2006年04月03日

タイ下院選投開票とグリーンバレーゴルフ!



4月2日は、物議をかもしたタイ下院選投票日だ。

タクシン首相「得票が5割以下なら首相に就かない」と、
大胆にも宣言しており、
与党・タイ愛国党の得票率が最大の焦点だ。

実際、野党人気の強い南部に対して、
北部や東北部の農村地域では依然首相人気が根強く、
与党の優位は動かない。

ただ、大幅な定数割れや首都圏での支持低下が鮮明になれば、
与党が過半数を得ても、
首相一族の巨額株売却に始まったタイの政治危機は、
さらに拡大する恐れがある。

タイ中を巻き込んでの選挙戦の行方が気になるところだが、
いよいよ賽は投げられた。(タイ下院選は、定数500)
タクシン首相の審判が下される。

タイでは、選挙の慣習に従って、
前日の1日夜から、2日の投票締め切り時間まで、
通常は、アルコールの販売は自粛禁止されている。

2日、タイでは大変なことになってはいたが、
ワスは、親しい日本からの友人に誘われ、
グリーンバレーでのゴルフと相成った。
続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。