2006年08月08日

(恩義)あるマイミクさんの誕生日会に出席して!(後半)



SLY氏の誕生日パーティーの前日、

すなわち、パーミーのコンサートの帰途、
その布石はあった。

SLY氏の携帯にやたら電話が鳴る。

いわゆるタイのアイドル女性歌手等々からの、
日付が変わってからの、
まさにハッピーバースデーコール、、、

スターといえども、
その辺りの歌手はあまり馴染みがない。

すごいなあ、、、とは思うが、
羨ましいという感情ではなかった、、、


ただ、以下の流れは、
自分の人生観を十二分に刺激してくれた。

夜中の1時過ぎだろうか、、、

彼は、今度はおもむろに、
誰かに対して、真夜中のド迷惑コール?!
に及んでいた。

親しげに言葉を交わす会話の中に、
<パラポン>という固有名詞が何度か出てくる、、、

<まさか、あのパラポンさんじゃあ〜ねえよな〜?!>

ワスの心に秘めるタイポップスの流れは、

アッサニー&ワサン、、、

スア

セク・ローソー


ソステ、ここ4、5年急速に惹かれ出した、

パラポン、、、

パラポンさんは、
タイ音楽界の中では、中堅どころの実力者、、、

下積みの苦労時代が長く、
他の歌手にいろいろ自分の歌を提供したりしていた。

その醸し出す雰囲気は常に明るく、
数多くの名曲を生み出している。

今では、間違いなく、どこのCDショップでも、
パラポンさんの歌を置いていないことはない、、、

とりわけ、タイ人の30代、40代には、
絶大な人気を誇っている。

かくいう、ワスのうちの隣近所の飲み会では、
例えば、、、パラポンさんの、

<ヂャイコー>「気心、、、」

<ヤン(グ)・イム・ダイ>「まだ、微笑んだりできる」

<フヤング・ヤイ>「気がかり、、、」


などは、男女の垣根を越えて、
お約束で大合唱になったりする。

パラポンさんの歌は実に不思議で、
最初聴いてもあまりピンと来ないのだが、、、

干しスルメイカのごとく、
噛めば噛むほど、味わえば味わうほど、、、
その歌の持つ温かみなどがジワーッと沁み込んでくる。

<ヂャイ・コー>などは、
当初、何とバタ臭い平凡な歌などと敬遠していたが、、、

酒を飲みながら、この歌を聴いていると、
何ともシンプルで不可思議な旋律の妙に、
大きく精神が高揚される。

今では、ワスの最もお気に入りのタイ歌の一つである。

パラポンさんは、云ってみれば、
ワスにとってのタイ歌手の一つのシンボル、、、

風貌は、ポッチャリして、
素朴な田舎のおっちゃん、、、という感じだが、

その朴訥とした眼差しは、
明るさと優しさと人間愛に満ち満ちている。

さらには、ワスの家人などの世代では、
アイドル的存在、、、
(と云ったら、ちょっと大げさだろうか?!)

前振りがやたらと長くなりましたが、、、

そうなんです、、、

SLY氏が真夜中のタクシーの中から、
相手の迷惑なども全く顧みず、
まるで、10年来の親友のように話していた相手が、、、

その当の

パラポンさん

だったのです、、、!

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。