2006年09月09日

久々に瞑想寺に参加して癒されて、、、



もうあれから、かれこれ2ヶ月が経つ、、、

初めてサンカンペーンにある、
とある瞑想寺に初めてご参拝させて頂いて、、、

タイ暦の仏事とその前日以外、、、
この瞑想寺ではいつでも門戸が開放されています。

ご縁のある方は、
自然とこの特別なお寺に導かれるのでしょう。

初めて訪れた時の感動の振幅が、
あまりにも大きかったものだから、、、、

できれば、最低週一回でも定期的に、
癒しの行に参加したいと思いつつ、、、、
すっかり足が遠のいておりました。

続けて3回ばかり顔を出させて頂いた後、
忙しさにかまけて、一ヶ月ばかり、
全くのご無沙汰です。

とにかく、チェンマイ市街より郊外にあって、
かなり遠いうえにわかりづらいことこのうえなし。

この日の朝、
家人がいつにもなく真剣な眼差しで、
その瞑想寺に行くことを訴えてきた。

家の問題で心配事をP先生にご相談したいと云う。

ワスが行かなくても一人ででも行くと言い張る。
(こういうふうに訴える時の、家人は鬼より恐い!)

ちょうど、仕事の方も一段落して、
久しぶりに、夜の時間が空いていた。

いろいろな事が頭を去来しながらも、、、
ワスも重い腰を挙げました、、、

夜の7時、、、子供たち二人も連れ、
家人の運転で瞑想寺に向かったのです。


続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。