2006年08月26日

<後半>「99STORIES」&「66STORIES」永田玄著



世の中は何とも不思議な事象で満ち満ちている。

何が正しくて何が間違いなのか、
時としてわからなくなってきたりもする。

換言すれば、物事にはすべからく二面性があり、
まるで鏡のこちら側と向こう側のように相反するみたいに、
それでいて表面上は何事もなく共存しているのかもしれない。

永田氏の「99&66STORIES」を一読した際、
まず、そういった物事の二面性の揺れを強く意識しました。

  ・
  ・
「生と死」
「正と悪」
「表と裏」
「光と影」
「昼と夜」
「男と女」
「人と動物」 
「幸と不幸」
「喜びと哀しみ」
  ・
  ・


何が絶対か?!というその認識は、
何を基準にしてプラスとマイナスにするかということに似て、
所詮、空しく儚い世の矛盾を確認する作業に他ならない。

人は皆、あくせくと働く中で、
その何か絶対的なものを後生大事に信じて、
それを守るために鞭打つかもしれないけれど、、、

ふと立ち止まってよくよく考えてみると、
その大事なものって一体何だろう、、、?!
金、名誉、地位、家族、体面、etc. etc.,,,,,

もし、そのどれかを否定したところで、
今の生活がそれほど変わるわけがない。

今、この瞬間に自分という「個」が消え失せても、
そりゃあ〜、しばらくは誰か悲しんでくれもするだろうが、、、

それもやがて、水面に落ちた小石の描く水紋に似て、
いつかは凪のごとく平静の穏やかな表情に終焉されるだろう。

決して一人一人の存在意義を否定しているわけではない。

逆に神(というものが存在するならば)や自然の前で、
一人一人の人間が、
何とちっぽけで無力であるかを問い質したい。

永田氏の<超短篇>のメッセージには、
人間の縮図がせつなくも温かく盛り込まれている。

世の中のミステリアスでペーソスでアイロニーな情景を、
実に奇妙なシニカルなタッチで捉えられている、、、

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。