2006年09月27日

「男たちのYAMATO」男泣き!!


午前2時、、、思案のしどころだった。
昨日は、一日中、体も軽く体調がすこぶるよかった。
これも僅かながらでも眠ったという事実が大きい。

数時間後には、大切な人との初ゴルフが待っている。

パンドラの箱を開けるように、
DVDに魅入ってしまった。

タイトルは、

「男たちのYAMATO」、、、

yamato.jpg
男たちのYAMATO

泣けた、、、
何か胸が締め付けられるような痛み、、、
沁みました、、、、

このブログに書くべきことは順番にいくつかあった。

* 第99回N杯記念ゴルフコンペ、、、
* 瞑想寺での清めの水浴び儀式、、、
* 「バーンタワーイ」(木彫り村)探索、、、
* 何人かのマイミクさんとの新しい出会い、、、
* 「ワンディー」マッサージ学校とのご縁、、、


このブログも日記形式であるので、
タイミングを逸するとその想いや感動は風化していく。

そういういろいろな気持ちもひっくるめて、
先日、若旦那にお借りした禁断のDVDを開けたのです。

若旦那、曰く、、、

「別に、ストーリーが素晴らしいとか、
俳優の演技が素晴らしくてとかではないのですが・・・・
ただ、見てるうちに、とんでもなく切なくなりました!
切なくて、切なくて、泣けて泣けて!!
なんで、こんなに切ない時代があったんだろう???
それを考えると悲しくて、悲しくて・・・」


日頃、冷静沈着でクールに物事に対処する知識の人が、
何と、これほど感情を顕にするのは非常に珍しい、、、

それだけでも一見の価値がある。

スカモ、あのSLYのオヤピンも機内で見て、
泣けたという、、、あのスケベ親爺までもが、、、

ワスの場合、沁みる感動のスイッチは、
いつもON状態になっていて、
ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまう、、、

前置きが長くなりましたが、、、

「男たちのYAMATO」、、、

ぐっときました、、、
続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。