2006年04月17日

それぞれの疾風怒涛のソンクラーンが終わる



16日夜半、チェンマイは突然の土砂降り落雷に遭遇した。

それは、あたかもタイ正月の宴のフィナーレのようだった。

今年のソンクラーンは公私共に忙しかった。
前後関係がわからないほどに日々緊迫していた。

その合間を縫って、記事の前倒しをしていて正解だった。
(そうじゃなきゃ、まとめて2日も3日分もと書けやしない。)

三日酔い五日酔い(こんな言葉はないけれど)も何のその、
とりあえず、生きて17日を、また新しい年の始まりを、
迎えられるということに喜びを感じている。(そんな大げさな)

巷では、17日も振り替え休日で、
一部の公共機関や店等もお休みのようではある。

しかし、いずれにしても、17日はワスのラッキーナンバー、
気持ちも新たに生活をやり直したい。(17の件はこちら

自分の我が儘から変則的にランプーンを行き来し、
16日は、娘の急用のためチェンマイの我が家へ舞い戻った。

娘の授業料のために突発的にお金が要りようになり、
日本円をバーツに両替するべく、ナイトバザール近辺を徘徊した。
が、さすがにどこも開いてない。

ようやく一つ、某銀行の窓口を見つけて事なきを得た。
しかし、その両替率に唖然とびっくり。

ずっと以前、1万円あたり、4000B近くまであり、
それが3700Bを下り、3500B前後を推移していたが、
この日は、何と、3166Bで、3200Bをさえ割り込む。

ものすごい損失感を拭いきれないが、選択の余地なし。
なけなしの数万円をタイバーツに両替する。

自宅に戻る途中、ターペー門とチェンマイ門の角を過ぎたが、
最後のソンクラーンを名残り惜しむかのように、
それでも、水掛け肉弾戦は佳境を極めていた。

堀1
まさに宴たけなわ

堀2
この直後、水バケツを食らい、危うくカメラが、、、

「純情きらり」の物語の続きじゃないけれど、
我が家でも何かとうまくいかないままため息ばかりついて出る。

前日、娘の受験したY中高学校から家人の携帯に電話があり、
急遽、この日、学校側からの召集令状がかかっていたのだ。


続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。