2016年09月26日

<マイブーム@広島 ベスト30の1位は?>



広島に来て、
何気に面白いこと興味深いこと楽しみなこと
(そのほとんどは、憩いの場所と食べること飲むこと・・・)

身近な手帳に記録していくと、、、

そりゃー、他の方からすれば、
全く取るに足らない些細なことばかりですが、
日々、順位は変動していく中で、

現地点でのマイブーム ベスト30
とりあえず、説明なしにザーっと、
まずは結論ありきで・・・(追々内容をご紹介していきます)

30位−21位
30 広島城
29 近場の吉野家
28 ふえるワカメ108円
27 近場のツタヤ
26 横川駅前お手洗い
25 9月14日オープン広島駅前ビックカメラ
24 美味しいパン屋・サントノーレ
23 10円アクエリアス自動販売機
22 広島駅前お好み焼き
21 向洋のすき屋

20位−11位
20 原爆ドーム
19 松屋広島紙屋町店
18 超近場魚酒岩幸
17 近場ラーメンよいち
16 ジョージア贅沢生クリームカフェオレ160円
15 クロネコヤマトのリサイクル
14 360円弁当(ご飯W)
13 広島市西区図書館
12 広電男前沈々電車
11 広島駅構内立ち食いうどん

10位−1位
10 自炊鍋ご飯
9 Fuji スーパーのパン
8 グリコ生チョコ入りGIANTアイスクリーム
7 横川駅前ダイソウ
6 煮出し水出し麦茶
5 横川駅辰屋
4 Asahi DRY ZERO ノンアルコールビール
3 広島みなと公園
2 流星号
1 Pokémon GO


ということで、栄えある!?1位は、

おそらく日本でも一部・・・
社会的ブーム(問題?!)になっているかと思われる

(ちょっと恥ずかしいことを
まるでカミングアウトするみたいですが)

ポケモン GO です。

広島に来てから、手持ち無沙汰にまかせて、
ひょんな心の隙間に入り込んで、
まるで身近なペットを慈しむように、、、

ポケモンへGOしています。

白状すれば、
仕事場までの流星号での長い道程

通常は片道1時間で行けるところを、
しっかり90分かけて行くのは、
途中で、いろいろな場所に立ち寄り立ち寄り、

ポケストップでアイテムを確保し、
レアなポケモンをゲットし、
片道13キロですから確りと卵を孵化させます。

また、近隣のスポットへ流星号で何気に出かけても、
一期一会の素敵なポケモンとの出会い!?があります。

最初、全くの知識なしに、
留守通知で佐川宅急便の受け取りに宇品へ出かけた時に、
ひょんなことで立ち寄った広島みなと公園・・・

とんでもないポケモンの嵐・・・
ここでレアなポケモンを数多くゲットし、
6ヶ所あるポケストップでアイテムを常時補充。

全くの素人ですから、攻略法もわからず、
ただガムシャラにポケモンをゲットして、
それでもレベルはようやく25

ポケモン図鑑148匹中、
ようやく117匹をゲットしたところ。

レベルは20を過ぎた辺りから、
極端に数値のハードルが高くなって、
ほとんど進歩はありませんが、、、

密かな楽しみとボケ防止

>>>今日から日勤1週間
朝5時過ぎには、流星号で出かけますが、
昨日来の雨が気にかかる。

(雨が降ると疲労は10倍、全くの無力と化しますから)

のんびりとカッパを羽織り、
行ってきまーす。

2016年09月25日

<拾う勇気、捨てる勇気>



広島市に来て、
所在地の広島西区の区役所で転入届けをする。

日本の住民票を抜いたのが、
最後に住んでいた東京都のどこだったか、

かなり転々としていたので定かでないが、
もう30年ほど前になる。

広島西区の区役所の事務員の方がまた懇切丁寧で、
こちらのちょっと特殊なケースでも、
誠心誠意、辛抱強く対応して頂いて、感動しました。

その後、日本の運転免許証も、
それこそ住んでもいない架空の住所のままでずっと継続更新し、
ずっと危ない綱渡りをしていたところ、

地元の大きな警察署で簡単に住所変更を裏書してもらい、
やっと日本人のアイデンティティーを得たような気がした。

また、西区の区役所から、
国外に居る時からニュースでも気になっていた
マイナンバーなる数字も、とりあえず頂いた。

何か、これまで意図的に目を伏せていた、
やらなければいけない事務的な手続きを、
可能な限り、すすめていく。

横川駅最寄の広島銀行横川支店で、新規に銀行口座を開き、
クレジットカードもどういうわけか、無事に発行してもらえそうで、
また、外国送金のためのインターネット登録というのもした。

