2006年04月16日

「純情きらり」、父親とは?!



ソンクラーンの中日14日、金曜日の朝、
四十九(小)僧托鉢式が済んで、ランプーンに向かった。

しかし、どうにも気になって仕方がないことがあった。

4月の始まりからずっと欠かさず観ている、
NHK朝の連続ドラマ、「純情きらり」だ。

昭和初期のレトロな雰囲気もさることながら、
どこか明るくて、ハイカラさんで、勇気をもらえる。
観るたびに、ドラマの展開に吸い寄せられていく。

<このおかげで、といいますか、
歯がゆいながらも、NHKとの契約を今月も切れなかった。>


主人公「桜子」の幼年時代の1週目の放送が済み、
いよいよ宮崎あおいが本格的にヒロインを演じる2週目に突入。

きらり1
不思議な透明感のある中性的な宮崎あおいさん

三浦友和演じる父親との会話、立ち振る舞いの交流の中で、
何度も胸を打つ、心に沁みるいいシーンがあった。

<この娘にして、この親あり、何ともいい親娘像だなあ!>

ついつい自分の家庭、親と娘を重ね合わせて、
物語に引き込まれておりました。

そして、その金曜日の朝6時半、放送終了間際。

<突然の落石事故に遭遇し、意識不明の父親が、
家族の切なる願いが通じ、息を吹き返す。>


その時の、三浦友和の演技が素晴らしかった。

今は亡き妻の面影と娘をだぶらせながら、
苦界の淵から生還し、淡々と穏やかに娘桜子にいい説く様は、
父親という役割を超越して、神々しくさえ見えた。

<あれ、これって、もしかして亡くなっちゃうの???>

心に小波を震わせたような余韻の中、
ドラマの急転直下に、妙な胸騒ぎを覚えてなりません。

家人の実家では、例のごとく派手なドンチャン騒ぎで、
1年分の憂さを晴らそうかというソンクラーンの光景。

ラオカーウ(タイ産米焼酎)の火の出るような喉越しも、
パンツまでグッショリと濡れ鼠状態に晒されても、
まるで他人事のように、どこか上の空で、心ここにあらず。

そう、事ここに及んでも、たかがたった15分足らずの、
その「純情きらり」の続きが気になって仕方がないのです。

親類一同、皆、アチコチで酔いつぶれる中、
明け方、暗闇の中、そのわずか15分のために、
80kmの道程をバイクを吹っ飛ばして帰ってきました。

タイ時間で、15日の朝の6時15分。
何とか間に合いました。
呼吸を整え、襟を正して、NHKに見入りました。

そして、ドラマの行方は、、、
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。