2006年06月17日

チェンマイ大学病院でNちゃんを見舞って、、、


家人の甥っ子で今年大学を卒業したNちゃんが入院した。

一週間前、Nちゃんは突然呼吸困難に襲われ、
ランプーンにある緊急病院に運ばれた。

Nちゃんの場合は、先天的にいろいろな身体的障害を有し、
不規則的に病院の入退院を繰り返していた。

その障害の重度に従い、生涯にわたって、
病院での診察及び入院費用等は無料であるという。

Nちゃんは、家人の上から2番目の兄の息子。
Nちゃんは次男だが、
その上の長男はバイクの交通事故で壮絶な死に至った。

今はNちゃんがそのお兄さんご夫妻のたった一人の子供である。

最初にNちゃんに会ったのは、6つ、7つぐらいの、
ほんの子供子供していた頃だった。
ちょっとか細い身体だが、ごく普通の少年に感じられた。


それから10何年の幾年月、、、、

親類の冠婚葬祭などの集まり事で、
家人の実家のランプーンに戻る際、
時々、Nちゃんの姿を見かけた。

不思議なことにいつまでたっても子供子供のままである。
成長が5つ、6つの頃から止まったままなのだ。

20人ばかりいる甥っ子姪っ子の中で、
交通事故死したNちゃんの兄を除くと、
Nちゃんが従兄弟中で一番の年長者になる。

それにもかかわらず、年下の従兄弟たちが、
背丈で体重でどんどんNちゃんを追い越していく。

Nちゃんの一番大きな身体的障害は、
まずこの肉体的成長が止まる病気だった。

それに付随して、
いろいろな身体的障害を併発し内包している。

まるで、小さな彼の体の中に、
非情な時限爆弾を抱えているようなものだ。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。