何だか、こういうまどろっこしいことは、やりたくないことながら、
どうしても避けられないことで、必要な手続きである。

また、西区の図書館では、即座に登録し、
主に毎週日曜日、欠かさず、借り、返しの繰り返し。
規則的にマイブームの上位を維持している。

7冊ぐらいのまとめ借りで2週間の猶予があるけど、
ちょうど1週間ごとに返却できるように日曜日が都合がいい。

仕事場で、いつまで働けるかわからないながら、
いろいろな細かな条件は、もうおまかせだったけど、

唯一、できれば、厚生年金の支払いだけはご勘弁と、
やわらかく申し立てをしたところ、
何やら法律でどうしても支払う義務があるとの由。

<貴重な微小な給料から、月に何万円も差し引かれるのはたまらんなあ、、、
今後、全くの0から20年も30年も働けるはずがないのになあ、、、>

と心の声と葛藤しながら、
日本に居るのだから、
当然、日本人であることの義務は遂行しないといけません。

新しく何かを始めることは、
どこか草むらの中で、見えない庭の雑草を一つ一つ間引きながら拾っていくように、
エンドレスに続く辛抱強い作業の繰り返しなのかもしれない。

何が必要で、何が不必要なのか、行動しながらでしかわからず、
草を間引きながら、どういった緑が残っていくのか、
今の段階ではなかなかイメージができないで、試行錯誤に終始する。

ということで、マイブーム上位の今日の主役は、
巷で便利なリサイクルショップ。

時間さえあれば、流星号で横川近辺はパトロールしているのだけど、
非常に感銘したのが、近場に、
数多くのリサイクルショップが点在していることだ。

ダイソウで日常品のだいたいをカバーしながら、
そこで買えない必要な家庭用品は、
いいものを出来るだけ安く買いたいというのが本音。

横川駅から北に向かう大通りとワスのアパートに、
けっこう品揃えのいいショップが3軒

横川駅の裏手にも2軒ばかりあり、
ワスのアパートのひっそりした裏道の寂しげなところにも、
何と3軒見つけた。

何を買わなくても、そういうところを物色するのは、
大きな楽しみで、ついつい時間をかけて覗いてしまう。

そんな折、ワスにとって、とても大切な方から、
広島市内には、こういうリサイクルショップがあるよ、、、
と紹介してくれたのが、クロネコヤマトの店頭販売。

これがまた本当にビックリ、教えてもらった住所を調べてみると、
ワスのアパートのすぐ近くで、すぐ裏手の太田川を渡って、
河川敷を川に沿って北上していくこと自転車で7−8分。

