2006年04月14日

アジアンテイストはパワフルでエキゾチック!



ソンクラーンで全く身動きが取れず、覚悟を決めて、
明日は、何年かぶりで家人の実家へ行くことにする。

家人の実家は、チェンマイから70〜80Km、
南に下ったランプーン県の山奥のド田舎で、この時期、
行けば、地獄の酒三昧で死をみるのは明らかなのだが、、。

家人の実家に行けば、<飛んで火に入る夏の虫>
間違いなく2、3日は何も出来ず沈没するであろうから、
今のうちに、記事の更新をしておいて、その分に充てます。

さてさて、つい先日、タイ人の友人のお誘いを受け、
超久方ぶりに、<ガートルアング>を散策した。

<ガートルアング>は、地元北タイの呼び名で、
<ガート>は「市場」、<ルアング>は「国の、王の、大きい
などの意味で、さしずめ、「大(王)市場」とでも云えようか。

つまり、チェンマイで一番人気の「ワロロット市場」のことだ。
ちなみに<ナイルアング>は口語で「国王陛下」の意味である。

このワロロット市場には、ありとあらゆるものが売られている。
その広さもさることながら、衣食雑貨、すべてに興味深い。
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。