2006年08月18日

<後半>MBT三つ巴ハイランド「終戦記念日」ゴルフ決戦?!



→続く!

Mさん、Bさん、T(タイフリーク)敬称略、、


アウト9ホールを終わった時点で、

BとTが10オーバーの46、、、
Mプロが11オーバーの47、、、


あろうことか、BとTが、
わずか1打とはいえ、Mプロを上回り後半戦へ、、、

Bがここまで、ショット、アプローチ、パットとも、
大きなミスなく、逆に豪快に,
伸び伸びとプレーを楽しんでいる。

Mプロの実力はこんなはずじゃない、、、
それは何度かご一緒にラウンドさせて頂いている、
ワス自身がよくわかっている。

ワスは、、、というと、、、

ちょっとズルではあるが、
ずっと5番ウッドの調子がよく、

ブルーティーで距離が長くなる分、
ちょうどクリークの出番が増え、
結果的に大ケガがなく、自然とスコアがまとまっていた。

お二人が推定飛距離、270〜300Yをブチかますのに対し、
ワスはよくて、220〜250Y、、、

ひどい時には、ティーショットだけで、
お二人に100Y近く離されるもんだから、
土台勝負にならない、、、

それを救ってくれていたのが、
この5番ウッド(クリーク)様様でした、、、

アイアンがほとんど使えない自分にとって、
5番ウッドは、フルスィングでジャストミートすると、
それだけで飛べば220Yぐらいは距離を稼ぐ、、、

ドライバーよりも真っ直ぐではるかに精度が高い、、、

結果、握りの長さを変えたり、ハーフスィングや、
わざとテンプラ気味に打ったりして、
140〜220Y、クリーク一本で代用していた。

これがことごとく、プラスに作用し、
結果、CHの難しいコースで、
ハーフ46の好スコアが出たのである。

さあ、ワスも気合が入りました、、、
あわよくば、後半45を切って、
100を飛び越え、一気に目指せ80台、、、

HLwithB 042.jpg
後半イン10番Hコースレイアウト

スカス、これもいつものお約束、

<そうは問屋が卸さない、、、、>
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。