白状すれば、そこで、買わずもがなも含めて、
ついつい衝動的に拾ってしまった。

その瞬間、いろいろと悩みながら、
最後、決断するのは、本当に必要かどうか、、、

先の雑草の話と同じで、実は役立たずなのかどうかわからないまま、
ついつい目先が見えなくなって、値段が安いからという理由だけで、
手にとって、拾ってしまう。

けっこう、いろいろな意味で、
拾うことは逆に大きな勇気が要る。

とまれ、同じリサイクルショップの中でも、
このクロネコヤマトのお店が非常に良心的で、

値段も安く、時に、エエエエエっとドンピシャ欲しいものが、
ただ同然の捨て値価格を見つけた時は、もう、まさに一期一会、、、

ワスに買われるためにここで出会ったのだと、
勝手に都合のいいように解釈して、拾ってしまう。

これもまた、別の意味で勇気が要る。

同様に、流星号でアチコチ出没しながら、
チラシや冊子など、無料のものをついつい、
文字通り、拾ってきてしまう。

タダほど高いものはない、、、とはよくいったもので、
後で、ゴミばかりがたまって、今度はそれが捨てられなくなる。

そこで、拾う勇気以上に、捨てる勇気も必要になってくる。

今、一番、心に求めていることは、
必要なものだけ最小限に留め、
後は、質素に、物を求めない。

と、頭ではわかっていても、
ついついリサイクルショップがあると、
条件反射的に覗いてしまうのは、ワスの哀しい性です。




2016年09月24日

<MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島>




長い長い、夜勤の週が終わった。

駅で辿るなら、横川駅から東へ、順次、
横川・新白島・広島・天神川・向洋・海田市・矢野
と間に6区間ある形である。

グーグルマップでチェックすると、
横川のアパートから職場の矢野まで約13キロ

流星号ででフルに飛ばせば、本当は50分を切る形だけど、
普通に流せば、それでも60分、一間隔10分の計算になる。

スカス、実際には、片道、いろいろと寄り道をして、
確りと90分の時間をかけるので、往復3時間を要する。

最短の道を調べて、今では、眠っていても、
流星号が勝手に運んでくれるが、
必ず、広島駅の新幹線口ではない広電電車がある大通り側を通る。

その先をもうちょこっと道なりに行くと、
マイブームの15番手ぐらいである、
今日の主役、広島MAZDAスタジアムを通る。

正確には、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島というらしい。

この球場を観るとホッとする。

仕事場までのちょうど半分ぐらいの地点になるので、
流星号の距離的、時間的目安になり、
ここで、いつも5分ぐらい佇んでいる。

すなわち、行きは、前方左手側に、帰りは前方右手側に、
この広島スタジアムが威風堂々と鎮座奉っているので、
どうしても、その御威光に肖りたくて、

ライトが煌々と輝いている時は、
何か途轍もないエネルギーをもらっている気分になる。

遠い昔、広島市民球場しか知らないワスにとって、
この新広島球場は、全くの無知の世界で、
その佇まいは、どこか神々しくさえある。

くどいのを承知で記せば、
行きと帰りの一日に2回、
このスタジアムの前を通る。

このスタジアムの前を通り、
広島の大躍進と共に、
大歓声を聞きながら、


例えば、

夜勤だと、職場への道すがら夕刻6時過ぎぐらいに通るので、
試合がある日は、まだ、続々と、
赤いユニフォームを着たカープファンの人ごみに触れる。

日勤だと仕事の帰りに、夜の9時前ぐらいなので、
球場から聴こえてくる大歓声と共に、
勝負は大詰めを迎えている。

広島へ着たのと同時に、この広島スタジアムは、
何だか、いつまでも続く遠い旅路の一里塚のように、
心にあったかい灯りを燈してくれる。

我が愛する巨人と暫くするとこの球場で、
ドラマを繰り広げるのだろうけど、

そんな時でも、遠巻きにこの一里塚を眺めながら、
熱い激闘を想像するのに留める。

一方で、朝の広島スタジアムは、
また、どこか別の優しげな表情を見せる。
それでもやっぱり癒される。

中に入るのではなく、ただ外から
眺めるだけの、たったそれだけの交錯ながら
確りと、その鋭気に触れる。

今日の広島スタジアムも、
ほのぼのとしていた。

畏れながら、毎日の毎夜の毎日のことでもあり、
マイブームの15番手からベスト10以内に、
大きく格上げさせて頂きます。

合掌

2016年09月23日

<広島市西区横川駅立ち喰いうどんの店辰屋>




昨日の雨と大違いで、
朝から眩しいぐらいのいい天気。

何の偶然か、全く、縁のなかった、
広島駅から山陽線、可部線、で2駅目の
横川駅という街の小さな小さなアパートに住んでいる。

横川駅のアパートといっても、
徒歩35分ぐらいで、自転車だと5分ぐらい。

スカス、この駅からアパートまでの距離が、
また、目を引く楽しい空間が続く。

自転車は、オンボロ中古の3000円ぐらいながら、
まさにスーパーカーのごとく、そのうえ全くガソリンも食わないし、

さらに全くの故障知らずで、
流石日本は、釘を拾ってパンクということもない。

密かに「流星号」と名づけている我が愛車に乗って、、、

アパートから横川駅まで5分ぐらいながら、広島駅までは15分、
広島城まで同じく15分、原爆ドームまで20分
広島みなと公園だとちょっと遠くて40分ぐらい。

そんな中で、横川駅は、いつも遠回りになりながらも、
仕事の行き帰りを含めて、日に何度も立ち寄ることになる。

(この横川駅が何ともいいんだなあ。。。)

