2006年06月22日

牛が見える風景!、象が佇む光景!!



小さい頃、広島の片田舎で、
畦道に牛がたむろしているのをぼんやりと覚えている。

あれから、幾年月、、、

そんな心象風景もとうに忘れて、
日常の煩雑さに忙殺されていた。

スカス、タイは、チェンマイに来て、
時々、思い出したように、牛の群れを見かけたりする。

遠くの牛
遠くで牛が、、、

何となく、懐かしい気持ちに満たされて、
思わず時間を忘れて見惚れていたりするんですね。

引き出しに仕舞っておいたわずかばかりの心象風景に触れ、
遠い昔が懐かしく想い起こされます。

牛の群れ
牛の群れでじゃれあっている

牛の目って本当に可愛い。
何を考えているか、わからないけど、
逆にじっとこちらを観察しているようなつぶらな瞳。

近くの牛
牛さん、顔隠しちゃうんだもんなー

牛さんの動きの緩慢さが何かに似ていると思えば、
云わずと知れた象さんなんですよね。

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。