2006年07月16日

パヤップ大学同窓生、親友が訪ねてくる!



夕刻、外回りの途中、携帯がブルブルと震える、、、

「オトーサン、、、」

懐かしい声だった。

オーストラリアに短期留学していた親友のだった。

、エーイ、面倒くさい、ミックは、

180cmをゆうに超えるイケメンなのに、
性格は、極めて真面目で温厚な、今時、珍しい好青年。

ワスは、縁があって、
チェンマイのパヤップ大学で学んでいた折、
同級生の中で一番の親友だった。

4年前、お互いその大学を無事4年間で卒業して、
彼は家業の建築関係の仕事を継ぎ、
昨年は念願のオーストラリア留学へと旅立っていた。

1年ぶりの再会だった。

夜7時、約束の時間ピッタリに、彼は拙宅にやってきた。

まずは、秘蔵のブルガリアビールで乾杯。

続いて、ビアシン(缶)、ビアチャーン(缶)ときて、
ビアシン(大瓶)でビアチャーン(大瓶)と、
順繰りにローテーションしていく。

<お主、オーストラリアへ行って、鍛えられてきたな?!>

ミック
男の渋みが増した親友ミック

以前は、酒の席では泣きが入り、
すぐに待ったが入ったが、、、、

どうして、どうして、
たった1年の間にけっこう飲める口に変身していた。

持参のノートブックで、何百枚という、
オーストラリアでの想い出の写真を見せてもらった。

それに紛れて、二人の学生時代の写真も紛れていた、、、

<我が青春のパヤップ大学か〜、、、>

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。