ちょっと古風で、それでいてモダン?で、
垢抜けていないのに、どこかノスタルジックで、
ワスのようなどこの馬の骨ともわからない男さえも優しく包んでくれる。

どちらかというと、広島駅よりも、こちらのガード下など、
かなり健全で、それでいて妖しくて、断然いい。
何とも、エキゾチックに冒険心をそそられる。

小さな舗道や星の道など、何度歩いても飽きない。

横川駅のすぐ隣には、とても居心地のいい公衆便所があって、
何故か駐禁の駅前に自転車を止めて、用もないのに、
この公衆便所に立ち寄ってしまう。

その隣の隣に、ダイソウがあって、
広島に来た当初、まさにマイブームの第一号。

何はなくても、このダイソウに入り浸り、
必要な家庭用品のほとんどをここでゲットした。

その隣には、これまた大好きな本屋さんがあって、
嬉しいことに平日は朝の8時からオープンしている。

その向かいには、これまた、マイブームの10番手ぐらいですが、
密かに男前沈沈電車(大好きな友人の名前)と命名している、
市内だとどこでも乗換えを含めて、160円均一で行けてしまう。

この駅の周りには、数々の美味しそうな飲み屋、居酒屋、
食の殿堂!?が所狭しと取り巻いている。

ここは、自転車よりも歩いた方が断然気持ちがいい。

駅前の道路を挟んで、徒歩3分ぐらいのところに、
西区の図書館があり、好きな本が自由に借りられて、
即、登録して、今もマイブームの15番手ぐらい。

ソステ、これまた、クセになって自分でも控えようとするのだけど、
横川駅のすぐ小道を入った徒歩45秒ぐらいの所に、
今日の真打、立ち食いうどんの店、辰屋がある。

うどんに関しては、どうしても譲れない、広島駅構内の、
超マイフェイバリットな立ち食いうどんの店があるのだが、
横川駅というスポット上、いつしかご縁が出来てしまった。

有難いことに、朝の6時半からオープンしているので、
特に夜勤明けには、ついつい暖簾をくぐりたくなる。
片手一本、マイブームの5番手につけている。

広島カープが優勝して、3日間、
通常310円のかけそば、かけうどんが、
100円で振舞われ、しっかりと3日間通ってしまったワスダスタ。

何だか、こちらでは、人生の諸先輩方たちが、
実に美味しそうに、ある者は寡黙に、ある者は仏頂面で、
うどんやそばを啜っている。

うどんもそばもだけど、お客さんにも味がある。

ワスも美味しいものを美味しそうに食べるのは、
誰にも引けをとらないつもりなので、
これまた、美味しい、美味しいと、ついつい食が進んでしまう。

もう一杯、食べたいところをグッと抑えるのが難儀しますが、
この店に来る時は、麺類と必ず、大好きな白ご飯を一膳。

有難いことに、ここのご飯は大盛りで、
スカモ、必ず、フリカケがフリーで一つ、
チョイスでついてくる。

元より、ご飯に欠かせないのが塩で、
まず、ご飯に軽く塩を振りかけながら、口に含んで味わい、

その後に、メインのフリカケをかけて、
うどんor ソバのツユに馴染んでいく。

今の自分の生活の中では、
正直ちょっと一番の贅沢でありながら、
ついつい我を忘れて通ってしまう。

麺類はほぼ全品制覇したところ、
唯一手付かずだった、ちょっとお値段高めの鍋焼きうどん(690円)
を、今日は初めて注文。

(それと白ご飯)

ちょっと心も体も寒かったところ、
熱々で、本当にあったまった・・・

<美味かった。。。でゴワス>

確かにかけうどんの2杯以上の値段だけのことはある。

ただ、夜は残念ながら、午後7時ぐらいに閉まってしまうので、
夜勤の時に、朝方にしか来れない感じではあるけれど、

逆に、そのわずか5−10分そこらの一時が、
何よりも嬉しいマイブームの密かな楽しみの時間。

やはり、マイブームの5番手は外せない。

(ということは、マイブームのその上もあるのかしらん・・・!?)

