2006年08月03日

チェンマイから「フーテンの寅さん」を偲んで!



「フーテンの寅さん」が好きだった。

いや、過去形ではない。
ワスの中で、ずっと寅さんは生きている。

寅さんのように考え、
寅さんのように行動し、
寅さんのように旅をしたい、、、

ずっとそんなことを考えていた。

寅さんとの出会いは、
田舎の場末の映画館、、、

死んだ親父によく映画館に連れていかれ、
地方であるので、東映も松竹も混ぜこちゃで、
上映されていた。

「男はつらいよ!」は、
大概は、東映のヤクザ映画との併映だった。

東映のやくざ映画は恐いながら好きだった。

寅さんの方は退屈極まりなく、
子供心に、こんなくだらない映画があるもんか、、、と
最初は毛嫌いし、ある種の拒否反応さえあった。

それが、いつ頃からだろう、、、

コロッとその態度が180度変わってしまった。

生まれ故郷の広島を後にして、
大志を抱いて、花の都、大東京に向かう。

Y新聞奨学生として、
渋谷の東2丁目にある新聞配達所に住み込んだ。

朝夕、新聞を配達し、
昼間は予備校に通う勤労青年、、、

とくれば聞こえはいいけれど、
最初の大きな夢も志(こころざし)も
わずか3ヶ月で破綻、、、

予備校に通わず、
朝夕の配達以外は、
飲んだくれて、完全に自暴自棄、、、

自転車で一軒一軒、新聞を配るのだが、
400部近い新聞は、
広告がどっさりあって、まるで分厚い本のよう、、、

朝、4時、、、真っ暗闇、、
土砂降りの中、雪の日、、、

いかに新聞を汚さないように苦心するか、、、

お客さんには、怒鳴り散らされ、、、

途中、やりきれなくなって、
何度も酒の力を借りて、現実逃避していた。

そんな時、改めて、寅さんの映画に出会った。

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。