2006年04月12日

「ラチャパット大学」合同卒業式始末記、、



4月11日は、北タイのラチャパット大学卒業式典が、
チェンマイ大学コンベンションセンターにて挙行された。


この日は朝から大変だった。

UBC(NHKを含む衛星放送)を支払いに旧市街に出ると、
お堀の周りで、すでに、お約束の水掛けが始まっている。

水掛け
堀の周りでは、皆、ずぶ濡れになっていた

マスターズが始まり、4日間に亘り、完全徹夜の影響で、
体がバラバラになってしまいそうなここ数日、
家人の問いかけにも上の空で答えていたが、
何とこの日、家人の可愛い甥っ子の大学卒業式だという。

甥っ子は、家人の7人兄弟姉妹の上から2番目の兄の息子で、
大学進学に関してもいろいろ家庭の経済的問題もあったが、
勤勉に努力に努力を重ね、ようやくこの日を迎えられた。

元々は、チェンマイ地元のテクニカルカレッジで、
(環境)工学部に1番で合格し、奨学金をもらい、
3年次にこのラチャパットの教育学部に編入できた。

この日集まったラチャパット大学の卒業生たちは、
北タイだけで少なくとも8つの学舎からの合同式典となった。

ラチャパットは国立の教育大学であるので、
それぞれの地域に密着して地方に分散している。

この日、目に付いた県をあげていくと、、、、

1.チェンマイ県
2.チェンラーイ県
3.ペチャブン県
4.ガムペーンペット県
5.ナコーンサワーン県
6.ピブンソンクラーム県
7.ウットラディット県
8.ランパーン県  
    などなど

これには、焦りました。
自分も経験しているのでよくわかるのですが、
タイの大学の卒業式は、狂気の一大イベントで、
待つ身になると、これほどの拷問を強いられることはない。

しかも、この真昼は40度を越えようかという炎天下の中、
チェンマイ大学の卒業式会場に向かいました。

この周りは、渋滞も渋滞で、
車を駐車するスペースなどありゃしない。

聞けば、地方から式典に出席される当事者のご家族たちは、
前日から敷地内周辺にに泊り込みで座り込んでいる。

我々は、午後3時ごろ、コンベンションセンターに到着したが、
そのあまりにも無法地帯と化した人の波に眩暈を覚えた。

人の山
周り中、人、人、人の山だかり

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。