横川駅前、ちっちゃな駅ですが、いろいろあります。


2016年09月22日

<雨の広島港>


一昨日、昨日と天気予報をチェックしていたのにも関わらず、
予報くずれで、朝方から生憎の雨模様。。。

性懲りもなく、連日で、
広島みなと公園に繰り出した。

仕事帰り、東から向かって広島駅で自転車を置き、
雨の中、広電に揺られながら、約30分。
徹夜明けで相当に眠いはずなのに、何故か心がウキウキと躍動する。

終点の広島港に着いて、少しだけ、雨の海を覗きに行く。
港は綺麗に開拓されているけれど、
雨中、僅かばかりの自然の潮の香りを確かめ、

お約束の広島みなみ公園をグルリと散歩して、
何故か、無性に心が落ち着いてくる。

せいぜいのところ、たかだか30分程の滞在で、
確りと心の洗濯をして、
また、同じく今度は広島駅が終点の広電に乗る。

この時、完全に、落ちた。

1分ぐらいの感覚しかないのに、
広島駅で運転手さんに起こされた。

一瞬、どこに居るのか、
朝なのか夜なのかわからないまま、
終電の広島駅で降りた。

止むことなく、
小糠雨が降っている。

広島駅から、
2つ西隣の横川駅まで自転車をこぐ。

今、戻ってきたばかりなのに、
また、どこか現実離れした雨の広島港を恋しく想う。

本当はどこまでも嫌いな雨なのに、
心の持ちようで、
雨は雨で、何ともいえない風情がある。

2016年09月21日

<広島みなと公園>




実は、広島で仕事に就いて、1ヶ月を数える。

当初は、日本人社会に馴染めるか否か、
相当に悩んだところもあったけれど、
何とか続けている。

バリバリの肉体労働(と云えるかどうか?!)
自動車関連の製造工場で、隔週で、昼夜勤務となり、
決して若くはない体に、これがけっこう、堪える。

確実に残業があることを前提に、基本の時間帯は、
朝、8時から夜8時・・・
夜、8時から朝8時・・・

それに自らに課して、往き帰り、自転車通勤で、
往復3時間ぐらいかかる。

自転車はむしろ、さわやかな気分に包まれるのだけど、
雨だけは、ご勘弁で、
雨が降ると、この時間帯が、最大に苦痛なものとなる。

昨日、一昨日の台風の暴風雨が通過して、
今日は、朝から久々に、いい天気。

日本に来てこの1ヶ月の間に、
自分なりに、お気に入りの、特別の、密やかな、
マイブーム、あれこれがある。

ざっと、数えてみると30数個あるので、
早いもので、1日ポッキリ、長くても1週間で、
次のマイブームへと移っていく。

最近のマイブームは、市内の南側にある、
広島みなみ公園で佇むこと。

最初、何気に、海が観たいなあ、
そういえば、広島港って、行ったことないなあ、、、と思いつつ、

自転車でチョっクラ行ってみようかと行動を起こしたら、
けっこう、道に迷ってしまって・・・

苦労しただけあって、広島港(宇品ターミナル)で飲んだ、
甘ーくて、冷たい缶コーヒーの美味かったこと。。。

この広島港からは、
江田島や呉、宮島の他、何と、松山まで出航している。
仕事がなかったら、そのまま、松山まで行ってしまいたい気分。

そうこうしているうちに、その広島港に隣接している
広島みなみ公園、、、というのが、何とも、心が落ち着いて、
疲れを癒してくれる空間だった。

朝の広島みなみ公園は、ただ、だだっ広い公園以外に何にもない。
年配の方が、ゲートボールを楽しんでおられたりする。

ソステ、今日、夜勤明け、朝、9時過ぎに、
家路に着く前に、ふと、思い立ったか、魔が差したか、
幾度目になるのか、この広島みなみ公園に、独り、来てしまった。

何とも涼しい吹き抜ける風が心地よくて、
30分ばかり、何をするでもなく、
心が晴れ晴れしてくるのを感じながら、居ついてしまう。

<嗚呼、帰らない・・・と、眠らないと・・・>

駄々っ子のように、後ろ髪を引かれながら、
帰りの道すがら、時間が止まったように、
遠かったのか、近かったのか、、、けっこうしんどいのだけど・・・

また、どうしたものか、戻ってきたら、また行きたくなる。
今のワスにとって、
何とも不思議な癒しの空間。。。

<何をおバカなことをしてるんでしょう。>

広島港(及びそれに隣接する広島みなと公園)へ、
広電のチンチン電車でも広島駅からも簡単に行ける。
片道30分ぐらいで、たったの160円。

明日は、沈沈電車で行ってみようかな、、、
なーんて、とりあえず、今晩にそなえて、
今は、おやすみなさーい。


2016年09月20日

広島東洋カープ25年ぶり優勝




ワスは、紛うことなき広島県人でありながら、
物心つく頃から、野球は一筋、巨人ファンで、
50年来!?、一度も浮気をしたことがない。

スカス、広島に来て、ビックリ・・・
巨人の失速と反比例するかのごとく、
