2006年04月10日

徴兵くじ引き!と出家式!!



金曜日、土曜日と隣のうちで夜通し、酒盛りパーティー。

お呼ばれして、お酒をご馳走になり、伺ってみると、
日曜日(9日)、息子の出家式だという。

拙宅と隣接したこの家は、うちの3倍ぐらいの敷地を有し、
税関関係に勤める政府のお役人さんで、実に羽振りがいい。

息子は、二人で、その長男のポーイがこのたび出家するのだが、
実は、このポーイは、地元パヤップ大学の2年後輩でもある。

1年落第して、やっとこの2月に卒業したが、
この出家を終えて還俗すれば、フランスへ留学だという。
なかなか、ミーハーであるが、根は男気がある。

かくいうワスも、タイの慣習に則って、
1998年、ランプーンの日系企業を退職した後、
この一時出家なるものを体験させていただいた。

タイでは、成人男子が一人前になるための通過儀礼として、
古くから、奨励され、半ば慣習化されている。

これは、やはりその家族一族郎党を挙げてのお祝い事で、
一種のお祭り騒ぎのような感がある。

1.成人男子が、結婚前に出家すると、
その功徳は母親にもたらされ、最高の親孝行になるという。

2.また、結婚して出家すれば、その功徳は妻にいき、
それはそれで、奥さんに対する愛情の証にもなる。


通常は、一般男子は、無事学業を終え、
社会に出て働く前に出家する、1の場合が多いことになる。

タイ式に考えれば、ワスの場合は、2で、
家人にささやかながら、功徳をもたらすものと信じたい。

そうして迎えたこの日曜日はさらに忙しかった。

家人の実家で21才になった何人かの親類縁者にとって、
徴兵制のくじ引き日が、同じこの日曜日に重なったのだ。

ワスは、ほぼ連日の徹夜でマスターズの生中継に躍起になり、
家人は、朝から、実家のランプーンへ出発。

隣の家では、出家式の最後の準備に余念がなく、
ポーイも午前中に剃髪の儀式があった。

ワスも午後3時からの出家式本番には参加することになっている。

ここで、もう一方の徴兵制のくじ引きについて簡単に記す。
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。