2006年04月11日

さて、今年の「ソンクラーン」は、???



いよいよ、今年も

「ソンクラーン」

の時節がやってきました。

気の早いところだと、昨日の10日から連休の会社や店もある。
いわゆるタイの旧正月は、1月1日の本正月より重みが違う。
昨日から、待ち切れなくなった子供たちが、水掛けに興じる。

「ソンクラーン」には、いろいろ苦い思い出が去来する。

初めて、タイの「ソンクラーン」に触れたのは、
1992年、今からもう14年も前のことである。
それが、チェンマイとの初めての邂逅でもあった。

無知とは恐ろしいもので、
「ソンクラーン」とは何たるかも全然知らず、
バンコクからチェンマイに向かったのは、その前日のこと。

気まぐれに飛び乗った夜行列車
三等車120Bほどで、席の確保などできようはずもない。
冗談抜きで、自分の人生のうちであれほどの強行軍はなかった。

立錐の余地もないというより、トイレにさえ行けない。
今ではどうか知らないが、
列車の屋根にもビッチリ人の群れで溢れていた。

そんな状態で揺られ揺られて、16、7時間。
予定を大幅に遅れて、もう日差しの強いチェンマイに到着。

まだ昼前だというのに、
下からもオーブンで照り返してくるような惨い暑さ。

チェンマイ駅から、ターペー門に向かってテクテク歩きました。
何も知らずに、、、本当に無知とは恐いですね。
もう逃げも隠れもできません。

最初に、<バシャー>とやられたときはパニックになりました。
<何だよ、これー、、、???>
体勢を立て直す前に、横から後ろから前から、水掛けの嵐。

決して、自分だけではなかった。
周りの老若男女、タイ人、ファラン(西洋人)に関係なく、
それこそ、無礼講も無礼講、やられるがまま、なすがまま、、。

都合、何百発くらっただろうか、数えることすら無意味である。
カバンも衣服もパンツもグッチョリ湿り気を帯び、
ターペー門にたどり着くまで、一切乾くことがなかった。

最初は驚きとともに怒りもし、それが諦めに変わった。
何もかも受け入れられると思った瞬間から開き直れた。

全身が水浸しになりながら、それでいて心が安らぎ、
いろいろな柵(しがらみ)から解放されていく不思議な高揚感。

その後、チェンマイでは、古式マッサージや、
加えて、トレッキングツアーも体験することになる。
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。