいっぱい!!!>

hanahakushonichi 024.jpg

とにかく、初日でもあるので、
ザ〜ッと駆け足で、園内を観て回ります。

<とにかく、広い、広い、メチャクチャ、広い、、、>

hanahakushonichi 029.jpg

各種屋内展示場が左手側にズラズラ〜ッと立ち並び、
大きな広場を進んでいくと、

右手側に、オーキッド(蘭)パビリオンが目を引きます。

残念なのが、要人様ご一行が通過する度に、
通行が規制され、すべてに<待った>がかかります。

hanahakushonichi 040.jpg

ワスは、どうしても観たいのがあった。ズバリ、、、

「日本庭園」


である。



続きを読む

2006年11月04日

11月1日、花博初日<転>




ワスは、慎重にパーキングの外側を運転します。
そこで、P5の外周で、
車が何台も路上駐車しているのを発見、、、

<みんなで、駐車すれば怖くない、、、>

一応、門番のちょっと抜けたようなアンちゃんに、
ここから歩いて入れるか確認する、、、


何か、大丈夫そうなので、園内の外周道路の端に駐車して、
入り口まで約500〜600mの歩道をテクテク歩く、、、

<オーケー、、、迷ったら、GO !!!>


入り口に着くと、俄然人が多くなる。

一際、大きな門で、道を挟むように、
キレイな格好をした若い男女が2mおきぐらいに、
ズラ〜ッと並んでいる。

hanahakushonichi 014.jpg

hanahakushonichi 015.jpg

一瞬、

<ワスを歓迎してくれているのか?!>


とんでもなく天然でボケるところでした。

ちょうど、外国からの主賓客や、政府高官などの、
余所余所しくも賑々しい歓迎の催しでした、、、

hanahakushonichi 016.jpg

hanahakushonichi 017.jpg


<勘違いも甚だしい!?>

続きを読む

2006年11月03日

11月1日花博初日<承>




キレイな清潔感漂うオフィスで、
これまた、ちょっと小奇麗なお姉さんが、
得々と説明してくれたことには、、、

hanahakushonichi 006.jpg
花博サービスセンターオフィス内

関係者や特別に許可を得た乗用車以外は、

基本的には、100%、自家用車での立ち寄りは厳禁!

そこで、また、大きな地図と指示書を兼ねた案内書を頂いた。


それによると、、、、


花博会場まで、チェンマイエリアからは、
約17ヶ所の場所から、随時、
乗り合い便が稼動しているとの由。

大まかなところでは、
セントラン、ロビンソン、ビッグC、カーフー、ロータスなどの、
スーパーや百貨店などから発着している。

案内書には、会場までの所要時間や、パーキングの料金、
さらには、会場までの運賃などが記載されている。

この案内書によると、、、



続きを読む

2006年11月02日

11月1日、花博初日<起>





10月31日は、まさに嵐のような夜でした。

花博オープンに合わせて、
会場よりかなり手前の道路脇の出店村にて、
軒先で開店の準備、、、

その2〜3日前は、ほとんど無法図で、
殺伐とした雰囲気のところが、
わずかに、一夜で全く様変わりしてしまっていました。

偶然にも、情けないのか、有難いのか、、、

自宅から会場までほとんど車で10分の距離にあるので、
夜中でも準備のため何度も何度も往復することになる。

続きを読む

2006年11月01日

「花博」開幕&チェンモード(パンフレット見本)完成!




スッタモンダがありました。

全く生まれて初めての経験で、
チェンモードのパンフレットを作るハメに、、、

これが、勝手がわからず、
苦労しました。

ただ、チェンモードのアルファベット、、、

<CHEN MODE >

で、会社のコンセプトを表現するのは、
我ながら、いいアイディアであるかな、、、
と、ちょっと頑張ったんですよ。

いろいろな人のご意見も伺いました。

最終的には、やはりネイティブの方の感性に、
大きなヒントを得ました。

とりわけ、チェンマイ在住のTさん
ソステ、アメリカ在住のいとしのAさん、、、

に、及第点を頂きまして、
大きな自信になり得ました。

推敲に推敲を重ね、ネイティブの方にも十分と通じる、
会社のモットーを語呂合わせで、
言葉遊びの延長線上で、見事に表現できました!

最終的に決定しましたのは、
以下の通りです。

続きを読む