2006年06月01日

チェンマイから15年ぶりのアメリカへ、、、


大洪水による夜行列車引き返しなど紆余曲折ありましたが、
5月24日、10:40発のノックエアラインで、
チェンマイからバンコクへ出ました。

ここからアメリカ到着までの長い長い一日が始まります。

バンコクドンムアン空港到着後、
エアポートバス100Bで結局カオサンまで出る。
久々のカオサンで、1泊180Bの個室の宿をキープ。

近場で、インターネットカフェを探すが、
ものすごい数があり、逆に、選ぶのに困る。

急ぎのメールのやり取りに終始し、早々に日も暮れる。
翌日のUA882便が早朝6:40の出発であり、
気もそぞろで、ついついビールとか夜遊びとか怖くてできない。

眠ろうとして目が冴え、焦れば焦るほど眠れやしない。
カオサンロードで、焼きそばやオムレツライスのテイクアウト。

結局、深夜2時にチェックアウトし、
割高ではあるが、空港へはタクシーで向かう。
タクシー料金は、180Bでチップを入れて、ちょうど200B。

いよいよ、期待よりは不安でいっぱいの、
アメリカ行きの賽は投げられた。

午前4時から、
ユナイテッドエアラインのチェックインを始め、
ものものしい厳重な取調べを受ける。

とりあえず、
バンコク−成田、
成田−シカゴ、
シカゴ−メンフィス  
のチケットを得る。

結局、アメリカ入りは、因縁のシカゴということらしい。

大物荷物一つをカウンターで預け、シカゴで一度受け取り、
再度荷物のチェックインでメンフィス行きと相成る。
そううまく問屋が卸してくれるや否や。



続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。