2006年06月30日

「mixi 」の1000人目の足跡は?




「mixi」


という日本最大級のコミュニティーサイトをご存じでしょうか?

ワスは、この「mixi」に4月末日登録し、
今では、正直のところ、このブログ以上に嵌っています。

最初は、何やら胡散臭い秘密のコミュニティーという、
そんな負のイメージを拭い切れませんでしたが、
極めて健全で、スカモ、ネットスピードが断然速い。

例えば、今、このブログを打ち込んで、
それをアップロードするのに、、、
時には、軽く10分以上かかる。

せっかく、誰かがコメントを下さっても、
それがブログ上に反映されるのが、丸一日かかったりする。

そんなことでは、話の流れが完全に折れてしまって、
まるで熱々のコーヒーがすっかり冷めて味もそっけもない。

その点、「mixi」では、一瞬にして、意思の疎通が図れる。

ブログの形式で、自分専用のページがあり、
日々の日記の記事を更新しながら、
同じ「mixi」仲間が相互自由に書き込みができるのだ。

これが、ちょっと適切な表現ではないかもしれないが、
痛く知的好奇心をくすぐられるのであ〜る。

「mixi」の登録数はざっと300万人を越えるというから、
単純に日本の人口の40人に一人は会員という計算になる。

この「mixi」の中にまたありとあらゆるコミュニティーが、
まるで群雄割拠のごとく野放図に存在し、
そろぞれがそれぞれのカラーで自由に運営されている。

例えば、

1年365日すべての誕生日
出身県出身高校大学好みの芸能人はもとより、
様々な趣味の集まりが交錯し雑然と成り立っている。

ワスは、主にタイ関係を中心に、
好きな「寅さん」「浅田次郎」映画ミステリーの会など、
少なくとも40以上のコミュニティーに参加している。

知らない人には、八方美人で節操がないとお叱りを受けそうだが、
とにかく自由で手軽で素早くて、
入会するのも退会するのも、ワンクリックで事足りるのだ。

このコミュニティー以外に一番大きなポイントは、
やはり直接間接的な人と人との出会いの場である。

それぞれの自分のトップページに、
足跡チェック機能がついており、
誰が自分のページに入ってきたか記録に残る。

そして、そのHN(ハンドルネーム)をクリックすると、
瞬時にその人のページにアクセスもできます。

さらにこの足跡は「mixi」の運営サイトで自動カウントされ、
いつ、誰が、何番目に自分のページを覗いてくれたか、
たちどころに分かるシステムにもなっている。

ワスは、「mixi」を始めてようやく、2ヶ月、、、

まだまだ「mixi」の初心者マークの域を出ませんが、
初心(うぶ)な夢見る少年のように日々指折り数えて、
昨日、ようやく1000人目の訪問者をカウントできました、、、

アクセスして、足跡を残してくれた記録はこんな感じです、、、



続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。