2006年04月04日

米大リーグ開幕とタイ選挙の混迷



アメリカ時間の2日、米大リーグがいよいよ開幕した。

昨季のワールドシリーズ覇者シカゴ・ホワイトソックスが、
クリーブランド・インディアンスと対戦。

ホワイトソックス井口資仁内野手は2番セカンドで先発出場。
3打数1安打2打点と幸先のいいスタートを切った。

試合途中、降雨で試合が約3時間中断したが、
ホワイトソックスが10─4で快勝した。

日本選手の先頭を切って、井口選手の活躍後、
3日、各地で随時、本格的に米大リーグが開幕し、
熱い戦いが繰り広げられていくことになる。

イチロー、松井秀、松井稼、そして城島、、、頑張れ!!!

春の選抜高校野球もいよいよ、大詰め。
初出場の清峰(長崎)と横浜(神奈川)の決勝戦を待つのみ。

スポーツの世界は、大いに盛り上がってきているけれど、
ここタイでは、下院総選挙の結果がますます混沌としてきた。

はっきりいって、収拾がつかず、
一体どういう結末を迎えるのか、全く予断を許さない。

タクシン首相が降りるにしろ、続投するにしろ、
大きな痛みを伴う選挙結果になることには間違いなさそうだ。

その後の、選挙結果の動向を振り返ってみたい、、、。

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。