2006年07月03日

「タイの結婚式」で飲まれて飲んで!



7月2日(日)、
朝から、親しいタイの友人Dさんの結婚式に参加しました。

以前、チェンマイにおいて、
女性用高級ファッション帽子製造業に従事していた際、
仲良くお付き合いしていたミシン踏みの女性従業員である。

今は、自分と同じように、その元の製造工場を離れ、
新しく立ち上げられた小さなアパレル関係の会社で、
昔と同じようにミシンを踏んでいる。

告白すれば、
ワスはこの度、彼女が新しく勤めている会社において、
過日、ワーキングパーミットをお世話してもらった。

メチャメチャに恩義を感じている。

<彼女の会社のために、彼女の将来のためにも、
ワス自身が頑張って市場を開拓せねばならないだろう!>


タイの結婚式もいろいろな形態はあるだろうが、
一般の大衆的な結婚式は、実に質素でありながら、
とても心のこもったあたたかいもてなしに満ちている。

日本のようにやたらお金ばかりかかる派手な結婚式と違い、
形式にとらわれることなく、自由な雰囲気で、
思い思いに人が集まり、飲み、食い、騒ぐ。

いつ誰が来て、誰が帰って行ったのか、
さっぱりわからないほどだ、、、

堅苦しい挨拶も一切抜き、、、

だからこそ、ワスのような異邦人が紛れていても、
誰も気にも留めないし、全く違和感がない。

会場は、花嫁さんの家の軒先で、
それでも軽く100人以上は集まっている。

花嫁さん
花嫁のDさん

ご祝儀なんかも実に適当で、
自分の気持ちをエアメールの封筒に入れて包みます。
→これもほのぼのとタイ式で何となく笑えますよね!

親類の子供たちを従えて、
花嫁と花婿が、各テーブルに立ち寄りながら、
エアメール封筒をいただきに回ります。

ワスもないお金をはたいて、
精一杯の気持ちを包ませて頂きました。

巡回
花嫁、花婿さんが各テーブルを巡回する!

周りのお友達の再三のリクエストに応えながら、
照れくさそうに、お約束でプチューと見せつけたりもする。

よくよく眺めてみると、
前の会社の同僚たちが多数出席している、、、

<ウウウー、ワー、、、恥ずかしい、、、>

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。