広島の強いこと、強いこと。

マジック点灯後の8月25日から9月10日の
優勝までの14試合の戦績は何と12勝2敗

広島に来てから、これでもか、これでもかというほどに、
カープの応援歌がそこかしこから聞こえてくる。

ソステ、9月10日に、何と、25年ぶりに、
ペナントレースを制した。

何とも不思議な感傷に包まれる。

広島がこの前、優勝したのが、1991年であり、
この年は何となくうろ覚えであるが、

ワスが、タイとご縁ができたのが1989年、、、
当時住んでいたアメリカ、シカゴから、
1990年、年間7度、真反対のタイに来て、

1年の猶予を経て、
タイに本格的に住み始めた年が、
奇しくもこの1991年・・・という年・・・

あれから四半世紀、、、

気持ちだけは、ずっと20代、30代のままなれど、
年月だけは、しっかりと刻まれつつ、

奇跡といったらカープファンに総スカンでおこられちゃいますが、
広島の25年ぶりの優勝は、何とも不思議な巡り会わせで、
心にグッと沁みるものがある。

年老いた母も、反対にいつまでも年をとらない
別嬪なままの妹も、大のカープファンで、

「広島に戻ってきたんじゃけん、
巨人の次に、広島を応援しんさいや・・・‘」

懐かしい広島弁で、
妹から洗脳されつつある今日この頃、、、

巨人もとりあえず、3位以上を確保して、
クライマックスシリーズで、
再度、広島と雌雄を決するだろう。

まさしく、ワスも25年ぶり以上経って、
広島に戻ってきたんだという実感を味わっている。

2016年09月19日

単身、広島に帰す


嗚呼、広島、、、

永年住み慣れたタイの地から、
生まれ故郷である広島に戻ってきました。

まだ、当面の予定は未定なれど、暫く、この地で、単身、暮らします。
時が満ちれば、また、必ず、タイに戻ります。

20数年ぶりに観た雨中の原爆ドーム。
何とも感慨深いものがあります。

タイフリークを暫し封印しながら、
広島とタイを行き来します。



2015年03月01日

456789





2015年の年が明けて、
すでに2ヶ月が過ぎようとしている。

身辺慌しく、ただただ時の流れに埋没しそうになりながら、
昨日、今日、明日に向かって、今と対峙している。


我が哀車かろーら君は、老体に鞭打って、
俄然、調子がいい。

ふと眼前の計器に目を留めると、
45万キロを超えて、50万キロに迫ろうとしている。


その途上、、、2月最後の日に、
偶然にも、綺麗に数字の連続並び、、、

456789



カードで云えば、
ロイヤルストレートフラッシュのような感慨がある


とりあえず、朋輩かろーら君に敬意を表して、
記録に残しておく


456789.JPG


次は、50万キロに届くかな・・・

2015年01月13日

タイマルチ入国ビザ検討!?





タイに長期滞在するにあたって、
ビザという問題がずっとついてまわる。

これまでタイ政府の意向で、
いろいろな改善や施行が試みられたが、
常に流動的で確定しないことが多かった。

そこで、つい数日前、
タイ入国ビザについてのとんでもない情報を得た。

チェンマイ・田舎・新明天庵だより
→ http://chaocnx.seesaa.net/article/412122721.html

*****************************
<内務省、観光客へのマルチ入国ビザを検討>

 内務省は、海外からの観光客をさらに呼び込むことを目的に、期間内に限って何度でも入国できるマルチ入国ビザの発行を検討している。ビザ料金は6カ月有効のものが2000バーツ、1年が3000バーツとなっている。来月には閣僚会議で承認され、早々に実施を予定している。
 この背景には、観光スポーツ省が2015年度の観光による収入目標を2兆2000億バーツとしており、それを達成するために、海外からの観光客により便宜を図ることが狙いとなっている。また、タイ国政府観光庁では、経済が落ち込んでいるロシアからの観光客の減少をカバーするため、今年はバルト三国に対し積極的にタイ観光をプロモーションする計画をしている。
{バンコク週報ウエブサイト・09/01/2015配信を転載}
******************************


読めば読むほど、解釈に苦しむところがあるが、
もしかしたら、これまで、1年ごとのビザ更新については、
煩雑な手続きを経て、時間を要してきたところ、

1年が、3000Bで滞在でき、
さらには、マルチの入国ビザまで含まれているのであれば、
こんなに嬉しいことはない。

この新法規が検討されているということであるが、
本当に実施になれば、
タイへの画期的な観光プロモーションになること間違いない。