2006年04月30日

自殺について<シカゴ発映画の精神医学レポートから>



<自殺について>、本当に重苦しいテーマである。

昨日の<ダムフアパーティー>で、酔っ払った意識の中で、
ふと、誰かがいないことに気がついた。

家族ぐるみで親しくしているNさん&Dさん夫妻である。

仲間内で一番若いということもあり、
こういったパーティーではいつも、
先頭きってはしゃいで、場を盛り上げていた。

やはり身内の不幸で、しばらく公の場を遠慮されているのだろう。

4月18日、<ソンクラーンの余波と「マイペンライ」>で、
Dさんの実弟のお嫁さんの自殺について記しています。
(4月18日の記事は→こちら!

タイ社会では、日本に比べて自殺はあまり一般的ではない。
実際、タイに住み始めて10数年になるが、
身近で自殺という言葉を強く意識したのは今回が初めてだった。

一方、日本では、どうだろう???

振り返ってみると、親類の中で何人かが自殺で亡くなっている。
また、もっと一般的には、著名人や有名タレントに限らず、
新聞の社会面での自殺の記事は、日常茶飯事である。

それでいて、自殺という言葉には、何かしら触れてはいけない、
タブーのようなものが敢然と存在している。

そういうことを徒然に考えていると、
<自殺>そのものについて真正面から見据えた、
著名な精神科医による無料音声レポートを入手した。

<自殺>という問題をここまで科学的に、論理的に、
しかもオープンに世間に問うた内容は、実に感銘的ですらある。

筆名樺沢紫苑氏は、シカゴ在住の精神科医であり、
映画に対する造詣が深く、氏がメルマガを通して、
発行されている映画論評は、毎号欠かさず拝読している。

「シカゴ発映画の精神医学」は、→こちら!

氏は、毎回、精神科医という立場から、
映画という映画に、実に鋭い解釈でメスを入れているが、
この度、<自殺>についてのレポートを無料で提供されている。

自殺について実に興味深い内容を含んでおりますので、
氏の掲載文をそのまま引用して、ここにご紹介致します。

ーーーー引用文 by樺沢紫苑ーーーーーーーーーーーーー

年間3万人以上の人が亡くなっています。

ご存知でしたか?
「自殺」が原因で、毎年3万人以上の人が死んでいるのです。交通事故による死亡者は、年間約7千人ですから、交通事故死者の4倍以上の尊い命が、「自殺」によって失われているのです。

交通事故に関しては、みなさんも普段から注意しているでしょうが、自殺に注意している人はほとんどいないでしょう。
しかし、交通事故以上に自殺に注意を払い、それを防がなければいけないのが「自殺」なのです。

でも、自殺ってどうやれば予防できるの?
ほとんどの人は知りませんね。

こちらの音声レポートを是非聞いてください。

●「毎年3万人が死んでいる!!
大切な人の自殺を防ぐためにあなたができること」

http://1muryoureport.com/?613

このレポートでは二人の精神科医が対談形式で、自殺の予防法、
周囲の人が気付いてあげるための自殺の兆候などを、やさしく解説しています。

誰とはいわず、全ての人に聞いていただきたいレポートです。
そして、あなたの大切な人が自殺で亡くなるという悲劇を
防いで欲しいと思います。

ーーーーーーーーーー引用文ここまでーーーーーーーーーー

続きを読む


<チェンマイ発>ダイエット[10日目]

目標体重:64.0kg
目標までの残り:-3.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:68.1kg
BMI:22.5
二回目測定
体重:67.5kg
BMI:22.3
食事
朝食
D10朝食
<タケノコ&鶏肉煮込み>
<タイ青物野菜スープ>
<カリフラワー&肉野菜炒め>
<ご飯一皿>
昼食
<ナシ>
夕食
D10夕食
<小イか&インゲンピリ辛炒め>
<タイ産小粒納豆>
<ナムプリック>
<キュウリ&レタス>
<フライドチキン1切れ>
<胚芽米20%入りご飯一皿>
おやつ
<ナシ>
<チェンマイ発ダイエット10日目考察>

今日で一ヶ月の三分の一で、ダイエットも10日目。

朝、比較的しっかりと上記のご飯を食べる。

終日、断続的に雨が降り、
ウオーキングを1時間あまりで切り上げる。

昼は、いつものように抜くが、体調はすこぶる悪し。

夜は、家人にリクエストして、
通常のタイ米に胚芽米を20%ばかり混ぜて、食す。

他には、意識的に、納豆や野菜の量を増やす。

体重は、昨日より若干減るが、始終、めまいの症状がある。

明らかに、下横腹の脂肪分は、目に見えて減る。

これまで穿きたくても穿けなかった、
32インチサイズのジーパンが何とか入るようになる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。